競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》1頭目!


f:id:TAKOICHI:20191104175055j:image

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 をお届けします!

 

まず1頭目は・・・

 

 

 

福島11R   奥羽ステークス

11月 9日   土曜日

3歳上3勝クラス   定量   ダート1700m   登録19頭f:id:TAKOICHI:20191104180645j:image

引用 : JBISサーチ(JBIS-Search):国内最大級の競馬情報データベース

 

《今週の狙い馬》  ナムラカメタロー

通算 3-1-1-3   石川裕紀人  騎乗予定   美浦 : 稲垣厩舎

 

 

8戦3勝の ヨハネスブルグ 産駒の3歳牡馬です。

 

オキザリス賞 (1勝) の オーロラテソーロ 、武蔵野S (GⅢ) の エアアルマス と悩みましたが、前者は2歳のダート1勝クラスで同型がワンサカ、展開がまったく読めない上に壊滅的なペースになる可能性もあり得る事、後者は実力は十分も、内枠を引いて砂を被った時は大敗もあり得るという事を踏まえると、クラス上位の能力で前走より条件の好転が予想される本馬が無難そうですね。

 

その前走の 秋嶺S (3勝) ですが、好走実績の無い東京ダート1600m での昇級戦という事であえて見送りとしましたが、終わって見ればクラス上位の強豪相手に3着と、ワイドでも結構オッズがついた事を考えると勝負が正解でしたね。

美味しいチャンスを逃してしまいました (涙)

 

今回、福島ダート1700m となりますが、前走強敵相手に見せた先行力と持続力が更に活きる小回りコースなら、ココももう一丁でしょう。

前走も1分35秒3とかなりの好時計をマークしていますが、良馬場の2・3走前のこのクラス当確とも言える速いタイムなら、ココでも好勝負は必至と考えます。

[2-0-1-0] と抜群の相性を誇る石川騎手とのコンビなら、まず馬券圏内は確定でしょう。

 

 

対する相手候補は

f:id:TAKOICHI:20191104182153j:image

引用 : JBISサーチ(JBIS-Search):国内最大級の競馬情報データベース

 

《相手候補》  リワードアンヴァル

通算 3-2-2-3   三浦皇成  騎乗予定   美浦 : 藤原厩舎

 

 

10戦3勝の スマートファルコン 産駒の3歳牡馬です。

 

おそらく1番人気はコチラになりそうですね。

素質的には、2走前の 木古内特別 (1勝) 、前走の 渡島特別 (2勝) ともに2着馬を7馬身ちぎって連勝している様に、昇級のココでも即通用は疑いようの無いところでしょう。

 

問題は約4ヶ月の休み明けとなる点ですね。

芝のデビュー戦の8着はともかく、4ヶ月半の休養明けとなった5走前を2着と落としている様に、本来は叩き良化型のタイプでしょう。

500kg 近い大型馬という事を踏まえると、緒戦から100%の力を発揮出来る状態にあるとは考えにくいですね。

先行馬が数多く揃い、チョット厳しい流れになりそうな展開の方も、休み明けではチョット厳しいかもしれません。

2週前の 御陵S (3勝) で、連勝中の断然1番人気 ゴルトマイスター が呆気なく馬群に沈んでしまった様に、大型馬の休み明けには注意が必要ですね。

 

素質ではココでも最上位の存在も、相手候補の評価が妥当と考えます。

逆にココをあっさりクリアの様なら、来年の今頃はG1で有力候補になっているかもしれませんね。

 

 

こんな感じでしょうか。

 

先行馬が数多く揃い、なかなかの厳しい流れが予想されますが、小回りで直線ほぼ平坦な福島コースということを考え、あえてその先行馬の中から ナムラカメタロー を《今週の狙い馬》に選んでみました。

前走で見せた先行力と持続力なら、厳しい流れの中でも1枚上の力を見せてくれるでしょう。

 

相手候補には、有力馬の中から素質は断然であろう リワードアンヴァル を選んでみました。

コチラは休養明けという事もあり、不動の存在とは言えませんが、その持てる素質であれば、それなりのデキで走って来るかもしれませんね。

無視は出来ない1頭でしょう。

 

 

 

先週の タコイチの《今週の狙い馬》は コチラ

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 でした!

 

では次回は、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。