競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》1頭目!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 をお届けします!

 

まず1頭目は・・・

 

 

 

阪神11R   エニフステークス

9月 8日 (土)

3歳上オープン   別定   ダート1400m   登録12頭f:id:TAKOICHI:20190904101248j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《今週の狙い馬》  エアアルマス

通算 4-3-1-4   川田将雅  騎乗予定   栗東 : 池添厩舎

 

 

12戦4勝の Majestic Warrior 産駒の4歳牡馬です。

 

前走の楽勝っぷりを考えれば、まずココも通過点でしょう。

 

その前走の 安芸S (OP) は、初のダート戦という事で序盤は砂を嫌がる素振りも見せましたが、砂を被らない様に外に出されてからはスムーズな追走となり、直線では馬なりで後続を楽々と突き放しての圧勝と、Majestic Warrior 産駒という血統通りのダート適性の高さを見せましたね。

4馬身突き放した2着の アメリカンファクト が、続く NST賞 (OP) でも強敵 ストロベリームーン 相手に2着と好走した事を踏まえれば、ココはアッサリ通過の可能性がかなり高いと思われます。

 

前走に引き続いての阪神ダート1400m という舞台設定もイイ感じですね。

芝のマイル戦で1分32秒台の持ちタイムがある様に、スピード能力はオープンのココでも抜けた存在でしょう。

芝スタートで有利なポジショニングが可能なこの舞台は、ほぼベストの条件と言って良いと思われます。

 

また、現在リーディングトップの川田騎手の継続騎乗というのも大きなプラスとなりますね。

現在の連対率が45.0%という事で、約2回に1回は連対に絡む訳ですから、ココでも頭1つ2つ抜けていると思われる本馬には、鬼に金棒の存在となるでしょう。

 

前走に引き続いての芝スタートの阪神1400m で、包まれる可能性の少ない中~外枠からのスタートなら、ダート2戦目の慣れを見込めばまず負ける事は無いと考えます。

 

 

対する相手候補は、

f:id:TAKOICHI:20190904101735j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《相手候補》  ヴァニラアイス

通算 3-1-2-2   幸英明  騎乗予定   栗東 : 高柳厩舎

 

 

8戦3勝の キンシャサノキセキ 産駒の3歳牝馬です。

 

コチラも人気となりそうですが、相手候補筆頭は最軽量52kg の本馬と考えました。

 

前走の ユニコーンS (GⅢ) こそ4着と敗れ、ダートでは初の馬券圏外となりましたが、重賞で牡馬の強敵相手に800m 通過45秒8の速い流れを2番手先行で大きく崩れなかった事を考えると、能力の高さを見せた上々の内容でしたね。

キンシャサノキセキ の産駒という事で、適性距離はもう少し短いところにある事を踏まえれば、負けて強しの1戦だったと思われます。

 

今回、その前走から200m の距離短縮となりますね。

ダートに限れば1400m 以下の距離では [2-0-1-0] という成績で、3着と敗れた1戦も3ヶ月の休養明けで、かなりの厳しいペースとなった昇竜S (OP) という事を踏まえれば、ほぼパーフェクトな戦績と言って良いでしょう。

本馬もおそらくこの1400m がベストだと思われます。

 

また、前走ほどの速いペースにはならないであろうメンバー構成も有利となりそうですね。

適距離に戻り52kg の軽量でスンナリ2~3番手を追走なら、1着は厳しいかもしれませんが、2着なら十分にアルと考えます。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190904232637j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《相手候補》  ドンフォルティス

通算 4-1-1-7   武豊  騎乗予定   栗東 : 牧浦厩舎

 

 

13戦4勝の ヘニーヒューズ 産駒の4歳牡馬です。

 

今回は初めてブリンカーを装着するみたいですね。

近走はらしくない内容で大きく崩れていますが、コレでピリッとして来る様であれば、かなり怖い存在になりそうです。

 

2歳冬の時点では、ルヴァンスレーヴ と双璧の評価で、将来のダート路線を背負って立つだろうと考えていた本馬ですが、近走は見るも無残な成績となっていますね。

早熟傾向の強い ヘニーヒューズ 産駒という事で、2~3歳春が全盛だった可能性も捨て切れませんが、4走前の 霜月S (OP) で上がり最速の末脚を繰り出しタイム差無しの4着と好走した様に、条件さえ揃えばまだまだヤレると考えます。

 

キャリアから考えてその条件は、

  • 1600m 以下の距離である事。
  • 良馬場もしくはパワーを要する馬場である事。
  • 差しの効きやすい流れである事。

でしょうか。

今回そこまで速い流れは望めませんが、エアアルマス が早めに前を潰しに行く様な展開であれば、本馬の出番もあるかもしれませんね。

 

条件が揃いそうなココ、初ブリンカーで馬自体がピリッとして来る様であれば、実績的には十分に勝ち負け可能な実力馬です。

 

 

この3頭の勝負ではないかと考えました。

 

前走初ダートで馬なり圧勝の エアアルマス の勝ち負けはほぼ間違いでしょう。

焦点は2着争いで、前走からの距離短縮、52kg の軽量で粘り込みを狙う ヴァニラアイス と、条件が揃った感があり、初ブリンカーで一変の可能性がある ドンフォルティス の争いと考えました。

 

エアアルマス を避けた陣営も多いのか、少頭数のレースが濃厚ですね。

波乱要素は少ないと考え、上記3頭でガッツリ勝負したいと思います。

 

 

 

前回の タコイチの《今週の狙い馬》は コチラ

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 でした!

 

では次回は、【今週の勝負レース】土曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。