競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の勝負レース】芙蓉S!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 をお届けします!

 

 

 

 

中山 8R   芙蓉ステークス

9月22日 (日)

2歳オープン   別定   芝2000m   出走 6頭

馬場予想 : 稍重~良馬場   ペース予想 : S~Mペース

馬番 馬名 重量 騎手
      トランシルヴァニア       54      三浦皇成     
      アルファウェーブ 54      福永祐一
      ルトロヴァイユ 54      吉田豊
      オーソリティ 54      池添謙一
      サペラヴィ 54      石橋脩
      ウインカーネリアン 54      松岡正海

 

 

 


f:id:TAKOICHI:20190922001400j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

◎は・・・③ルトロヴァイユ です。

エピファネイア 産駒の2歳牝馬です。

 

 

レースの時間帯までに雨の影響がさほど無く、たとえ降ったとしても稍重程度までかという事を考えると、本馬の勝ち負けはほぼ間違いないでしょう。

実力的にはかなり人気になってもおかしくはないハズですが、ノーステッキでデビュー戦を快勝した良血馬④オーソリティ の圧倒的人気に上手く隠れている感じですね。

コレは非常に美味しい状況です。

前日土曜日の【今週の勝負レース】を不甲斐ない予想で落としてしまった事もあり、ココはガッツリ勝負と行きましょう!

 

本馬の魅力は何と言ってもその持続力でしょう。

前走の 2歳未勝利戦 で見せた後半5Fを58秒2で楽々と走破したその息の長い末脚は、ココに入っても断然の能力と思われます。

しかもラスト2Fにいたっては、11秒3→11秒2と加速ラップを踏んでの余力残しという内容です。

開幕週の絶好馬場で、1F13秒台が3F続くかなり楽な前半ではありましたが、ソレらを踏まえてもこの後半5Fのタイムは破格中の破格と言って良いでしょう。

馬場・展開の違いはありますが、神戸新聞杯 (GⅡ) に出走する サートゥルナーリア の皐月賞 (GⅠ) でのソレを軽く上回っています。

 

また、今週からCコース替わりの舞台設定もハナに立つであろう本馬にとっては鬼に金棒ですね。

一変した強さを見せた前走とほぼ類似した条件で、③番枠からスンナリ先行なら、ほぼ勝ち負けと考えます。

 

追い切りの方も、

9/19  美浦南P  良  助手

66秒3-51秒6-37秒7-11秒9  馬なり

クロカドッグ (未勝利) 一杯の内1.4秒追走0.1秒先着

と、前走時の追い切りタイムを軽く上回って来ましたね。

2ヶ月振りの前走を叩かれて状態は絶好という感じでしょうか。

 

この条件でこのデキであれば、前半をゆったりとした流れで引っ張り、残り4Fあたりから徐々にエンジンを踏んで行けば、後続はお手上げだと思われます。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190922001604j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

〇は・・・④オーソリティ です。

オルフェーヴル 産駒の2歳牡馬です。

 

 

問題は相手という事になりますが、③ルトロヴァイユ 以外の5頭から1頭選べとなると、やはり本馬になりますね。

 

前走のデビュー戦で後の 札幌2歳S (GⅢ) の覇者 ブラックホール をノーステッキで破った能力はココでも上位の能力だと思われます。

まぁ、ノーステッキと言えどタイム的にはそこまで強調出来る内容では無い事と、ゴール前で ブラックホール に詰め寄られた事で多少評価を落としましたが、③ルトロヴァイユ を除く残り5頭の中ではアタマ1つ抜けた存在でしょうか。

 

また、比較的前目のポジションからレースが可能なスタイルも、先行有利が明白なこの舞台設定ではプラスと言えるでしょう。

函館の洋芝で上がり3F35秒4であれば、この条件では3F34秒台も可能でしょう。

大きく崩れる事は無いと考えます。

 

追い切りの方も、

9/18  美浦南W  良  助手

83秒6-53秒3-39秒3-11秒9  G前仕掛け

ヴァンクールシルク (2勝) 末強目の内0.5秒追走同入

と、デキに関しては文句なしですね。

 

Cコース替わりの絶好馬場で、条件の揃った感のある③ルトロヴァイユ を捕まえる事はチョット厳しいかもしれませんが、まぁ2着以内は安泰でしょう。

 

 

この2頭の勝負と考えました!

 

前走驚愕のラップを披露した③ルトロヴァイユ はかなりの器ではないでしょうか。

敢えて牡馬相手の2000m にぶつけてくるあたり、陣営の自信も相当でしょう。

ココもアッサリがあっても不思議では無いと考えます。

 

相手は④オーソリティ で仕方がないですね。

ある程度前目のポジションから速い上がりを使える優等生的な内から、2着候補筆頭は間違いないでしょう。

前走がノーステッキの快勝という事で、まだ能力の一端しか見せていない魅力もありますね。

 

 

馬券の方は、

 

本命③ルトロヴァイユ の単勝と、対抗④オーソリティ への馬連の2点で勝負したいと思います!

少頭数6頭のレース、コレで十分でしょう。

ココ勝負とみて、通常の倍額で勝負です!

 

 

 

【買い目】
          単勝                   3                5000円        
馬連         3-4                 5000円
合計金額         10000円        

 

 

( 買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります )

 

 

【日曜日 その他の気になる馬】

f:id:TAKOICHI:20190922025853j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

阪神11R   神戸新聞杯   GⅢ

⑥シフルマン

ハービンジャー 産駒の3歳牡馬です。

 

 

Bコース替わりで多少の雨でもまだまだ速いタイムの出そうな馬場を考えると、2強に割って入る可能性があるのは、経験こそないものの血統的には距離に何ら不安無く先行可能な本馬でしょうか。

2強ともに2400m の距離がベストでは無く、ガツガツ来ない前哨戦仕様のレースになると思われる事を加味すれば、一角崩しは十分にあり得ると考えます。

 

また、ハービンジャー の産駒という事で、どちらかと言うとスピードよりスタミナの勝った持続力タイプの馬だと思われます。

あまり向いていないと思われるキレ味勝負で連勝して来ましたが、やや速めのラップを刻める様であれば、持ち前の持続力を発揮する事で更にパフォーマンスを上げる事が可能でしょう。

アッと言わせるシーンもあるかもしれませんね。

 

本馬を含め8頭中6頭が3ヶ月以上の休養明けの1戦です。

馬場・展開からも食い込む余地は十分ではないでしょうか。

 

③サートゥルナーリア⑤ヴェロックス への馬連・ワイドがオススメです。

 

 

 

【今週の勝負レース】土曜日版 は コチラ

 

前回の タコイチの【今週の勝負レース】は コチラ

 

 

 

以上、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 でした!

 

では次回は、タコイチの【勝負レース回顧】をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。