競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の勝負レース】アイビーS!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【今週の勝負レース】土曜日版 をお届けします!

 

 

 

 

東京 9R   アイビーステークス   L

10月19日   土曜日   14:35発走

2歳オープン   別定   芝1800m   出走 8頭

馬場予想 : 重~不良馬場   ペース予想 : S~Mペース

馬番 馬名 重量 騎手
      アマゾーヌ 54     武豊
      クリスティ 54     福永祐一
      ガッツ 55     大野拓弥
      ペリトモレノ 54     杉原誠人
      スリリングドリーム       54     丹内祐次
      フジノロケット 55     石川倭
      ワーケア 55     C.ルメール   
      ショコラブリアン 54     田辺裕信

 

 

あいにくの不良馬場ですね。

レースの時間帯までには多少なり回復しているかもしれませんが、時計の掛かるタフな馬場には間違いないでしょう。

ココまで馬場が悪化してしまうと、元々の馬の能力・素質よりも、道悪馬場への適性・ポジショニングが重要となってきますね。

そのあたりを踏まえて予想してみました。

 

 

 

f:id:TAKOICHI:20191019085920j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

🔘は・・・⑧ショコラブリアン です。

ダイワメジャー 産駒の2歳牝馬です。

 

 

大外の⑧番枠となりましたが、ココまで馬場が悪化してしまうと、泥んこ状態の内枠よりも、確実に走りやすいであろう外枠となった事は結果オーライですね。

包まれる心配も無く、内の先行馬を見ながらのポジショニングが可能な、今日の様な極悪馬場では絶好枠と言ってもイイかもしれません。

 

この枠なら、最内からゲートの速い①アマゾーヌ を行かせての2番手でしょうか。

キレ味の削がれるかなりの道悪馬場という事で、トラックバイアスは前々の馬に有利に働く事は間違いないでしょう。

前走のデビュー戦で見せた先行力が活きる展開になりそうですね。

 

また、500kg を優に超える ダイワメジャー の産駒の巨漢馬という事で、その巨体から繰り出されるパワーには疑い様がありませんね。

初戦では3F33秒5のキレ味も見せましたが、本来はココで想定される様な条件も苦にしない、持続力勝負型のパワータイプだと思われます。

今日の様な極悪馬場も不得意では無いでしょう。

 

追い切りの方も、

10/16  美浦南W  良  助手

68秒6-53秒2-38秒3-11秒9  馬なり

サクラルーフェン (1勝) 一杯の外0.8秒先行0.2秒先着

と、馬なりで4F53秒2からラスト1F11秒9と、余裕残しの前走を叩かれて超抜の動きを見せていますね。

勝ち負けレベルの仕上がりでしょう。

 

仕上がり途上だった初戦を、見せムチだけのノーステッキで楽勝し、ソコを叩かれてのこの抜群の仕上がり、相手はその初戦より数段強くなりますが、時折不可解な騎乗をする田辺騎手のエスコートがまともであれば、強豪を抑えての1着もあるかもしれませんね。

 

 


f:id:TAKOICHI:20191019090237j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

〇 は・・・⑦ワーケア です。

ハーツクライ 産駒の2歳牡馬です。

 

 

対抗はその強豪の本馬としました。

やはり、この馬場が心配ですね。

キレ味を身上としているだけに、その威力が半減するであろうこの不良馬場は明らかにマイナスですね。

走法的には、回転の速い掻き込むようなフットワークで、稍重のデビュー戦で3F33秒2のキレ味を見せた様に、多少の道悪なら問題無いと思われますが、ココまで馬場が悪化してしまうと、さてどうでしょうか。

中団から脚を伸ばすタイプでもあり、先行馬に道悪に適性があるであろう馬が揃った事を考えると、取りこぼす危険性も考えておいた方がイイでしょう。

 

追い切りの方は、

10/16  美浦南W  良  C.ルメール

68秒6-54秒1-40秒2-12秒9  馬なり

ブルースカイハーツ (1勝) 馬なりの内0.5秒追走同入

と、抜群という程ではないものの、相変わらず迫力のある動きを見せていますね。

 

パンパンの良馬場であれば疑う事無しの能力ですが、4ヶ月半の休み明けで今回の不良馬場、チョット心配は尽きませんね。

逆にこの条件でもアッサリ勝ってしまう様だと、一躍クラシック候補は間違いないでしょう。

 

 

この2頭が中心と考えました。

 

かなりの道悪馬場という事で、道悪適性とポジショニングを考えると、⑧ショコラブリアン の優位は間違いないでしょう。

仕上がりもコレ以上は無いと思える程抜群で、ユルユルの仕上がりで初戦を楽勝したその能力に期待します。

 

対抗はやはり⑦ワーケア ですね。

馬場が心配の種ですが、素質だけで何とかしてしまう可能性もありますね。

取りこぼす確率を考えると、今日の馬場で軸にするのは危険かもしれませんが、コレ以下には評価は下げられません。

 

この2頭中心で勝負したいと思います。

 

 

馬券の方は

 

本命⑧ショコラブリアン から、対抗⑦ワーケア への馬連を本線に、押さえとしてゲートが速くハナが確実視され、重馬場でも好走実績のある①アマゾーヌ への馬連を加えた、馬連2点で勝負したいと思います!

⑧ショコラブリアン の走りに期待しましょう!

 

 

 

【買い目】
          馬連                    7 - 8                   4000円         
馬連          1 - 8           1000円
合計金額          5000円

 

 

( 買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります )

 

 

土曜日のイチオシ! 

f:id:TAKOICHI:20191019092334j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

京都11R   室町ステークス

⑤モンペルデュ

Cairo Prince 産駒の3歳牝馬です。

 

 

京都の方は現在重馬場ですね。

この馬場で51kg の軽ハンデはかなり魅力的でしょう。

前走1000m の テレQ杯 (3勝) でも圧倒的なスピードで後続を寄せ付けなかった様に、そのスピード能力は強豪の揃ったオープンでも十分に通用すると思われます。

天性のダッシュ力でハナさえ奪ってしまえば、この馬場と軽ハンデであれば、そう簡単には止まらないでしょう。

本馬の単勝と④ヒロシゲゴールド との馬連がオススメです。

 

 

 

前回の タコイチの【今週の勝負レース】は コチラ

 

 

 

以上、タコイチの【今週の勝負レース】土曜日版 でした!

 

では次回は、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。