競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》2頭目!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けします!

 

では2頭目は・・・

 

 

 

東京11R   毎日王冠   GⅡ

10月 6日 (日)

3歳上オープン   別定   芝1800m   登録10頭f:id:TAKOICHI:20191004014728j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《今週の狙い馬》  ダノンキングリー

通算 3-1-1-0   戸崎奎太  騎乗予定   美浦 : 荻原厩舎

 

 

5戦3勝の ディープインパクト 産駒の3歳牡馬です。

 

神戸新聞杯 (GⅡ) での サートゥルナーリア の驚愕の強さを踏まえれば、ソレとクラシックの舞台で接戦を繰り広げて来た本馬の能力であれば、歴戦の古馬相手のココでも十分に通用すると考えました。

 

また、3歳馬の挑戦という事で、54kg の重量で出走可能な事もかなり有利な条件となりそうですね。

最重量の前走で 安田記念 (GⅠ) を制した インディチャンプ とは4.0kg の重量差になります。

この差は非常に大きいでしょう。

春の時点で 共同通信杯 (GⅢ) を56kg の重量を背負って1分46秒8の好タイムで NHKマイルC (GⅠ) 勝ちの アドマイヤマーズ 相手に快勝したスピードを持ち合わせています。

伸び盛りの成長分と、当時より2.0kg 軽い重量を踏まえれば、十分に勝算が成り立ちますね。

 

さらに、おそらくベストではないかと思われる1800m の距離という舞台設定もイイ感じですね。

短距離中心の母系からすれば、大きく距離適性をハズレている 東京優駿 (GⅠ) でも、2分22秒6の破格のタイムでクビ差の2着と大健闘しました。

絶対能力で距離適性をカバーした感じでしょう。

能力をフルに発揮できるこの距離なら、とんでもない走りを見せる可能性も低くは無いと思います。

 

ある程度前目のポジションから速い上がりを繰り出せる、前が止まらないであろう開幕週の東京コースにはお誂え向きのタイプです。

馬場を味方に強気先行の アエロリット を射程圏に捉えてのレースになると思われますが、条件が揃ったと思われるココならまず2着はハズさないでしょう。

 

 

対する相手候補は、

 

相手となると、開幕週の絶好馬場を味方に押し切りを狙う アエロリット 、前走 その アエロリット を破り 安田記念 (GⅠ) を制した インディチャンプ が有力ですね。

馬場状態と重量を考えると、アエロリット の方が上位の評価でしょうか。

スーパーG2という事で、他にも多士済々のメンバーが揃っていますが、この2頭のどちらかから相手を選ぶのが良さそうですね。

そのあたりはレースまでにジックリ考えたいと思います。

ダノンキングリー の走りに期待しましょう!

 

 

 

タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 は コチラ

 

前回の タコイチの《今週の狙い馬》は コチラ

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 でした!

 

では次回は、【今週の勝負レース】土曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。