競馬サラリーマン タコイチ

厳選を重ねた自信の1頭で1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の勝負レース】朝日杯FS!

 

f:id:TAKOICHI:20191214160341j:image

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版  をお届けします!

 

 

 

阪神11R   朝日杯FS   GⅠ

12月15日   日曜日   15:40発走

2歳オープン   馬齢   芝1600m   出走16頭

馬場予想 : 良馬場   ペース予想 : M~Hペース 

 

阪神  1600m  外回りコース
f:id:TAKOICHI:20191225081316j:image

馬番 馬名 重量 騎手
1    ジュンライトボルト      55      岩田康誠
2    ビアンフェ   55      藤岡佑介
3    ペールエール   55      O.マーフィー
4    トリプルエース   55      W.ビュイック
5    マイネルグリッド   55      国分優作
6    サリオス   55      R.ムーア
7    ウイングレイテスト   55      松岡正海
8    タイセイビジョン   55      武豊
9    グランレイ   55      池添謙一
10    エグレムニ   55      福永祐一
11    カリニート   55      幸英明
12    レッドベルジュール   55      C.スミヨン
13    プリンスリターン   55      原田和真
14    タガノビューティー   55      和田竜二
15    メイショウチタン   55      松山弘平
16    ラウダシオン   55      C.ルメール

 

 

 


f:id:TAKOICHI:20191214160525j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

◎ は ⑧タイセイビジョン です。

タートルボウル 産駒の2歳牡馬です。

 

 

ハナに立つであろう②ビアンフェ が、速めの流れから持続力勝負に持ち込むであろう事を踏まえれば、Hペース決着だった 函館2歳S (GⅢ) を後方からあと一歩のところまで猛追し、前走の 京王杯2歳S (GⅡ) ではキレ味勝負にも柔軟に対応し2歳レコードでその②ビアンフェ を突き放した様に、ことスピード能力の高さではこのメンバーに入っても最上位の存在と思われる本馬が優位ではないでしょうか。

キャリアの少ない2歳戦で、異なるコース・展開にも対応して見せた完成度の高さも魅力的ですね。

素質という点では圧倒的人気の⑥サリオス には及ばないモノの、馬券に絡む確率が高いのは死角が少ないと思われる本馬の方ではないかと考えます。

 

前走の 京王杯2歳S では、レース序盤に折り合いを欠きながら、直線では出走メンバーぶっちぎり最速の3F33秒5の末脚を披露しました。

今回の②ビアンフェ の引っ張る速い流れなら折り合いに心配は無く、100%の能力を発揮する事が可能でしょう。

距離適性がイマイチ分からない タートルボウル 産駒という事で、マイルの距離に多少の心配はありますが、その距離が大丈夫なら高い確率で馬券に絡むと予想します。

 

追い切りの方も、

12/4  栗東坂路  良  武豊

52秒7 - 38秒4 - 24秒7 - 12秒0  馬なり

イペルラーニオ (3勝) 一杯を0.5秒追走0.5秒先着

と、馬なりで加速ラップを刻んでのラスト1F12秒0と、ジョッキー騎乗ではありましたがデビュー以来最高とも思える仕上がりですね。

3ヶ月半ぶりの前走を叩かれた上積みも相当でしょう。

 

ココを勝てば、前人未到のJRA全G1制覇という大偉業にリーチの掛かるレジェンドを騎乗に迎え、馬も騎手も陣営も超本気モードですね。

クラシック候補の⑥サリオス 相手でも十分に勝機はあると考えます。

 

 


f:id:TAKOICHI:20191214160907j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

〇 は ⑥サリオス です。

ハーツクライ 産駒の2歳牡馬です。

 

 

まともであれば、本馬が勝ってしまうんでしょうね (笑)

東京でのSペースのレース経験しか無いという事で先週の リアアメリア とイメージが被りますが、3番手先行から3F33秒1という末脚で1分32秒7のレコードをマークしたその能力は、現時点では リアアメリア より遥かに上ですね。

阪神JF 3着の クラヴァシュドール を寄せ付け無かったその走りから見ても、能力的にはココでも最上位の存在でしょう。

 

問題は初の長距離輸送・初の右回りコース・初の脚が溜まりにくい速い流れという事になりますが、コレばっかりはやってみないと分かりませんね (笑)

能力を考えれば、あっさりクリアしてしまう可能性もあるでしょうし、逆に リアアメリア の様に対応出来ずに沈んでしまう可能性もあります。

能力的にはその リアアメリア よりは間違い無く上の存在なので、アッサリ勝ってしまう可能性が高いと思われますが・・・。

 

追い切りの方は、

12/5  美浦南W  良  助手

80秒6 - 65秒2 - 50秒9 - 37秒3 - 12秒0  馬なり

アヴィオール (2勝) 強めの内1.2秒追走同入

と、重心がまったくブレない力強いフットワークで古馬を圧倒と、文句無い動きを見せていますね。

 

条件はなかなか厳しいモノがありますが、素質的には他を圧倒出来るだけのモノは十分に持っているでしょう。

初めて経験する長距離輸送・右回り・流れに戸惑う事が無ければ、勝ち負けは必至と考えます。

 

 


f:id:TAKOICHI:20191214161138j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

▲ は ②ビアンフェ です。

キズナ 産駒の2歳牡馬です。

 

 

初の1400m の距離には対応は見せたモノの、Sペースからのキレ味勝負では明らかに分が悪い事が判明した前走の 京王杯2歳S を踏まえると、ココは先週 阪神JF (GⅠ) の レシステンシア の様なペースを落とさない逃げの作戦に切り替えるしか無さそうですね。

陣営からも『 脚質的にも先週の馬場の傾向からもいい枠ですね。いい状態で臨めますし、スタートを決めて力を出し切れば 』というソレを示唆する様なコメントが出ている事を考えれば、その作戦の可能性は非常に高そうです。

 

そうなって来ると問題は、更に200m 延長となるマイルという距離への適性と、速い流れを継続する事が可能な持続力を持ち合わせているかという事になりますが、距離適性に関しては兄弟馬の ブランボヌールエントシャイデン の実績を考えれば、マイルまでならギリギリ大丈夫そうですね。

阪神JF で同じ キズナ 産駒の マルターズディオサ が2着に粘り切った事も、血統的に適性を示しているのかもしれません。

 

また持続力については、速い流れを出遅れながらも強引に押し切った2走前の 函館2歳S (GⅢ) の快勝を考えれば、速い流れを持続する能力はこのメンバーでもトップクラスでしょう。

まだまだ速いタイムの出る馬場状態であれば、簡単には止まらないと考えます。

 

追い切りの方も、

12/11  栗東坂路  良  藤岡佑介

53秒3 - 38秒3 - 24秒3 - 11秒8  一杯に追う

と、中間に4本の追い切りを消化し、最終追い切りも一杯でラスト1F11秒8と、ビシビシ鍛えられシャープな伸び脚を見せています。

コレでプラス24kg の前哨戦仕様だった馬体も少なからず絞れて来るでしょう。

 

先週は クラヴァシュドール に騎乗し、勝馬の レシステンシア には手も足も出なかった藤岡騎手が、迷い無くハナに立ち速い流れに持ち込む様であれば、最大の惑星は本馬かもしれませんね。

馬券の買い目は・・・

 

土曜日の【今週の勝負レース】で久々の勝利となったという事で、ココも是非的中させて2連勝といきたいですね (笑)

 

そのココは最も馬券に絡む確率が高いであろう本命⑧タイセイビジョン から、素質は間違い無く最上位の⑥サリオス への馬連、速い逃げからの持続力勝負に期待の②ビアンフェ へのワイド、の計2点で勝負したいと思います!

この3頭の走りに期待しましょう!

 

 

 

【買い目】
馬連      ⑥ - ⑧       2,500円
     ワイド           ② - ⑧           2,500円     
合計金額      5,000円


 

( 買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります )

日曜日 の イチオシ! 

阪神12R   高砂特別

f:id:TAKOICHI:20191214161645j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

《イチオシ》 ⑬ピアシック

Central Banker 産駒の3歳牡馬です。

 

 

前走の 2勝クラス でマークした上がりは3F35秒2と、最後方から末脚を伸ばすスタイルが定番となっていますが、それでも他馬が止まって見えてしまう様な豪快な末脚ですね。

初ダートで適性を見せた勝馬の ロードラズライト には離されてしまいましたが、2勝クラス でも十分に勝ち負けになる能力を示しました。

 

今回、先行有利の京都コースから、直線の急坂で先行馬の脚が鈍る阪神へとコース替わりとなります。

その阪神では2走前に2着の シャドウハンター を3馬身突き放しての快勝がある様に、最後方から末脚一気を狙う本馬にはベストのコース設定でしょう。

良馬場の持ちタイムも出走メンバー最速の1分11秒5であれば、ココもほぼ勝ち負けになりそうですね。

 

スプリント戦の割には先行馬が少なく、ペースは落ち着く可能性もありますが、ダート1200m という条件であればSペースまで落ちる事は無いでしょう。

十分に差し切れる展開になると予想します。

本馬の単勝がオススメです。

 

 

 

タコイチの【今週の勝負レース】土曜日版 は コチラ

 

先週の タコイチの【今週の勝負レース】は コチラ

 

 

 

以上、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 でした!

 

では次回は、タコイチの【勝負レース回顧】をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。