競馬サラリーマン タコイチ

厳選を重ねた自信の1頭で1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》1頭目!

 

f:id:TAKOICHI:20200603235832j:image

 

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目! をお届けします ✋

 

まず1頭目は・・・

 

 

 

 

 

 

《今週の狙い馬》1頭目!

  東京 9R   国分寺特別

6月 6日   土曜日

3歳上1勝クラス   定量   芝1800m   出走13頭f:id:TAKOICHI:20200604000752j:image

引用元 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《狙い馬》 ビバヴィットーリオ

通算 1-0-0-3   D.レーン   騎乗予定   美浦 : 戸田厩舎

 

netkeiba 競走成績

4戦1勝の ヴィクトワールピサ 産駒の3歳牡馬です。

 

O.マーフィー騎手が『 勝つだけの力は間違いなくある 』と断言した3走前、L.ヒューイットソン 騎手が『 能力の50%も出していない 』とコメントした2走前と、数多くの素質馬に騎乗した外国人ジョッキーが口を揃えて本馬の能力を高く買っていた様に、まともにさえ走れば1分33秒3の好タイムで4馬身差楽勝の前走も、能力通りの結果という事なんでしょう。

依然、他馬を必要以上に気にするなど気性的に幼い部分を残しますが、前走楽勝をエスコートのD.レーン騎手の継続騎乗なら、古馬混合のココでも素質の違いで勝ち負け濃厚と考えます。

ココ が ポイント ☝️

 

主導権を握っての1000m 通過タイムが、翌日の NHKマイルC (GⅠ) より僅か0.2秒劣るだけの高いレベルの前走で、後続に4馬身差を付けて余裕タップリの楽勝なら、昇級で古馬混合のココでも即勝ち負けでしょう。

ゴール前50m ほどは流しての入線という事を加味すれば、ビシッと追われていればもっと時計を詰めていた可能性が高く、マイルの持ちタイムの次位が ウエスタンランポ の1分34秒0のココではスピード能力の絶対値が違いますね。

今回前走から200m の距離延長となりますが、ネオユニヴァース 産駒の半兄 ミヤジタイガ が平地では1800m あたりを主戦場にしていた母系に、この距離を最も得意としている父 ヴィクトワールピサ であれば、むしろ1800~2000m あたりが適距離の可能性が高く、前走以上のパフォーマンスを見せ付けても不思議では無いでしょう。

 

気性的に幼い部分が多く、現時点ではハナのスタイルが濃厚と思われますが、主張するであろう馬も本馬と ミチビキ の2頭のみの確実にハナを奪えそうなメンバー構成、Cコース2週目のまだまだ前の止まらない馬場に、キレる脚は欠くも持続力勝負に滅法強い ヴィクトワールピサ 産駒という事を考えれば、前走の様に淡々とした流れのマイペースに持ち込めるなら、再びの楽勝の可能性も低くは無いでしょう。

 

前走本馬の特徴を熟知し、Mペースの持続力勝負に持ち込んで楽勝のD.レーン騎手の継続騎乗なら、その確率もグッと上がるんじゃないでしょうか。

《今週の狙い馬》1頭目!まとめ

 

毎日杯 (GⅢ) 3着で1番人気が確実だった ダノンアレー の回避はチョット予想外でしたが、プリンシパルS (OP) 3着の ディアセオリー が出走予定なら、人気もソコまで被る事は無さそうですね。

スタート地点から160m で2コーナーに差し掛かるコース形態と逃げという脚質を踏まえれば、内~真ん中ぐらいの好枠なら十分勝負になる1頭ではないでしょうか。

 

未勝利戦 を勝ったばかりの1勝馬に過度の期待は禁物ですが、前走の余裕綽々の勝ちっぷりとそのタイムから考えても、コノ馬はチョット違いそうですね。

本馬軸の予想で進めて行きたいと思います!

 

 

 

前回の《今週の狙い馬》! は  コチラ 👇

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目! でした ✋

 

では次回は、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目! をお届けしたいと思います。

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。