競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》1頭目!


f:id:TAKOICHI:20191029193202j:image

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 をお届けします!

 

まず1頭目は・・・

 

 

 

東京11R   京王杯2歳ステークス   GⅡ

11月 2日   土曜日

2歳オープン   馬齢   芝1400m   登録14頭f:id:TAKOICHI:20191029193704j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《今週の狙い馬》  タイセイビジョン

通算 1-1-0-0   C.ルメール  騎乗予定   栗東 : 西村厩舎

 

 

2戦1勝の タートルボウル 産駒の3歳牡馬です。

 

快勝したデビュー戦からの200m 距離短縮が、裏目に出てしまった感の強い前走の 函館2歳S (GⅢ) ですが、直線の脚はさすがに際立っていましたね。

直線平坦の小回りコースという事で、内に進路を取り馬群を縫わせた騎乗の手綱捌きも見事でしたが、ソレに応えた本馬の能力もさすがのモノでした。

あと50m もあればかなり際どい勝負になっていたでしょう。

 

今回、デビュー戦を快勝した1400m に距離が戻り、その末脚がさらに活きるであろう直線の長い東京コースと、条件は前走よりかなり好転しますね。

引き続いてのC.ルメール騎手の騎乗なら、普通に考えれば上位は安泰でしょう。

前走で土を付けられた ビアンフェ 逆転の目も十分ですね。

 

問題は仕上がり具合ですね。

陣営からの発表では帰厩の馬体重が510kg と、前走の456kg からなんとなんと約50kg も増えています。

コレを成長分と見るのか、ただただ太いと考えるのか意見が分かれそうですが、50kg となるとさすがに後者でしょうね。

ソレを物語るかの様に栗東坂路で連日の一杯調教と、ビシビシ鍛え上げられていますが、このスパルタ調教でどこまで絞れて、どこまで仕上がるのかがポイントとなりそうです。

 

前走から条件がかなり好転し、能力もココを勝ち切るには十分なモノがありますが、当日の馬体重には注意が必要ではないでしょうか。

 

 

対する相手候補は

f:id:TAKOICHI:20191029220307j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《相手候補》  ヴァルナ

通算 1-0-0-1   C.スミヨン  騎乗予定   栗東 : 寺島厩舎

 

 

2戦1勝の エピファネイア 産駒の2歳牡馬です。

 

相手候補には、その タイセイビジョン の追撃を封じて 函館2歳S (GⅢ) を制した ビアンフェ ではなく、3連勝で 小倉2歳S (GⅢ) を制した マイネルグリッド でもなく、前走 未勝利戦 を勝ったばかりのこの馬を狙いたいと思います。

 

キャリア2戦のレース映像を見返して見ると、本馬はゲートのセンスが抜群にイイですね。

以前にゲートが速い馬として、ワイドファラオビッククインバイオ を取り上げ好走に繋がりましたが、その2頭にも勝るとも劣らないセンスの持ち主でしょう。

2戦ともにトップスタートを決め、楽々と前目のポジションをキープしている様に、Sペースが濃厚と思われるココでは、その先行力は大きな武器となりますね。

 

また、回転の速いピッチ走法から、騎手の仕掛けに瞬時に反応するその鋭い瞬発力も魅力の1つでしょう。

緩い流れから各馬余力を持っての直線勝負が予想されるココ、騎乗の仕掛けにスッと反応出来るか出来ないかでは、結果の方も大違いと思われます。

 

さらに、何と言ってもC.スミヨン騎手ですね。

コレに尽きるでしょう。

前走に続いての福永騎手であれば、そこまで気にはならない存在でしたが、やはり世界のトップジョッキーが騎乗となると話は違いますね。

当騎手が騎乗するだけで2~3割増しは確実でしょう。

 

軸となるとチョット厳しいかもしれませんが、ワイドの相手ぐらいであれば十分にオモシロイと思われます。

 

 

 

先週の タコイチの《今週の狙い馬》は コチラ

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 でした!

 

では次回は、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。