競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》2頭目!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けします!

 

では2頭目は・・・

 

 

 

札幌12R   ポプラ特別

8月 4日 (日)

3歳上2勝クラス  牝馬  定量  ダート1700m  出走13頭f:id:TAKOICHI:20190730003050j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《今週の狙い馬》  グッバイガール

通算  2-1-0-4  騎乗未定    美浦 : 杉浦厩舎

 

 

7戦2勝の カネヒキリ 産駒の3歳牝馬です。

 

ココは前走の1勝クラスで一変した強さを見せた本馬から狙ってみましょう。

 

函館ダート1700m で行われたその前走ですが、よほど函館の水が合ったのか、それまでの本馬とは別馬の様な強さでの圧勝でしたね。

どの馬もハナを主張せず、押し出された形で先頭に立ちましたが、道中は800m 通過48秒台中盤の淡々としたペースでレースを引っ張り、直線では出走メンバー最速の末脚で2着の ショウナンマシェリ を3馬身以上突き放しました。

逃げた馬に上がり最速を繰り出されては、後続も成す術がありませんでしたね。

走破タイムも、同日12Rに行われた牡馬混合戦の 駒場特別 (2勝) で、勝馬の ナムラカメタロー がマークした1分44秒3に僅か0.1秒劣るだけの 1分44秒4と、良馬場で記録された1勝クラスのタイムとしては破格と言っても良い時計で、昇級戦のココでもまったく身劣らないスピード能力の持ち主でしょう。

 

今回、札幌にコース替わりとなりますが、道中の起伏がより少ない札幌コースであれば、本馬のスピードが更に活かされる可能性が高くなりますね。

前走の勝ちっぷりから、おそらく今回も逃げる事になると思われますが、前走から変わらずの52kg の重量であれば、そう簡単に止まるとは考えにくく、ほぼほぼ勝ち負けになると考えます。

 

 

対する相手候補は、


f:id:TAKOICHI:20190730003649j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《相手候補》  サラーブ

通算  2-3-1-2  C.ルメール  騎乗予定    美浦 : 木村厩舎

 

 

8戦2勝の ルーラーシップ 産駒の4歳牝馬です。

 

相手候補筆頭はコノ馬で間違いないでしょう。

前走に引き続いてC.ルメール騎手を配して来た事にも、陣営の期待の大きさが窺えますね。

 

その前走の 日野特別 (2勝) ですが、脚抜きの良い馬場での速い流れに苦しんだ感じの追い通しの道中となりましたが、さすが素質馬ゴール前ではキッチリ2着にまで喰い込んで来ましたね。

得意ではないと思われる馬場状態で、かつ3ヶ月半の休養明けだった事を考えると、放牧明けの1戦としては上々のレース内容だったと考えます。

 

今回、叩き2戦目となりますが、前走でかなり速い流れを経験した事で、馬の方もピリッとして来るでしょう。

元々が1400m でもハナを切れる程スピード能力が豊富な馬で、今回想定される速い流れにも対応可能と考えます。

ハナもしくは2番手先行の グッバイガール をぴったりマークなら、展開的には1番有利かもしれませんね。

 

また、芝の長距離重賞を3勝した シャケトラ の半弟という事で、その秘めたる能力に対する陣営の期待も相当でしょう。

 

芝では芽が出ませんでしたが、C.ルメール騎手が騎乗で通算 [1-3-0-0] のダート戦であれば、まず崩れる事はないと考えます。

 

 

こんな感じでしょうか。

 

前走の圧勝で自分のスタイルを見出だした感のある グッバイガール と、ダートでは堅実な走りを続ける素質馬 サラーブ の2頭が中心と考えました。

 

よくよく考えて見ると、最近はダート戦ばかりで勝負している感じですが、芝のレースに比べてペースの緩急が少なく、ほぼ持ち時計通りの決着になりやすいダート戦の方が的中率が高いという事は、あながち間違いではないでしょう。

夏競馬の期間中は、しばらくこんな感じで行きたいと思います。

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 でした!

 

では次回は、【今週の勝負レース】土曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。