競馬サラリーマン タコイチ

厳選を重ねた自信の1頭で1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》3頭目!

 

f:id:TAKOICHI:20200507110609j:image

 

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》3頭目! をお届けします ✋

 

ラスト3頭目は・・・

 

 

 

 

 

 

《今週の狙い馬》3頭目!

  東京11R   NHKマイルC   GⅠ

5月10日   日曜日

3歳オープン   定量   芝1600m   出走18頭f:id:TAKOICHI:20200508185215j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《狙い馬》 サクセッション

通算 3-0-1-1   横山典弘   騎乗予定   美浦 : 国枝厩舎

 

netkeiba 競走成績

5戦3勝の キングカメハメハ 産駒の3歳牡馬です。

 

本来なら桜花賞 (GⅠ) に続いて レシステンシア 軸の馬券でガッツリ勝負したいところでしたが、上がり3F38秒2を要した超消耗戦のあとの1戦という事で、その疲労度が心配ですね。

中3週にも関わらず短期放牧に出され、帰厩してから1度もビシッと追われていない前2走とは真逆とも言える緩い調整、厩舎サイドからは自信のコメントもかなり疑わしいですね。

さらに、関西間の輸送でも大きく馬体を減らす繊細なタイプで、初の長距離輸送で未対戦の牡馬相手のG1となると、さすがの レシステンシア でもチョット厳しい感じでしょうか。

対抗・単穴あたりの評価が妥当かもしれませんね。

 

となると、本馬 サクセッション の出番ではないでしょうか。

現在4強とされる人気上位から離された6番人気とチョイ穴馬的なポジションですが、得意の速い流れからの持続力勝負ならその4強と互角以上に戦えると予想します。

ココ が ポイント ☝️

 

キャリア6戦で [3-0-1-1] と、3戦全勝馬が2頭もいるG1のココではあまり目立たない成績ですが、予想されるMペース以上の速い流れでは、2走前の ジュニアC (OP) で翌週の フェアリーS (GⅢ) の スマイルカナ の勝ち時計を0.6秒凌ぐ1分33秒4の時計で2着の ハーモニーマゼラン に2 1/2馬身差楽勝と、速い流れからの持続力勝負では圧倒的な強さを見せていますね。

中山と阪神のコース形態と当時の馬場差を考えれば、このタイムは レシステンシア の 阪神JF (GⅠ) に近い破格のタイムであった事は間違いなく、ソレを4コーナー大外から強気の早め先頭で楽々と押し切った内容なら、このメンバーでも互角以上の戦いが期待出来るでしょう。

0.4秒差の3着に破った サクラトゥジュール が先週土曜日の東京 1勝クラス で、1分32秒2という驚愕のタイムで2着した事も本馬にとって追い風となりそうですね。

レシステンシア が速い流れで主導権を握るであろうココ、サクセッション 向きの速い流れになる事はほぼ確実で、先週から外差し傾向に移行しつつあるトラックバイアスを加味すれば、その レシステンシア 逆転の可能性も低くは無いと考えます。

 

また、前走 スプリングS (GⅡ) からの距離短縮という臨戦過程も当レースの好走条件に合致し、不向きな緩い流れで折り合いを欠きながらも3着と好走した事が、本馬の能力の高さを示してしますね。

2ヶ月半のソコを叩かれての今回、得意の距離・得意の流れであれば、人気以上の好走はまず間違いないだろうと考えます。

《今週の狙い馬》まとめ

 

イイ感じの人気ですね (笑)

やや伏兵的なポジションになりつつありますが、こと速い流れへの対応力という条件では、このメンバーでも1・2を争うハズで、その目下のライバル レシステンシア が万全では無いであろう状態なら、初重賞制覇がG1という可能性もあるかもしれませんね。

大舞台に強い横山騎手への乗り替わりもプラスで、気楽に乗れるであろうこの人気なら、アッと言わせる1発の可能性も十分でしょう。

 

 

 

《今週の狙い馬》1頭目! は  コチラ 👇

《今週の狙い馬》2頭目! は  コチラ 👇

前回の《今週の狙い馬》! は  コチラ 👇

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》3頭目! でした ✋

 

では次回は、タコイチの【今週の勝負レース】土曜日版! をお届けしたいと思います。

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。