競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》1頭目!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 をお届けします!

 

まず1頭目は・・・

 

 

 

東京11R   サウジアラビアRC   GⅢ

10月 5日 (土)

2歳オープン   馬齢   芝1600m   登録 9頭f:id:TAKOICHI:20191003234858j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《今週の狙い馬》  サリオス

通算 1-0-0-0   石橋脩  騎乗予定   美浦 : 堀厩舎

 

 

1戦1勝の ハーツクライ 産駒の2歳牡馬です。

 

現在デビューしている牡馬の中では、おそらく最上位の能力の持ち主でしょう。

 

前走デビュー戦の東京1600m で見せた3F33秒1のキレ味は、この粒揃いの登録メンバーの中に入っても1枚も2枚も上の末脚と考えます。

しかも、持ったままの手応えでノーステッキで一瞬にして突き抜けた訳ですから、その能力は優に重賞級、もしくはG1級の可能性が高そうですね。

結構なメンバーが揃ったココもアッサリ通過ではないでしょうか。

 

今回、開幕週の東京コースという事で、前の止まらない馬場が想定されますが、前走で見せた騎乗の仕掛けに一瞬にして反応する瞬発力があれば、本馬に関しては中団あたりからでも問題は無さそうですね。

トラックバイアスうんぬんを理由にする能力では無いと思われます。

 

D.レーン騎手から石橋騎手への乗り替わりという事で騎乗弱化は否めませんが、安田記念 (GⅠ) で1分30秒9の高速時計がマークされた馬場でのデビュー戦でも、逃げ粘る アブソルティスモ を中団から大外を回っての競馬でまったく相手にしなかった様に、ココも驚愕の末脚でアッサリと決めてくれるでしょう。

 

 

対する相手候補は、

f:id:TAKOICHI:20191003235304j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《相手候補》  クラヴァシュドール

通算 1-0-0-0   藤岡佑介  騎乗予定   栗東 : 中内田厩舎

 

 

1戦1勝の ハーツクライ 産駒の2歳牝馬です。

 

前走の阪神1600m のデビュー戦で、直線3F33秒1の末脚をマークした様に、コチラもその末脚には相当に自信を持っているでしょう。

しかも、勾配のキツい阪神の急坂で、先行3・4番手のある程度前目のポジションからのモノだけに尚更価値がありますね。

直線半ばで前が開けてからようやくエンジンが掛かった様に、チョット反応の鈍さは否めませんが、末脚だけなら サリオス にも劣らないモノを持っている事は間違いないと思われます。

 

また、先行脚質の本馬には開幕週の馬場は大きなプラスとなりますね。

2走目の上積みで反応の鈍さが少しでも解消される様であれば、馬場の恩恵を受け サリオス を脅かす可能性もあるかもしれません。

 

2歳の若駒という事で、関西からの長距離輸送は少し心配ですが、能力的には牡馬相手のココに入っても上位の存在であると思われます。

 

 

この2頭の勝負ではないかと考えました。

 

まぁほぼ サリオス でしょう (笑)

デビュー戦からジックリと間隔を開けてのローテーションで、その末脚と瞬発力の活きる東京のこのレースを狙い打ちと、順風満帆な王道コースですね。

中間の動きも前走並みの動きを見せている様であれば、4ヶ月の休養明けも問題にならないでしょう。

2走目の慣れを見込めば、その能力で圧倒の可能性が高いと予想します。

 

相手には、コチラも末脚自慢の クラヴァシュドール が有力ではないかと考えました。

戸崎騎手騎乗の アブソルティスモ も気になりますが、前走控えたレースで結果を出した事で逃げる可能性は少ないと考えると、同じぐらいの位置からの勝負であれば、末脚で勝る本馬の方を上位に評価しました。

長距離輸送がチョット心配ではありますが、相手候補筆頭は本馬だと思われます。

 

この2頭で勝負したいと思います!

 

 

 

前回の タコイチの《今週の狙い馬》は コチラ

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 でした!

 

では次回は、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。