競馬サラリーマン タコイチ

厳選を重ねた自信の狙い馬で1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の勝負レース】有馬記念!

 

f:id:TAKOICHI:20191221154409j:image

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版  をお届けします!

 

 

 

中山11R   有馬記念   GⅠ

12月22日   日曜日   15:25発走

3歳上オープン   定量   芝2500m   出走16頭

馬場予想 : 良~稍重馬場   ペース予想 : S~Mペース 

 

中山  芝2500m  内回りコース
f:id:TAKOICHI:20191224103922j:image

馬番 馬名 重量 騎手
1    スカーレットカラー      55      岩田康誠
2    スワーヴリチャード   57      O.マーフィー
3    エタリオウ   57      横山典弘
4    スティッフェリオ   57      丸山元気
5    フィエールマン   57      池添謙一
6    リスグラシュー   55      D.レーン
7    ワールドプレミア   55      武豊
8    レイデオロ   57      三浦皇成
9    アーモンドアイ   55      C.ルメール
10    サートゥルナーリア   55      C.スミヨン
11    キセキ   57      R.ムーア
12    クロコスミア   55      藤岡佑介
13    アルアイン   57      松山弘平
14    ヴェロックス   55      川田将雅
15    アエロリット   55      津村明秀
16    シュヴァルグラン   57      福永祐一

 

史上最多G1馬11頭参戦の豪華なメンバーとなりましたね。

その盛り上がる雰囲気に水を差しそうな天気の方ですが、どうやらレースの時間帯までは何とか大丈夫そうな感じですね。

降っても小雨程度、ほぼ良馬場での開催が濃厚でしょう。

先行馬が揃って外枠スタートと展開の読み辛い組み合わせとなりましたが、年末の大一番をキッチリ的中させ、気持ち良く新年を迎えましょう!

 

 


f:id:TAKOICHI:20191221160012j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

◎ は ⑨アーモンドアイ です。

ロードカナロア 産駒の4歳牝馬です。

 

 

本命は本馬で文句は無いでしょう。

今さら何も語る必要は無いですね。

G1の6勝を含む10戦8勝の現役最強馬です。

 

熱発の影響で香港カップ (GⅠ) 出走を回避した本馬ですが、急遽のココへの出走表明で俄然盛り上がって来ましたね。

幸い熱発は軽いモノで、すぐに調教を再開する事が出来たという程度なら、本馬の能力を疑う必要は無いでしょう。

『 強いモノは強い 』ただソレだけですね。

 

追い切りの方も、

12/11  美浦南W  稍重  C.ルメール

65秒6 - 50秒8 - 37秒0 - 11秒8  馬なり余力

ノチェブランカ (3勝) 一杯の内0.4秒追走0.4秒先着

と、最終追い切りはキリの為不明ですが、中間馬なりのこの動きであれば遠征回避の影響は無いと考えて良さそうですね。

 

6~7割の仕上がりの 秋華賞 (GⅠ) を快勝し、8割程度と思われた前走の 天皇賞・秋 (GⅠ) では後続を3馬身突き放す圧倒的なパフォーマンスを見せた歴史的名牝です。

前走と同じレベルかソレ以上の仕上がりと思われるココ、よほどの不利が無い限りは馬券圏内は確実でしょう。

 



f:id:TAKOICHI:20191221225307j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

〇 は ⑥リスグラシュー です。

ハーツクライ 産駒の5歳牝馬です。

 

 

成長力が豊富な ハーツクライ 産駒らしい成長曲線ですね。

元々その高い能力に裏付けされた走りで、G1でも堅実な結果を残していましたが、ココ2戦の強い内容はソレが更に一皮剥けた印象ですね。

2番手先行から2着の キセキ を3馬身突き放した 宝塚記念 (GⅠ) 、勝ちパターンに入っていた キャステルヴェキオ を後方追走から並ぶ間も無く交わした コックスプレート (GⅠ) と、どんな展開でも能力をフルに発揮出来る今が競走馬としてピークの状態ではないでしょうか。

惜しまれつつの引退となりますが、ピークと思われる今の状態なら現役最強馬相手でも見苦しいレースにはならないでしょう。

 

追い切りの方も、

12/18  栗東坂路  稍重  助手

51秒3 - 37秒0 - 24秒1 - 12秒3  強めに追う 

ユニコーンライオン (3勝) 馬なりを0.4秒追走同入

と、スパッとキレる印象は無いモノの、いつも通りの本馬の動きというところでしょうか。

力は出せる仕上がりと考えます。


2戦2勝と好相性のD.レーンの継続騎乗で、内過ぎず外過ぎずの絶好⑥番枠と、ラストランに向けて条件は揃いました。

先行馬多数でやや速めの流れの可能性もある中、中団の内々をスムーズに追走なら、直線は本馬らしい末脚で上位は必至と考えます。

 



f:id:TAKOICHI:20191221225417j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

▲ は ⑤フィエールマン です。

ディープインパクト 産駒の4歳牡馬です。

 

 

パワー勝負が濃厚な中山コースがどうかの印象も、先週の ターコイズS (GⅢ) で1分32秒2の速いタイムが出た今の軽い馬場なら、本馬の ディープインパクト 産駒らしい瞬発力が活きて来そうですね。

 

前走の 凱旋門賞 (GⅠ) は、本場欧州の重馬場という今まで経験した事の無いタフな馬場で最下位に沈みましたが、こと瞬発力に限れば 凱旋門賞 を除く近7走で上がり3F1~2位をマークと、軽い馬場でのキレ味勝負では現役馬でも最上位の存在でしょう。

菊花賞 (GⅠ)・天皇賞・春 (GⅠ) 勝ちの豊富なスタミナ、ソレに裏付けされた速い流れにも対応可能な持続力も兼備している事を考えれば、凱旋門賞 での大敗が懸念されるココでも十分に怖い存在ですね。

同じサンデーレーシングの⑮アエロリット がやや速めの流れでレースを引っ張る様であれば、本馬の末脚発揮の可能性も少なくは無いでしょう。

 

追い切りの方も、

12/18  美浦南W  稍重  池袋謙一

65秒7 - 51秒5 - 38秒3 - 11秒7  強めに追う

ライバーバード (2勝) 馬なりの内0.6秒追走0.4秒先着

と、ジョッキー騎乗で抜群とは言えないまでも、ラスト1F11秒7ならソノ末脚を発揮出来る状態にはありそうですね。

 

騎乗にもこのレース4勝の大舞台に強い池添騎手を迎え、好枠の⑤番枠を引き当てる強運と、今の軽い馬場を考えれば上位の可能性も十分と予想します。

馬券の買い目は・・・

 

本命⑨アーモンドアイ から、⑥リスグラシュー⑤フィエールマン への馬単2点で勝負したいと思います!

⑨アーモンドアイ は2着以内はほぼ当確でしょう。

あとは⑥リスグラシュー⑤フィエールマン の頑張り次第ですね。

この3頭の走りに期待しましょう!

 

 

 

【買い目】
     馬連           ⑥ - ⑨           3,500円     
 馬連      ⑤ - ⑨      1,500円
合計金額      5,000円

 

 

( 買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります )

 

 

タコイチの【今週の勝負レース】土曜日版 は コチラ

 

先週の タコイチの【今週の勝負レース】は コチラ

 

 

 

以上、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 でした!

 

では次回は、タコイチの【勝負レース回顧】をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。