競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》1頭目!


f:id:TAKOICHI:20191125185202j:image

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 をお届けします!

 

まず1頭目は・・・

 

 

 

中京10R   こうやまき賞

11月30日   土曜日

2歳1勝クラス   馬齢   芝1600m   登録11頭f:id:TAKOICHI:20191126100250j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《今週の狙い馬》  アブソルティスモ

通算 1-1-1-0   丸山元気  騎乗予定   美浦 : 藤沢厩舎

 

 

前走 サウジアラビアRC (GⅢ) では、勝馬の サリオス に牡馬G1クラスの能力をまざまざと見せ付けられましたが、こと自己条件の1勝クラスなら、まだまだ主役を張れる存在ですね。

3戦1勝の ダイワメジャー 産駒の2歳牡馬です。

 

その前走の サウジアラビアRC ですが、サリオスクラヴァシュドール の来年のクラシック候補2頭には完敗の3着でしたが、自身も4着以下に2馬身の着差を付けている事を踏まえれば、目立った素質馬のいない自己条件のココは負けられないですね。

走破タイムの方も1分33秒5と、スピード競馬にも十分に対応出来た事を考えると、時計の速くなりそうな開幕週の馬場も望むところでしょう。

 

また、登録馬の大半が阪神の 万両賞 (1勝) とのダブル登録で、少頭数が必至のマイル戦にしては落ち着いた流れになりそうなメンバー構成もプラスになりそうですね。

本馬以外にハナを主張する馬も見当たらず、楽々とマイペースの単騎逃げに持ち込めると思われます。

能力・馬場・展開と勝利に必要な条件が揃いましたね。

 

レイデオロレイエンダ の偉大な兄に比べると、スケール感の小ささは否めませんが、腐っても超良血馬、この辺りのクラスで足踏みはしていられないでしょう。

 

 

対する相手候補は

f:id:TAKOICHI:20191126183257j:image

引用 : JBISサーチ(JBIS-Search):国内最大級の競馬情報データベース

 

《相手候補》  コスミックエナジー

通算 1-1-0-1   騎乗未定   栗東 : 高野厩舎

 

 

本馬も 万両賞 とのダブル登録で、どちらに出走してくるかは現時点では分かりませんが、コチラに出走してくる様であれば、面白い存在になるんじゃないでしょうか。

3戦1勝の キングカメハメハ 産駒の2歳牝馬です。

 

そのキレキレの末脚で、G1でも掲示板内の走りを見せた ミクロコスモス を母に持つ440kg 台の小柄な2歳牝馬に、最終週で荒れた馬場の函館 → 稍重馬場の札幌 → タフな馬場の京都というこの3戦、いくらスピード・パワー兼備の キングカメハメハ 産駒とは言え、なんかシックリ来ませんね。

2戦目の 未勝利戦 後に騎乗の藤岡騎手が『 もっと軽い馬場の方がよりいいと思います 』とコメントした様に、本来は軽い馬場でキレ味を活かすタイプではないでしょうか。

 

また距離の方も、2000m の前走 黄菊賞 (1勝) で、3コーナー手前まで掛かりっぱなしだった事を考えると、もっと短い距離の方がイイ様な気がしてなりません。

兄弟馬と比較してもひときわ胴の詰まったシルエットで、より母 ミクロコスモス に近い体型・馬格をしている事からも、母同様に1400~1600m がベストのマイラーではないでしょうか。

 

もしこの考えが正しいなら、スピードが活きるであろう開幕週の絶好馬場で前走から400m の距離短縮と、その2つが同時に適性であろう条件に近付く今回、パフォーマンスを跳ね上げて来る可能性も低くは無いでしょう。

母同様のキレキレの末脚を見せられる様なら、目立った馬のいない1勝クラス、アッサリがあっても不思議ではないですね。

新たな一面に期待したいと思います。

 

 

 

先週の タコイチの《今週の狙い馬》は コチラ

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 でした!

 

では次回は、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。