競馬サラリーマン タコイチ

厳選を重ねた自信の1頭で1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》2頭目!

 

f:id:TAKOICHI:20200401232856j:image

 

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目! をお届けします。

 

では2頭目は・・・

 

 

 

 

 

 

《今週の狙い馬》2頭目!

  中山 9R   山吹賞

4月 5日   日曜日

3歳1勝クラス   馬齢   芝2200m   登録12頭f:id:TAKOICHI:20200401233747j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《狙い馬》 エヴァーガーデン

通算 1-4-0-1   丹内祐次  騎乗予定   美浦 : 高橋厩舎

 

 

6戦1勝の アイルハヴアナザー 産駒の3歳牝馬です。

 

牝馬では唯一の参戦となりますが、コスモス賞 (OP) 2着を筆頭に ココロノトウダイグランデマーレクロスセル の牡馬強豪相手に3連続2着の近3走を考えれば、そもそもの能力は牡馬相手のココでも1枚上の存在でしょう。

先行抜け出しの正攻法で押し切るスタイルを踏まえれば、今週からのBコース替わりも間違いなくプラスですね。

距離の短かったマイルの アスター賞 (1勝) こそ7着と敗れましたが、[1-4-0-0] の崩れ知らずの1800m 以上の距離なら、勝ち負けは必至と予想します。

コース・距離は・・・

 

1頭目の狙い馬の フライライクバード 同様に、ハイパフォーマンスだった前走と同じ舞台というのはかなり大きなプラスになりますね。

 

葉牡丹賞 (1勝) → 水仙賞 (1勝) と決して恵まれての好走ではなく、牡馬相手にガチンコ勝負を挑んで連続2着の実績を踏まえれば、ココもまず崩れる事は考えにくいですね。

このコースを得意にしている アイルハヴアナザー 産駒の典型的なタイプと思われます。

 

また距離の2200m も、4コーナーで手応え抜群の クロスセル に一気に交わされそうになりながらも、ゴール前までしぶとく粘った前走の内容から、かなり適性は高いのではないかと考えます。

前日1800m のデイジー賞 (1勝) を使わずに、敢えて牡馬相手の2200m の 水仙賞 を選んだあたりも、陣営のこの距離への自信の表れでしょう。

馬場・展開は・・・

 

今週からのBコース替わりが大きいですね。

 

あまりにも速い馬場だとキレ負けしてしまうタイプですが、開幕から6週目の全体的にソコソコ時計の掛かる馬場で、先行馬有利のこのBコース替わり、タイミングは完璧ですね (笑)

開幕週の速い時計勝負の中、2着に粘った前2走以上に本馬に適しているトラックバイアスではないでしょうか。

 

また展開の方も、前走の抜群の出脚と1F12秒2のダッシュ力を考えれば、楽にハナを奪えそうな組み合わせですね。

外枠さえ引かなければ、本馬のマイペースの単騎逃げが濃厚で、得意の速い流れからの持続力勝負に持ち込めると予想します。

臨戦過程は・・・

 

3ヶ月ぶりの実戦もソコソコ仕上がっていたであろう前走を考えると、叩き2戦目の上積みは小さいかもしれませんが、

 

4/1  美浦南W  稍  丹内      馬なり余力

67秒9 - 52秒4 - 38秒5 - 12秒0

 

の、ラスト1F12秒0の最終追い切りの動きを見れば、多少なり上積みはあるかもしれませんね。

少なくとも前走以下という事は無いでしょう。

その前走と同様に、十分に勝ち負けになるデキではないでしょうか。

相手関係は・・・

 

可能であれば エヴァーガーデン の単勝で1本釣りと行きたいところですが、オッズの方がそうさせてくれない可能性が高いですね。

本馬を軸に他馬を馬券にどう絡めていくかがポイントとなりそうです。

 

枠順発表前の現時点では、その筆頭は前2走ともに上がり最速で勝ち上がって来た エルセンブルグ でしょうか。

ハナに立つ エヴァーガーデン が速めの流れに持ち込むだろう事を考えると、稍重馬場の前走で3F36秒4をマークしたその末脚が活きて来そうですね。

同じく前走で上がり最速の マイネルクロンヌ あたりも怖いかもしれません。

 

コース替わりのトラックバイアスは前有利ですが、エヴァーガーデン の逃げる速い流れなら、連下は差し・追い込み馬が優勢と考えます。

《今週の狙い馬》2頭目!まとめ

 

クロスセル には惜しくもクビ差届かずの前走でしたが、3~5着に下した面々を踏まえれば、もう本馬の順番ですね。

3・5着がこのクラス上位の サペラヴィトウカイデュエル 、4着が次走圧倒的人気の ヴェルトライゼンデ を破って スプリングC (GⅡ) を勝つ ガロアクリーク ですから、ソレらに先行抜け出しの横綱相撲で先着の エヴァーガーデン はココでは不動の存在ですね。

 

[1-4-0-1] と勝ち味に乏しいのが玉にキズですが、叩き2走目でその前走より条件が揃った事を思えば、もう負けられないでしょう。

 

 

 

タコイチの《今週の狙い馬》1頭目! は コチラ

 

前回の タコイチの《今週の狙い馬》! は コチラ

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目! でした。

 

では次回は、タコイチの【今週の勝負レース】土曜日版! をお届けしたいと思います。

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。