競馬サラリーマン タコイチ

厳選を重ねた自信の1頭で1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》1頭目!

 

f:id:TAKOICHI:20200901080228j:image

 

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目! をお届けします ✋

 

まず、土曜日の出走予定馬からは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

新潟11R   長岡ステークス

9月 5日   土曜日

3歳上3勝クラス   定量   芝1600m   登録19頭f:id:TAKOICHI:20200901081349j:image

引用元 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《狙い馬》 アガラス

通算 1-4-0-6   三浦皇成   騎乗予定   美浦 : 古賀厩舎

 

netkeiba 競走成績

 

11戦1勝の ブラックタイド 産駒の4歳牡馬です。

 

後方から追い込んで2着の 東京スポーツ杯2歳S (GⅢ) のイメージが強い本馬ですが、キャリア11戦を総合的に評価すると、父の代表産駒 キタサンブラック 同様ある程度のポジションから長くイイ脚を使うパワータイプの先行馬というのが本馬の本質で、Aコース開催7週目に突入しかなり痛みの目立つ現在の新潟芝コースは条件的にピッタリの感じですね。

一瞬のキレ味は欠くモノの、2走前の 幕張S (3勝) では最内枠からスイスイ逃げる トーラスジェミニ に強気に競り掛けて追い詰めた様に、一定の速いスピードを持続させる事に関してはこのクラスでも上位のモノがあり、今回 クリアザトラック が引っ張るであろう淡々とした流れなら、持ち味の長くイイ脚を発揮するにはちょうど良い流れとなるでしょう。

脚質的に新潟外回りの長い直線は不向きの感ですが、一旦は馬群に飲み込まれるも差し返して2着の新潟 長岡S (3勝) の内容なら、ゴールまでチョット長く感じられるかもしれませんが、致命的な不利にはならないと考えます。

 

また、今回3ヶ月半の久々となりますが、大型馬の割には使い詰めるよりもフレッシュな状態の方が良いタイプで、デビュー戦1着に3ヶ月以上の休養明け [0-3-0-0] の実績なら、30日にビシッと追われて美浦南W5F63秒8のココが狙い目でしょう。

前進気勢の強い三浦騎手への乗り替わりならスタイル的にもピッタリで、クリアザトラック が引っ張る淡々とした流れの中、チョット離れた2・3番手先行から直線半ばあたりでソレを交わして先頭、タフな馬場に脚を取られる後続を尻目に自慢の息の長い末脚でゴールまで際どく粘ると予想します。

 

 

 

そして、このレースからもう1頭、

 

f:id:TAKOICHI:20200901082009j:image

引用元 : JBISサーチ(JBIS-Search):国内最大級の競馬情報データベース 

 

《狙い馬》 サトノウィザード

通算 3-2-1-3   福永祐一   騎乗予定   栗東 : 松田厩舎

 

netkeiba 競走成績

 

9戦3勝の ロードカナロア 産駒の4歳牡馬です。

 

後方から末脚一閃の前走 月岡温泉特別 (2勝) の3F32秒4のキレ味なら、昇級のココでも即勝ち負けでしょう。

舞台はその前走と同じも、再びそのキレ味を求めるとなるとチョット難しい馬場となっていますが、スピードとパワーを兼備する ロードカナロア 産駒で、パトリック と後続を6馬身離してのマッチレースとなった4走前の 1勝クラス 、最後方から出走メンバー最速の末脚で3着まで追い込んだ2走前の シンガポールTC賞 (2勝) がともに稍重の力の要る馬場だった事を考えると、現在の新潟の様な馬場も多少末脚の鈍化はあるモノのソコまで苦手では無さそうな感じですね。

 

ローズS (GⅡ) 勝ちに 秋華賞 (GⅠ) 2着の ブロードストリート ロードカナロア の良血で、タイプ的にはSペースからのキレ味勝負がベストで、今回予想される淡々とした流れは若干不向きな感じも、659m の長い直線で前がバテる消耗戦なら展開的には圧倒的に有利で、自慢の力強い末脚でまた違った一面の本馬が見られるかもしれませんね。

中間26日の馬なりで1番時計の栗東CWの動きならソレも十分に可能なハズで、通算 [2-1-0-0] と本馬を完全に手の内に入れている福永騎手とのコンビなら、馬券圏内はまず間違いないでしょう。

 

予想自信度:★★★★☆

馬券的妙味:★★☆☆☆

 

 

 

 

 

《今週の狙い馬》1頭目!まとめ

土曜日の出走予定馬からは、以上の3頭を《今週の狙い馬》1頭目! として Pick Up してみました。

 

2頭ともに新潟11Rの 長岡S に出走予定という事で、土曜日の【今週の勝負レース】はほぼほぼこのレースで決定の感じですね (笑)

初騎乗の三浦騎手へ乗り替わりというところが若干引っ掛かかる アガラス ですが、当騎手は過去3年の新潟1600m という条件では、外国人騎手を含む全騎手の中で第4位の5勝の勝利数を誇るこのコース得意の騎手という事であれば、この乗り替わりも何ら問題は無いでしょう。

強気の先行策からの粘り込みに期待しましょう。

 

ソレを上回る7勝を挙げ2位にランクインしている福永騎手が継続騎乗の サトノウィザード は盤石の態勢でしょうか。

クラシックを期待された血統と前走の強さを考えれば、タフな馬場になりつつある新潟の馬場でも力の違いを見せる可能性は高く、中間の抜群の動きに本格化を思わせる近走の充実ぶりなら、アッサリ突破があっても不思議ではないでしょう。

他馬を凌駕する豪快な末脚に期待したいと思います。

 

 

 

前回の《今週の狙い馬》! は  コチラ 👇

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目! でした ✋

 

では次回は、タコイチの【今週の勝負レース】土曜日版! をお届けしたいと思います。

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。