競馬サラリーマン タコイチ

厳選に厳選を重ねた自信の1頭で1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》2頭目!

 

f:id:TAKOICHI:20200318001909j:image

 

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目! をお届けします。

 

では2頭目は・・・

 

 

 

 

 

 

《今週の狙い馬》2頭目!

  中山 9R   黄梅賞

3月21日   土曜日

3歳1勝クラス   馬齢   芝1600m   登録11頭f:id:TAKOICHI:20200318002530j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《今週の狙い馬》 クロノメーター

通算 1-0-2-0   田辺裕信  騎乗予定   美浦 : 尾形厩舎

 

 

土曜日のレースからは、現在のタフで時計の掛かる中山の馬場がピッタリ来そうなこの馬を取り上げたいと思います。

3戦1勝の ゴールドシップ 産駒の3歳牡馬です。

 

前走の東京1600m での未勝利戦は順当勝ちでしたね。

過去3戦で接戦を繰り広げて来た アオイクレアトールコトブキテティスメリディアンローグオシリスブレイン という相手を考えれば、今の未勝利では力が違いましたね。

今回昇級戦となりますが、目立った馬の見当たらない1勝クラスのココなら、前走を勝ち上がった勢いで即突破も可能でしょう。

コース・距離は・・・

 

中山コースは今回が初めてとなりますが、パワータイプの ゴールドシップ 産駒という事を考えると、前3走の東京よりむしろ今回の中山の方が適性を感じますね。

回転の速いピッチ走法で、馬場も良重不問という事を踏まえれば、今のタフな馬場も問題無く走れるでしょう。

 

また、母の タイムウィルテル が1800~2000m に良績が集中している事と、父の中長距離重賞11勝という実績を考えれば、将来的に距離は伸びた方がいいタイプかもしれませんが、前3走のマイル戦で3着→3着→1着の実績なら、現状は折り合いの付きやすいこのあたりの距離がイイかもしれませんね。

馬場・展開は・・・

 

Aコースも4週目の開催で、先週の荒天の中での開催を考えると、かなりタフな馬場である事は間違いないでしょう。

父から譲り受けたパワーで馬場不問、回転の速いフットワークで瞬時に加速出来る本馬にはうってつけの舞台ですね。

 

また、重賞とダブル登録の3頭がソチラへ向かう公算が大きく、少頭数のレースで緩い流れが想定されますが、スタートさえ五分なら好位直後でレースが可能な本馬には、むしろ好都合の展開となりそうですね。

ゲートの出がポイントとなりそうです。

臨戦過程は・・・

 

強かった前走が3ヶ月ぶりの実戦という事を考えれば、ソレを叩いてのココはさらに上向きと考えるのが普通でしょう。

 

追い切りの方も、

 

3/18  美浦坂路  良  助手

53秒5 - 38秒9 - 25秒4 - 12秒6  強めに追う

アーティカティカ (新馬) 一杯を0.2秒追走同入

 

と、タイム的には平凡に映りますが、今週の重めの美浦坂路で 14秒6 → 13秒5 → 12秒8 → 12秒6 の加速ラップでの締めなら、叩かれた上積みも十分で前走以上の状態と考えてイイでしょう。

このデキならアッサリもあるかもしれませんね。

相手関係は・・・

 

クラシックには無縁の立ち位置のレースとあって、さすがにメンバーは軽いですね (笑)

トリッキーな中山1600m という事で、相手の方は枠順次第という事になりそうですが、低レベルなメンバー構成を考えると、可能なら本馬の単勝で勝負したいですね。

内目の枠を引けたなら、確勝レベルと予想します。

 

《今週の狙い馬》2頭目!まとめ

 

ココを勝って NZT (GⅡ) → NHKマイルC (GⅠ) のローテーションを狙う素質馬の本馬が、青写真通りの良化を見せているなら、ココは本馬の単勝1本で攻めて行きたいところですね。

少頭数という事で本馬に人気が集中する様なら、相手を絞っての馬単勝負でしょうか。

どちらにせよ クロノメーター の勝ち負けは間違いないでしょう。

どんな馬券が1番回収率が高いのか、レースまでにジックリ考えたいと思います (笑)

 

 

 

タコイチの《今週の狙い馬》1頭目! は コチラ

 

前回の タコイチの《今週の狙い馬》! は コチラ

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目! でした。

 

では次回は、タコイチの《今週の狙い馬》3頭目! をお届けしたいと思います。

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。