競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の勝負レース】サフラン賞!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

体調不良により暫くの間ブログ更新をお休みしていましたが、本日より再開したいと思います。

大敗した先週のタコイチの【勝負レース回顧】の方は、時間の都合上、割愛させて頂きます (笑)

 

それでは、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 をお届けします!

 

 

 

 

中山 9R   サフラン賞

9月29日 (日)

2歳1勝クラス   馬齢   芝1600m   出走 9頭

馬場予想 : 良馬場   ペース予想 : S~Mペース

馬番 馬名 重量 騎手
      ミーハディビーナ       54     木幡初也    
      ギルデッドミラー 54     川田将雅
      ラブオナヴィータ 54     吉田豊
      サナチャン 54     武士沢友治    
      マジックキャッスル       54     戸崎圭太
      イズジョーノキセキ 54     岩田康誠
      ビッククインバイオ 54     大野拓弥
      イッツアワターン 54     浜中俊
      マルターズディオサ 54     武豊

 

 


f:id:TAKOICHI:20190928234252j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

◎は・・・⑦ビッククインバイオ です。

キングズベスト 産駒の2歳牝馬です。

 

 

さぁ、ココは本馬から狙ってみましょう。

前走の 新潟2歳S (GⅢ) では、本馬からのワイド勝負で無事馬券的中となった、私にとっては相性のイイ馬ですね (笑)

 

その前走ですが、勝馬の ウーマンズハート 、2着の ペールエール の末脚自慢2頭相手に、キレ味の活きる新潟外回りの舞台で33秒を切るか切らないかの究極のキレ味勝負ではさすがに厳しかったですね。

Sペースの先行という展開利はあったものの、キレる脚を持たない本馬にはチョット直線が長過ぎましたね。

 

今回、舞台は中山コースに替わりますが、レースの上がりが33秒台前半の勝負にはならないであろうこのコースの方が、前走の新潟よりも遥かに適性は高いでしょう。

33秒5の末脚で後続を完封した2走前の東京での 未勝利戦 の内容からすれば、十分に勝ち負け出来る計算が成り立つと考えます。

 

また、器用さの求められる中山1600m の舞台には、レースセンスの非常に高い本馬はぴったりフィットしそうな感じですね。

特筆すべきはそのゲートセンスで、キャリア3戦すべてでトップスタートを切っています。

有力馬にはスタートに心配のある馬が多い中、出遅れなど考えられないこのゲートセンスは大きな武器となるでしょう。

 

更に、本馬の走法は回転の速いパワフルなピッチ走法という事で、中山の直線も苦にしないどころか、むしろ得意なタイプと思われます。

前走を敗れた時点で、次走中山コースであれば狙い目と書きましたが、ココが馬券的にも勝負の1戦でしょう。

 

追い切りの方も、

9/25  美浦坂路  良  大野拓弥

52秒5-38秒2-25秒1-12秒6  強め

と、前走重賞出走の追い切りと比べても遜色無い動きを見せていますね。

この動きなら問題無いでしょう。

 

重賞3着の能力に、トリッキーな中山に適応した抜群のレースセンス、急坂も問題無くこなすであろうピッチ走法であれば、まず2着はハズさないでしょう。

最も信頼出来る軸馬と考えます。

 

ココは本馬中心で間違いないでしょう。

 

人気の②ギルデッドミラー は、タイタンクイーン の産駒という事で素質こそ高いハズですが、前走出遅れた事で中山の②番枠はチョット心配ですね。

まだまだ前の止まらない馬場という事を加味すれば、出遅れは命取りになるかもしれません。

相手評価が妥当でしょう。

 

⑤マジックキャッスル は、前走をノーステッキの圧勝ですが、タイム的にはさほど強調出来るモノでは無く、相手に恵まれた感は否めないですね。

勝ちっぷりこそさすが良血という感じですが・・・。

コチラも相手評価が妥当と考えます。

 

⑨マルターズディオサ はコチラも出遅れが心配ですね。

前走最後方から上がり最速でゴボウ抜きですが、ポッカリと開いた内を突いてのモノで、今回の中山では同じ状況にはなりにくいでしょう。

元々スタートは速い方ではないというで、少頭数ですが中山の大外枠も決してプラスとは言えませんね。

見送りでイイと思います。

 

と、上位人気から消去法で考えても⑦ビッククインバイオ の軸は堅そうな感じですね。

自信を持って勝負したいと思います。

 

 

馬券の方は、

 

本命⑦ビッククインバイオ から、②ギルデッドミラー⑤マジックキャッスル への馬連を本線に、押さえとして前走同じ直線に坂のある阪神で33秒4のキレ味を見せた⑥イズジョーノキセキ への馬連を加えた、馬連3点で勝負したいと思います!

ココ勝負とみて、通常の倍額で勝負です!

 

 

 

【買い目】
          馬連                   2 - 7                 5000円           
馬連         5 - 7         3500円
馬連         6 - 7         1500円
合計金額         10000円

 

 

( 買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります )

 

 

【日曜日 その他の気になる馬】

f:id:TAKOICHI:20190929043741j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

中山11R   スプリンターズステークス   GⅠ

⑦モズスーパーフレア

Speightstown 産駒の4歳牝馬です。

 

 

ただただ行くだけですね (笑)

元々が [3-1-0-0] の中山巧者で、今の止まらない馬場を考えると、本馬の最も得意とする逃げという作戦もぴったりマッチしそうですね。

前走の 北九州記念 (GⅢ) は、控えて良さが出ませんでしたが、ココは⑦番とイイ枠を引いた事もあり、本馬のハナは間違いないでしょう。

 

また、昨晩の うまンchu の取材に騎乗の松若騎手が答えていましたが、3走前の オーシャンS (GⅢ) を勝った時の様に、かなり速いペースでの逃げを考えているみたいですね。

前半3F32秒台を切るか切らないかの速いペースに持ち込み、後続の脚をなし崩しに奪う作戦でしょう。

かつ直線は34秒台の上がりでまとめる訳ですから、後続の馬にはかなり厳しい展開となる事が予想されます。

押し切りの可能性も十分と考えます。

 

叩き2走目で前走で増えた26kg の馬体重が、輸送も含めて10kg 以上絞れている様であれば、ほぼ勝ち負けでしょう。

本馬の単勝と、②ダノンスマッシュ⑧タワーオブロンドン への馬連がオススメです。

 

 

 

f:id:TAKOICHI:20190928234929j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

中山12R   鋸山特別

①グッバイガール

カネヒキリ 産駒の3歳牝馬です。

 

 

コチラもほぼ確勝クラスでしょう。

 

前走の ポプラ特別 (2勝) は、直線で上がり3F36秒9の末脚で後続を突き放しましたが、3番手から飛んで来た サラーブ に交わされてしまいましたね。

まぁコレは相手が悪かったとしか言い様が無いでしょう。

札幌ダート1700m で1分43秒6の走破タイムは、優に2勝クラス圧勝のレベルで、突出した馬のいない今回のメンバーなら中山1800m でも勝ち負けレベルでしょう。

 

また、本馬はゲートの出はソコソコですが、二の脚がなかなか速く、最内①番枠を引いた今回も強かった前2走同様にハナからの競馬になる事はほぼ間違いないと考えます。

淡々とした流れでレースを引っ張り、直線入口で後続を突き放し、力の違いを見せ付けると予想します。

人気になりますが、本馬の単勝がオススメです。

 

 

 

前回の タコイチの【今週の勝負レース】は コチラ

 

 

 

以上、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 でした!

 

では次回は、タコイチの【勝負レース回顧】をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。