競馬サラリーマン タコイチ

厳選を重ねた自信の狙い馬で1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》1頭目!

 

f:id:TAKOICHI:20191210082222j:image

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 をお届けします!

 

まず1頭目は・・・

 

 

 

阪神11R   朝日杯FS   GⅠ

12月15日   日曜日

2歳オープン   馬齢   芝1600m   登録17頭f:id:TAKOICHI:20191210085124j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

《今週の狙い馬》 タイセイビジョン

通算 2-1-0-0   武豊  騎乗予定   栗東 : 西村厩舎

 

 

今週は土曜日の特別登録から狙ってみたい馬が探し出せず、週の始めから四苦八苦している状態ですが、無理矢理探して《今週の狙い馬》とするのも何ですから、土曜日の狙い馬は平場の出走が確定してからジックリ考える事にしましょう。

先に日曜日の特別登録から1頭取り上げてみたいと思います。

3戦2勝の タートルボウル 産駒の2歳牡馬です。

 

そうです。

タイセイビジョン です。

本命党の当ブログが、サリオス ではなく 本馬を《今週の狙い馬》として取り上げる理由は、ご察しの通り先週の 阪神JF (GⅠ) の高速決着がすべてですね。

先週の土曜日まではココは サリオス の軸で鉄板と考えていましたが、リアアメリア はともかく2着はハズさないだろうと自信のあった クラヴァシュドール までもが苦しんだ高速馬場、今週もソレに近い馬場になるだろう事を考えると、その高い能力は認めるモノのSペース・左回りの経験しか無い サリオス 一辺倒ではチョット寒くなって来ました。

レシステンシア の未経験の速い逃げに翻弄された クラヴァシュドール 騎乗の藤岡騎手が、今回ハナに立つであろう ビアンフェ に騎乗予定という巡り合わせ、先週同様の時計勝負的なレースになる可能性も否定出来ず、開幕3週目のまだまだ速い時計の出るトラックバイアスならソレを可能にしてしまうでしょう。

こうなってしまうと、まったくレースが読めませんね。

レースを見る側としては面白過ぎる展開ですが、予想する側としてはソノ糸口すら見当たりません。

 

ソコで本馬の登場です (笑)

僅かキャリア3戦の本馬ですが、そのそれぞれが異なるコース異なる展開で2勝2着1回と、その対応力の高さは非常に魅力的ですね。

Hペースの 函館2歳S (GⅢ) はほぼ最後方から2着まで追い込み、前走の 京王杯2歳S (GⅡ) ではSペースの展開を中団からキレキレの末脚で差し切り、レコードのおまけ付きで快勝と、スピード勝負にもキレ味勝負にも対応可能です。

また、阪神 → 函館 → 東京 と好走している様に、コース不問で回りの左右も関係ありません。

輸送経験もバッチリですね。

2歳馬としては完成度も高く、死角という死角が見当たりません。

 

唯一にして最大の心配点は、未経験のマイルという距離への適性という事になりますが、Hペースの流れを早目先頭で押し切ったデビュー戦、Sペースを余力十分に差し切った前走の走りっぷりからすれば、マイルまでなら何とか適性範囲内でしょう。

逆に言えば、ココで好走出来るか出来ないかが今後の路線に大きく影響する訳で、本馬にとっては運命を分ける1戦になるかもしれませんね。

騎乗にもココを制すれば前人未到のJRA全G1制覇という大偉業にリーチの掛かるレジェンドを迎え、そのボルテージは最高潮でしょう。

 

素質・将来性では サリオス が断然も、最も馬券に絡む確率が高いのは完成度という点で他馬を上回り、馬・騎手ともにココが大一番の本馬ではないでしょうか。

対する相手は・・・

 

何だかかんだ言っても サリオス はハズせませんね。

同じく東京で重賞勝ちの リアアメリア とイメージが被りますが、サウジアラビアRC (GⅢ) を1分32秒7でレコード勝ちした能力は、ソレよりも上の存在と見るべきでしょう。

ハーツクライ 産駒という事で本格化はまだまだ先も、十分に力を発揮出来る展開になるなら、今の能力でもアッサリ勝ってしまいそうですね。

 

また、レシステンシア を今回のメンバーから探すなら、ソレに最も近い ビアンフェ も軽視出来ませんね。

出遅れながらも大味な競馬で快勝した 函館2歳S のスピード能力を考えれば難なくリードを奪えるメンバーで、一気の押し切りの可能性も今の馬場なら否定出来ません。

前走の 京王杯杯2歳S こそ タイセイビジョン には敗れましたが、プラス24kg のいかにも前哨戦仕様で自身も従来のレコードを更新しての2着と、ココに向けての上昇度はかなりのモノがあると思われます。

 

この3頭の勝負ではないでしょうか。

 

まあ、深く考えた時に限って サリオス の圧勝でアッサリ終わったりするモノですが、今の馬場状態と先週の結果を含めてもかなり面白い1戦になりそうですね。

 

 

 

先週の タコイチの《今週の狙い馬》は コチラ

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 でした!

 

では次回は、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。