競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》2頭目!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けします!

 

では2頭目は・・・

 

 

 

新潟 9R   岩室温泉特別

9月 1日 (日)

3歳上2勝クラス   定量   ダート1200m   登録33頭f:id:TAKOICHI:20190828143805j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《今週の狙い馬》  マラードザレコード

通算 2-3-4-8   三浦皇成  騎乗予定   栗東 : 鈴木厩舎

 

 

17戦2勝の Pivotal 産駒の5歳セン馬です。

 

ブリンカーの効果で、持ち前の先行力に磨きのかかった2走前の阪神ダート1400m の6Fの通過タイムが、1分10秒8というかなり速いタイムだった事を踏まえると、圧勝すらあるかと考えていた前走中京ダート1200m の 1勝クラス ですが、2着馬の ヒロシゲグローリー の粘りにはチョット手を焼きましたね。

残り100m 地点で先頭に立ち、そこから後続を2馬身突き放しての完勝ではありましたが、重馬場で1分10秒4のタイムも含め、想像していた強さにはチョット及ばないモノでした。

 

スタート後の行き脚が悪く、そこでスタミナをかなり浪費した事がその原因だと思われますが、キャリアの過去レース映像を調べて見ると、どうやらスタート地点がダートのコース設定はあまり良く無さそうですね。

芝スタートであれば、普通もしくは好スタートから楽に先行しているパターンが目立ちますが、ダートスタートだった3戦は、行き脚がつかずに騎乗の手が盛んに動いての先行となっています。

3戦ともに1200m のスプリント戦という事で、速いスタートが要求された事もありますが、手応えの違いからも芝スタートの方が相性が良いのは間違いないでしょう。

 

今回、新潟ダート1200m という事で、得意であろう芝スタートのレースとなります。

スタートさえ決まれば、良馬場で行われた2走前の6F通過タイムの1分10秒8が示している様に、スピード能力はこのクラスでも1枚上の存在でしょう。

揉まれないポジショニングが可能であれば、勝ち負けは必死と考えます。

 

また、コーナーがキツい上に直線が平坦と、先行有利が顕著な新潟というコース設定もプラスとなりそうですね。

短距離戦ともなれば、先行馬もそう簡単には止まらず、その傾向はさらに増すでしょう。

さらに、秋雨前線の影響で脚抜きが良い馬場が濃厚と、先行からの押し切りを狙う本馬には絶好の条件となりそうですね。

 

この条件であれば、先行激化でかなりのHペースが予想されますが、ココ2走前半3F33秒台のHペースでもキッチリ答えを出している本馬なら、他馬を振り切っての勝ち負けが濃厚と考えます。

 

 

対する相手候補は、

 

軸は マラードザレコード でほぼ決まりですが、この荒れそうな条件でピッタリと来る相手探しとなると、チョット難しいですね。

 

脚抜きの良い馬場で先行有利の新潟コースと考えると、コレも前に行くであろう前走 桑園特別 (2勝) 2着の スズカグラーテ あたりが有力でしょうか。

当条件の良馬場で、1分10秒6という登録メンバー最速のタイムを持っている アルーアキャロル も復調すれば怖い存在でしょう。

登録馬が33頭と多い事もあり、そのあたりは出走メンバー・枠順が決まってから、ゆっくり考える事にしましょう。

 

相手が絞り切れない様であれば、マラードザレコード の単勝1本というのもアリかもしれませんね。

ジックリ考えたいと思います。

 

 

 

タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 は コチラ

 

前回の タコイチの《今週の狙い馬》は コチラ

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 でした!

 

では次回は、【今週の勝負レース】土曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。