競馬サラリーマン タコイチ

厳選に厳選を重ねた自信の1頭で1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》1頭目!

 

f:id:TAKOICHI:20200227102502j:image



いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目! をお届けします。

 

まず1頭目は・・・

 

 

 

 

 

 

《今週の狙い馬》1頭目!

  阪神 8R   4歳上1勝クラス

2月29日   土曜日

4歳上1勝クラス   定量   芝1800m   登録頭数不明f:id:TAKOICHI:20200228232816j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《今週の狙い馬》 サトノウィザード

通算 1-2-0-3   福永祐一  騎乗予定   栗東 : 松田厩舎

 

 

6戦1勝の ロードカナロア 産駒の4歳牡馬です。

 

勝馬の パトリック の力強い末脚には屈しましたが、3着以下には6馬身の決定的な着差を付けた前走1勝クラスの内容を考えれば、再度の自己条件のココでは確勝レベルでしょう。

かなりタフな馬場だった前走の京都から、本馬本来のキレ味が活きるであろう開幕週の阪神へのコース替わりを加味すれば、その度合いはかなり高くなると予想します。

コース・距離は・・・

 

阪神コースでは2走前に当クラスで6着の経験しかありませんが、3走前の 山藤賞 (500) から8ヶ月半の休養明けの1戦だった事を考えると、ほぼノーカウントという事でイイでしょう。

全連対を京都で記録している様に、同じく右回りの阪神コースには不安は無いと思われ、スピードとパワーを兼備する ロードカナロア の産駒という事を踏まえれば、適性はむしろコチラの方が上かもしれませんね。

騎乗の指示にスッと反応出来るタイプでは無いので、長い直線もプラスの要素で間違いないでしょう。

 

また、前走に引き続いての1800m という距離も、勝馬には交わされるも後続を突き放した前走のレース内容と、父 ロードカナロアブロードストリート の双方の適性を考えれば、ほぼベストと言って良いでしょう。

長期休養を叩かれての走り頃3走目、ココはキッチリ答えを出して来ると予想します。

馬場・展開は・・・

 

サンデーサイレンスアグネスタキオン の母系に ロードカナロア という血統なら、母の ブロードストリート 同様に軽い馬場でのキレ味勝負こそ本馬本来のスタイルなハズで、例年なら洋芝の発育が目立ち平均的なタイムになる今開催も、暮れの前開催の傾向を引き継いで、軽くて速い方向の馬場に出るなら、本馬のキレ味が活きる条件となりそうですね。

また、逆に多少時計の掛かる馬場になったとしても、稍重の前走で出走メンバー2位の上がりで後続を突き放している事を考えると、心配の必要は無いでしょう。

現時点では馬場不問の堅軸馬と考えてイイんじゃないでしょうか。

 

展開の方も、確たる逃げ馬が見当たらない10頭という手頃な頭数の上、最後の最後に長い直線が控えている事でかなりのSペースが予想されます。

先団直後のポジショニングから脚を伸ばすスタイルの本馬には、お誂え向きの流れとなりそうですね。

相手関係は・・・

 

相手関係がなかなか難しいですね。

ココまで低調なレベルだと、枠順や当日の馬体重なども含めて判断したいところですが、現時点では近走当クラスで連対実績があり、血統もシッカリしている ノストラダムスピノクル あたりが有力でしょうか。

前目のポジショニングか可能という事を考えれば、後者の方を上位に考える方がイイかもしれませんね。

とりあえずは、枠順発表まで待つ事としましょう。

《今週の狙い馬》1頭目!まとめ

 

おそらくこのメンバーだと圧倒的な人気になりそうですね。

単勝で2倍台なら万々歳のレベルでしょう。

低調な相手関係を考えれば、手堅く本馬の単勝1点で勝負したいところですが、勝負出来ない様な圧倒的なオッズになる様であれば、本馬1着固定の馬単流しが本線となりそうですね。

シッカリ絞って仕留めたいと思います (笑)

 

 

 

前回の タコイチの《今週の狙い馬》! は コチラ

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目! でした。

 

では次回は、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目! をお届けしたいと思います。

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。