競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》1頭目!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 をお届けします!

 

まず1頭目は・・・

 

 

 

新潟12R    3歳上1勝クラス

7月27日 (土)

3歳上1勝クラス  定量  芝1600m  出走16頭f:id:TAKOICHI:20190725230816j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《今週の狙い馬》  グレイテスト

通算  1-4-2-2  三浦皇成  騎乗予定    美浦 : 武市厩舎

 

 

9戦1勝の クロフネ 産駒の3歳牝馬です。

 

梅雨明けの好天で開幕週の絶好馬場が見込まれるココが本馬の狙い目でしょう。

前々走の東京1勝クラス、前走の福島 織姫賞 (1勝) と、雨の影響が残る馬場で3着と好走しましたが、やはり本馬は3走前の東京 未勝利戦 の1分33秒3の好時計で圧勝が示す様に、軽くて速い時計の出る馬場でこそのタイプでしょう。

 

その3走前の 未勝利戦 ですが、軽く促してハナを奪い切ると、800m 通過46秒2の速いペースでレースを引っ張り、直線では出走メンバー3位タイの末脚で後続を5馬身突き放しました。

勝ちタイムの1分33秒3も、抜け出してからはビッシリと追わず余力残しでマークしたタイムとすれば、3レース後に行われた 3歳500万戦 で勝馬の ブレイブメジャー がマークした1分32秒9に匹敵する好タイムですね。

本馬も1勝クラスであれば、まず勝ち負けでしょう。

 

今回、開幕週の新潟コースという事で、その 未勝利戦 同様に速いタイムでの決着が予想されます。

あまり溜めてもキレるタイプではないので、チョット速めのSペースか、チョット遅めのMペースぐらいでの逃げになると思われますが、開幕週のパンパンの絶好馬場で単騎逃げが濃厚で、前走に引き続いての52kg であれば、そう簡単には止まらないでしょう。

長い直線が控えている事を考えれば、他馬からのプレッシャーも少ないと思われます。

 

ベストと思われるマイルの距離で、絶好馬場を味方にしての軽量52kg の逃げであれば、ほぼ勝ち負けでしょう。

 

 

対する相手候補は、


f:id:TAKOICHI:20190725233311j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《相手候補》  オメガドーヴィル

通算  1-0-0-3  武藤雅  騎乗予定    美浦 : 高柳厩舎

 

 

4戦1勝の キングカメハメハ 産駒の3歳牝馬です。

 

相手候補筆頭は、前走の東京1400m の 未勝利戦 で、レースの上がり3Fを1.1秒も上回るブッチギリの末脚で、後方一気を鮮やかに決めた本馬と考えました。

 

その前走の 未勝利戦 ですが、800m 通過47秒7のSペースと、決して展開が向いた訳ではありませんが、最後方で脚を溜めるだけ溜めるスタイルがハマったんでしょうか、3F33秒1の目の覚める様な末脚を繰り出しましたね。

直線は大外から、2番手先行で粘る2着馬の マーヴェラスクイン を並ぶ間もなく交わし、1 3/4馬身突き放しました。

 

今回、直線の長い新潟コースに替わる事で、この末脚にさらに磨きが掛かるでしょう。

開幕週のトラックバイアスは前の馬に味方しますが、グレイテスト が引っ張るチョット速めの流れなら、直線勝負でも展開的に不足はないと考えます。

 

また、前走より2.0kg 軽い51kg の軽量で出走可能な事も、大きな強みとなるでしょう。

長い直線の末脚勝負に賭けて、道中はジックリと末脚温存なら、オモシロイ存在になると考えます。

 

 

こんな感じでしょうか。

 

開幕週のセオリーでもある前に行く馬から グレイテスト を、長い直線の新潟のセオリーからキレる脚を使える オメガドーヴィル を取り上げてみました。

16頭の多頭数という事で、他にも上位に絡んで来そうな馬も見受けられますが、とりあえずはこの2頭が中心でしょうか。

自分でレースを作る事が可能で、かつ不利を受ける可能性の少ない グレイテスト の方が信頼度は高そうですね。

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 でした!

 

では次回は、【今週の勝負レース】土曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。