競馬サラリーマン タコイチ

厳選を重ねた自信の1頭で1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》2頭目!

 

f:id:TAKOICHI:20200123083856j:image

 

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目! をお届けします。

 

では2頭目は・・・

 

 

 

 

 

 

《今週の狙い馬》2頭目!

  京都11R   東海ステークス   GⅡ

1月26日   日曜日

4歳上オープン   別定   ダート1800m   出走18頭f:id:TAKOICHI:20200123090945j:image

引用 : JBISサーチ(JBIS-Search):国内最大級の競馬情報データベース

《狙い馬》 エアアルマス

通算 6-3-1-5   松山 弘平  騎乗予定   栗東 : 池添厩舎

 

 

15戦6勝の Majestic Warrior 産駒の5歳牡馬です。

 

意識的に外々を追走したレース序盤も、更に外から被せられると急激に行き脚を失った前走の 武蔵野S (GⅢ) を見る限りは、やはり砂を被ってしまうとまったくダメなタイプみたいですね。

好タイムで楽勝した 安芸S (3勝) でさえ、向こう正面で アメリカンファクト に外から被せられた際には、怯んでしまい急に失速した事を考えると、その症状はかなり深刻ですね。

 

このダート馬としては致命的な欠陥を持つ本馬ですが、逆に砂を被らないポジショニングでスムーズに先行出来た時の強さも格別で、直線で大勢が一変した後続を尻目に、2番手先行からアッサリと押し切った2走前の 太秦S (OP) がその典型でしょう。

負ける時はアッサリ負けてしまいますが、条件が揃ったレースでは底知れない強さを見せており、その好走条件が結構揃いそうなココ、インティ らの強敵相手でも一変の可能性は高いと考えます。

コース・距離は・・・

 

みやこS (GⅢ) 勝ちの ヴェンジェンス を相手にしなかった 太秦S の強い内容を見る限り、現状この京都ダート1800m という条件がほぼベストと考えても良さそうですね。

メンタル面に大きな不安を残す本馬にとって、長距離輸送の必要が無い近場のコースという条件も間違いなくプラスでしょう。

 

また、砂を被らない ≒ 好位の外目をスムーズに先行とすれば、前走 武蔵野S からの200m の距離延長で多少なりテンのスピードが落ち、先行策に持ち込みやすい1800m という距離もプラスの条件になりそうですね。

枠順の内外もありますが、砂を被らない好位2・3番手の外々をスムーズに先行出来る確率はソコソコあるんじゃないでしょうか。

馬場・展開は・・・

 

稍重馬場の 安芸S でもキックバックを嫌がった程ですから、どんな馬場になろうと砂を被ってしまえばOUTだろうと思われますが、芝のレースでも通じるスピードを有している事を考えると、パサパサのタフな馬場よりはそのスピードが活きる脚抜きの良い馬場の方が良さそうですね。

 

また、インティスマハマアイファーイチオー と前に行きたい馬が揃いソコソコ速い流れが予想されますが、元々が先行有利のコース形態に加え脚抜きの良い馬場が濃厚と、先行馬もそう簡単に止まらない舞台・状況を考えれば、その直後になるであろう本馬あたりが最も勝利に近いポジショニングと言えるのではないでしょうか。

馬場・展開ともに本馬にとって不足は無いと考えます。

相手関係は・・・

 

やはり インティ でしょうね。

唯一のG1勝馬にして前年度の覇者という実績を踏まえれば、本馬中心で間違いないでしょう。

同舞台の みやこS では脆くも崩れてしまいましたが、前走の チャンピオンズC (GⅠ) でキッチリ巻き返して来るあたりは流石の実力馬ですね。

 

また、パワー < スピード のタイプである本馬にとって、先行有利の京都コースで脚抜きの良い馬場という舞台設定は願ったり叶ったりの条件ですね。

みやこS より1.0kg 軽い58kg で主戦のレジェンドが騎乗なら、前哨戦と言えど格好はつけて来ると予想します。

《今週の狙い馬》2頭目!まとめ

 

枠順が発表されましたね。

《今週の狙い馬》の エアアルマス は⑦番枠となりました。

う~ん・・・微妙 (笑)

外枠なら 『 買い 』内枠なら黙って『 消し 』の予定でしたが、真ん中付近の中途半端な枠になってしまいましたね。

前に行くであろう④スマハマ⑥アイファーイチオー より外枠になった事はOKですが、⑬インティ が本馬より外枠を引いた事でややこしくなりました。

 

おそらく⑬インティ より前のポジショニングという事は無いでしょうから、少なくとも1度は外から被せられ多少なり砂を浴びてしまう事になりますね。

ソレに耐えれるかどうかですが、圧勝した 安芸S ではポジションを下げてしまうもリカバリーに成功し圧勝した事を踏まえると、短時間であれば耐えられるという事でしょうか。

レース序盤の駆け引きがレースの勝敗を左右しそうですね。

 

 

 

タコイチの《今週の狙い馬》1頭目! は コチラ

 

前回の タコイチの《今週の狙い馬》! は コチラ

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目! でした。

 

では次回は、【今週の勝負レース】土曜日版! をお届けしたいと思います。

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。