競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》2頭目!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けします!

 

では2頭目は・・・

 

 

 

中山 8R   芙蓉ステークス

9月22日 (日)

2歳オープン   別定   芝2000m   登録 6頭f:id:TAKOICHI:20190919221707j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《今週の狙い馬》  ルトロヴァイユ

通算 1-0-1-0   吉田豊  騎乗予定   美浦 : 竹内厩舎

 

 

2戦1勝の エピファネイア 産駒の2歳牝馬です。

 

コチラのレースも登録頭数が6頭と、ほぼSペースが確定的ですね。

さらに週末の関東地方は断続的に雨が降り続く様な天気予報となっており、道悪馬場でのレースは避けられそうにありません。

この条件であれば、前走の 未勝利戦 で2番手先行から2着の グラスデスティーノ に2 1/2馬身、3着の アッカレッツァーレ には更に5馬身の着差を付けて楽勝した本馬の出番ではないでしょうか。

 

その前走の 未勝利戦 は、バックストレッチで2着馬のマクりに応戦する形となりましたが、必死に追われるその2着馬を尻目に、12秒1→11秒7→11秒3→11秒2と、4F連続の加速ラップで悠々と凌ぎ切りましたね。

勝負が決してからは騎乗も抑えていた事を考えると、ビシッと追われていればラスト1F10秒台もあったかもしれません。

開幕週の絶好馬場ではありましたが、中山の急坂でラスト1Fを抑えての11秒2の時計は、もしかしたらかなりの器のかもしれませんね。

オープンのココでも勝ち負け必至と考えます。

 

今回、再度の中山2000m となりますが、登録メンバーを見渡す限りはハナを主張する馬もおらず、前走同様に本馬のハナが濃厚でしょう。

道悪馬場でSペースが濃厚とくれば、展開は先行するであろう本馬に味方するハズです。

前走で見せた息の長い良質の末脚で、追い上げに苦しむ後続を完封すると想定します。

 

また、肝心の道悪適性ですが、不良馬場で3着だったデビュー戦で騎乗がレース後に『 こういう馬場は下手ではない 』とコメントしている様に、道悪でタフな馬場への適性は高そうですね。

他馬が滑る様な馬場を気にして伸び悩む様であれば、本馬にとってはプラスとなるでしょう。

 

2走目の前走で見せた瞬発力と息の長い末脚は、ココに入っても最上位のモノだと思われます。

加えてSペースで道悪馬場とくれば、勝ち負けはほぼ確定的ではないでしょうか。

 

 

対する相手候補は、

 

登録頭数が僅か6頭のレースなので、必然的に相手は残りの5頭という事になりますが、なんかドングリの背比べ的な感じですね。

ウインカーネリアン 以外の4頭が前走を勝ち上がっての参戦と、どの馬にもチャンスがありそうな雰囲気となっています。

 

中でも前走をノーステッキで快勝した オーソリティ あたりが人気になるでしょうか。

前走2着に破った相手が 札幌2歳S (GⅢ) 覇者の ブラックホール という事で注目を集めそうですが、その札幌2歳S は人気馬2頭が自滅した盆戦の評価が強い事と、ノーステッキと言えどタイム的にはさほど強調できるモノでは無い事を考えると、チョット疑ってかかる必要があるかもしれませんね。

 

まあ、とりあえずは ルトロヴァイユ の軸でイイでしょう。

少頭数の6頭という事で、馬券の選択には悩まされそうですが、馬場の渋化がかなり進む様であれば、本馬の単勝勝負というのもアリかもしれませんね。

ルトロヴァイユ の走りに期待しましょう (笑)

 

 

 

タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 は コチラ

 

前回の タコイチの《今週の狙い馬》は コチラ

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 でした!

 

では次回は、【今週の勝負レース】土曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。