競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》1頭目!


f:id:TAKOICHI:20191022005253j:image

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 をお届けします!

 

まず1頭目は・・・

 

 

 

京都12R   3歳上2勝クラス

10月26日   土曜日

3歳上2勝クラス   定量   ダート1400m   登録頭数不明f:id:TAKOICHI:20191022010357j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《今週の狙い馬》  ラプタス

通算 2-0-0-3   騎乗不明   栗東 : 松永厩舎

 

 

5戦2勝の ディープブリランテ 産駒の3歳セン馬です。

 

しかしまぁ破天荒な馬ですね。

デビューからの芝の3戦ではまったく目が出ず、ダートへ路線変更となった2走前の 未勝利戦 ですが、ゲートで大きく出遅れてしまい、最後方からのスタートとなってしまいましたね。

その後も押せども押せども行き脚が付く事は無く、前の馬には5~6馬身は離されてしまったでしょうか。

普通の馬であればこの時点でジ・エンドですが、タダ者では無い本馬は、残り800m 地点から急にスイッチが入った様に行き脚が付くと、最後の直線かと見間違える様な勢いで馬群の外々を回ってポジションアップし、直線もそのままの勢いで一気に押し切ってしまいましたね。

着差は1/2馬身と僅かながら、インパクト大の初勝利でした。

 

まあ、こんな感じの内容なら、未勝利レベルであればたまに見掛ける内容で、ただただ相手が弱かっただけだろうという事になってしまいがちですが、本馬の末恐ろしい能力が明らかになったのは、続く5ヶ月の去勢手術明けで挑んだ阪神ダート1400m の 1勝クラス で、前走とはうってかわっての好スタートから果敢にハナを切ると、600m 通過33秒9のオープン条件でも超が付く様なHペースを、直線入口で2着の ヒラソール に一旦前に出られながらも、ゴール前て再び差し返し、押し切ってしまいましたね。

当然ながら勝ちタイムも1分23秒0と破格中の破格で、翌日のHペース決着となった 2勝クラス の メイショウヴォルガ の勝ちタイムが1分24秒0だった事を加味すれば、既に 3勝クラス もしくはソレより上の走りを見せたと言っても過言では無いでしょう。

2着の ヒラソール と後続を8馬身突き放しての熾烈な叩き合いで、タイムが伸びたという要因もありますが、それでも5ヶ月の休み明けで、超Hペースでのこの走りは見事の一言ですね。

オープンまでまっしぐらの器だと思われます。

 

今回、叩き2戦目で2走前と同じ京都ダート1400m となりますが、前走の強烈な内容からすれば、普通に考えればアッサリと勝ってしまいますよね。

逆に普通でない匂いがプンプンするのが、本馬の怖いトコロでもあったりしますが、体感的には98.5%ぐらいの確率で勝つだろうと考えています (笑)

 

問題は馬券の買い方で、おそらく単勝1倍台の本馬のオッズで、どう勝利をもぎ取るかが腕の見せ所でしょう。

1倍台後半なら迷わず倍額勝負で単勝ズドンですが、1倍台前半なら馬単で2~3点勝負しょうか。

場合によっては、1~2点で仕留めないといけないかもしれませんね。

まあ軸がコレだけハッキリしているので、馬券の組立はそれほど難しくは無いでしょう。

ギャンブルに絶対は無いと言われますが、その絶対に限りなく近い本馬で、連敗をストップさせたいと思います!

 

 

対する相手候補は

 

コレだけ堅い馬を軸にすると、問題は相手という事になりますが、平場登録とあって相手情報は現時点では一切分かりません。

本馬の登録は専門誌からの情報なので、間違いは無いと思われます。

 

まあ、このクラスであれば、どんな馬が登録しても1着はほぼ本馬でしょうが、そのあまりの強さゆえ回避する陣営が多く、少頭数になってしまうかもしれませんね。

かなり買い目を絞らないといけない可能性はありますが、相手の方は他馬の出馬が決まり次第、ジックリと考えたいと思います。

本馬中心の馬券でキッチリ稼がせて貰いましょう!

 

 

 

先週の タコイチの《今週の狙い馬》は コチラ

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 でした!

 

では次回は、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。