競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》2頭目!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けします!

 

では2頭目は・・・

 

 

 

東京10R   テレビ静岡賞

10月13日 (日)

3歳上3勝クラス   ハンデ   ダート1400m   登録22頭f:id:TAKOICHI:20191008214640j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《今週の狙い馬》  サトノギャロス

通算 3-1-0-1   石橋脩  騎乗予定   栗東 : 西園厩舎

 

 

5戦3勝の ヘニーヒューズ 産駒の3歳牡馬です。

 

この距離なら能力全開でしょう。

大外枠でダッシュがつかず、いつもよりかなり後方のポジショニングとなった2走前の 清里特別 (2勝) でも、直線大外から上がり最速の末脚で粘る先行馬をまとめて捉えて勝利した様に、ベストと思われる1200m ~1400m の距離ではパフォーマンスが段違いですね。

明らかに距離が長く、前の馬にはかなり厳しいペースとなった前走の レパードS (GⅢ) でも、6着以下を引き離し先行勢として唯一掲示板をハズさなかったその走りは、自己条件の適性距離に戻れば他を圧倒する可能性が高いと思われます。

ココもかなりの確率で勝ち負けになるでしょう。

 

また、道悪馬場への適性も高く、上記した重馬場の 清里特別 で、レースの上がり3Fを1秒2も上回る3F35秒2の末脚を繰り出し1分23秒0の好時計で勝利した様に、短距離志向が強い ヘニーヒューズ 産駒でスピード色が濃い本馬には、脚抜きの良い馬場での時計勝負こそベストの舞台かもしれません。

台風の影響で馬場悪化が進み、より速さの求められるレースになる様であれば、未勝利 → 500万 と後続を突き放して連勝した圧倒的なスピードで、アッサリもあるかもしれませんね。

 

前走より2.0kg 減の54kg で、スタートさえまともなら、上位は安泰でしょう。

 

 

対する相手候補は、

f:id:TAKOICHI:20191008214739j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《相手候補》  アメリカンファクト

通算 3-7-0-7   武藤雅  騎乗予定   美浦 : 戸田厩舎

 

 

17戦3勝の Speightstown 産駒の4歳牡馬です。

 

相手候補筆頭は、格上挑戦の NST賞 (OP) で素質馬の ストロベリームーン 相手に2着と好走した本馬でしょう。

ハンデ戦という事で、52kg の軽量に恵まれた事は確かですが、1200m で3着の ドリームドルチェ に2馬身の着差は、勝馬さえいなければ圧勝と言っても良い内容で、自己条件に戻れば大威張りの成績ですね。

 

今回、先行有利が顕著な新潟から東京へのコース替わりという事で、脚質的な恩恵は薄まりますが、息の入りやすい1400m への距離延長は、前目のポジションでも溜めれば弾けるスタイルの本馬にはちょうど良い感じですね。

実際に3走前の 1000万戦 で、ココにも出走予定の マイウェイアムール を2馬身以上突き放して1分23秒4の好タイムで勝利した様に、1勝2着3回とこの距離への適性もかなり高く、登録メンバーでは良馬場最速の持ちタイムを有しています。

 

また、オープン条件の1200m でも先行出来るスピード馬という事で、台風の影響で脚抜きの良い馬場が必至と思われる馬場状態の方もむしろプラスと言えるでしょう。

ハナあるいは2番手先行から、直線入口馬なりで後続との差を広げられる様であれば、サトノギャロス 逆転の目もあると考えます。

 

 

この2頭が中心と考えました。

 

台風の影響は避けられず脚抜きの良い馬場が必至という事で、1200m の距離でも通用するスピードを持つこの2頭が中心になるだろうと考えました。

2頭共に上のクラスの厳しいレースでも好走実績があり、脚質も逃げ・先行という事で、そのスピードを遺憾なく発揮出来るレースとなるでしょう。

この2頭の馬連・ワイドでキッチリ稼ぎたいと思います!

 

 

 

タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 は コチラ

 

前回の タコイチの《今週の狙い馬》は コチラ

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 でした!

 

では次回は、【今週の勝負レース】土曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。