競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》2頭目!


f:id:TAKOICHI:20191119092802j:image

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けします!

 

では2頭目は・・・

 

 

 

京都11R   京都2歳ステークス   GⅢ

11月23日   土曜日

2歳オープン   馬齢   芝2000m   登録 9頭f:id:TAKOICHI:20191119092926j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《今週の狙い馬》  ミヤマザクラ

通算 1-0-0-1   O.マーフィー  騎乗予定   栗東 : 藤原厩舎

 

 

深山桜はバラ科サクラ属で、春には花弁が5つの可愛らしい白い花をさかせる落葉樹だそうです。

日本でも北国や標高の高いところに多く分布しているとの事ですが、あまり馴染みは無いですね (笑)

しかしながら、年を取るに従い徐々に白くなっていく芦毛の牝馬に、この深山桜というネーミング、金子HDのセンスには脱帽ですね (笑)

2戦1勝の ディープインパクト 産駒の2歳牝馬です。

 

素晴らしい馬名はともかく、この時期に牡馬相手の2000m の重賞を使う意味合いって何なんでしょうね?

もしかすると暮れの ホープフルS (GⅠ) を見据えているんでしょうか?

タイプ的には、母系の強い影響で何を付けてもパワータイプに出てしまう ミスパスカリ の産駒という事なので、タフな中山コースは合っている様な気がしますが・・・。

まあ、ココで勝ち負けにならないと、その資格すら貰えない訳ですが、先週の マイルCS (GⅠ) でこの距離の一流どころが、Sペースにも関わらず上がり3F33秒4がメンバー最速だったタフな馬場、急激に悪くなって来ている芝の状態を考えると、札幌の 未勝利戦 でノーステッキでレコードを叩き出した本馬のパワーがマッチするかもしれませんね。

 

その前走の 未勝利戦 ですが、突き放した2着以下のその後の成績を考えると、お世辞にもレースレベルが高かったとは言えず、5馬身差という着差を鵜呑みにするのはチョット危険ですが、ノーステッキで2分2秒1のレコードは素直に評価すべき内容でしょう。

12秒5→11秒7→11秒6と、ゴールが近付くに連れて加速するラップを踏んでの差し切りという点も強調すべきポイントですね。

 

今回、約3ヶ月の休養明けとなりますが、馬なりで6F80秒台→ラスト1F11秒台の2歳馬離れした13日のCWの動きは、素晴らしいの一言ですね。

前走時の芝コースでの追い切りとほぼ同等のタイムという事を踏まえれば、久々の影響を感じさせないどころか、かなりの成長が見込まれるでしょう。

 

人気は2連勝で 野路菊S (OP) を楽勝した マイラプソディ が断然と思われますが、今の京都のタフな馬場でこの抜群の動きなら、結構イイ勝負になるんじゃないでしょうか。

 

 

対する相手候補は

f:id:TAKOICHI:20191119095242j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《相手候補》  マイラプソディ

通算 2-0-0-0   武豊  騎乗予定   栗東 : 友道厩舎

 

 

断然人気でめ相手は本馬で仕方がないでしょう。

2戦2勝の ハーツクライ 産駒の2歳牡馬です。

 

12秒0→11秒3→11秒2の加速ラップを、大外から並ぶ間もなく差し切ったデビュー戦、次位の上がりを0.9秒も上回る3F33秒4の末脚で後続を5馬身ちぎった 野路菊S と、ともに余力十分での勝利であった事を踏まえると、普通に考えれば重賞のココも通過点ですね。

まだトモが緩いという事でスタートが遅く、ほぼ後方からの競馬となりますが、本馬を避けた様な登録9頭の捌きやすいレースのココ、そう簡単には負けられないでしょう。

 

また、本馬も2ヶ月半の休養明けとなりますが、前走の 野路菊S もデビュー戦から2ヶ月と、期待馬らしい間隔を開けた使われ方で、中間の トリコロールブルー をアオる動きを見せたコース追いの動きであれば、心配する必要は無いと思われます。

 

問題は荒れてきた京都の馬場への適性となりますが、元々がタフな馬場に強い ハーツクライ の産駒、500kg を超える雄大な馬体を有している事を考えるれば、スピードだけの馬ではないでしょう。

キレもパワーも兼備しているであろう本馬に、このレベルでは死角はほぼ無いと思われます。

 

ココを勝てば暮れの ホープフルS に出走の可能性もある馬、さらに騎乗のレジェンドが本馬で6度目の 東京優駿 (GⅠ) を狙っているだろう事を考えれば、逆にアッサリ勝たないといけないレベルの馬ですね。

 

 

 

タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 は コチラ

 

先週の タコイチの《今週の狙い馬》は コチラ

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 でした!

 

では次回は、タコイチの《今週の狙い馬》3頭目 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。