競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》2頭目!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けします!

 

では2頭目は・・・

 

 

 

中京 2R   2歳未勝利

7月20日 (日)

2歳未勝利  馬齢  ダート1200m  出走13頭f:id:TAKOICHI:20190718185643j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《今週の狙い馬》  ファルーク

通算  0-0-1-0  松山弘平  騎乗予定    栗東 : 池添厩舎

 

 

1戦0勝の ダイワメジャー 産駒の2歳牡馬です。

 

中京2Rという事でチョット早い時間帯になりますが、ココは距離短縮・ダート替わりで一変するハズの本馬で、キッチリ儲けさせて貰いましょう。

 

前走の中京芝1600m で行われた 新馬戦 は、大外枠から好スタートを決め、ハナを奪ってレースを引っ張りましたが、ゴール前で勝馬の ラインベック 、2着の アージオン の両人気馬に交わされ、3着と敗れてしまいましたね。

600m 通過39秒0の超の付くSペースでの単騎逃げで、ゴールまで粘り切れなかった事には多少の不満が残りますが、自身3F34秒2の末脚で4着以降に5馬身の決定的な着差を付けた事を考えると、Sペースの瞬発力勝負で上位2頭の末脚ににキレ負けした感じでしょう。

もう少し速いペースで引っ張っていれば、結果は変わっていたかもしれませんね。

 

今回、ダートに矛先を向け距離も400m 短縮の1200m への出走となりますが、この選択が大正解になると考えます。

芝ではチョット甘かった部分を、本来適性が高いであろうダート替わりで補えると考えました。

 

その理由として、まずは本馬の走るフォームですね。

前肢を叩きつける様なフォームで脚の回転が速く、いかにもタフな馬場が向きそうなピッチ走法ですね。

走法的に芝でのスピード勝負ではチョット厳しいかもしれませんが、パワーを必要とし時計の掛かるダートはピッタリでしょう。

 

また、前走の直線で4コーナーの絶好の手応えの割には、残り200m 付近から徐々にスピードが鈍った事を考えると、この距離短縮もプラスになると思われます。

血統的にも母 ウインファンタジア が1200m でしか勝ち上がれなかった事を踏まえれば、本馬の距離適性もソレに近いと考えるのが正解でしょう。

 

更に、芝で勝ち上がれなかった オルフェーヴル 産駒の半姉 フォークアート が、ダート替わり初戦で一変し楽勝した事も、本馬好走への後押しとなるでしょう。

走る姿も本馬と良く似たピッチ走法で、この兄弟姉妹には母父 ヘネシー の血が色濃く現れているモノと思われます。

本馬もダート替わり初戦のココこそ狙い目と考えます。

 

 

対する相手候補は、

 

ココが難しいですね (笑)

《今週の狙い馬》の ファルーク 以外の他馬の前走は、すべて勝馬から1.0秒以上離されての敗戦と、相手にはどの馬が来てもおかしくはない出走メンバーとなっています。

ファルーク の単勝オッズが2.5倍以上になる様であれば、迷わずに本馬の単勝1本勝負ですが、チョット微妙な感じでしょうか。

 

とりあえずは本馬の単勝勝負を軸に、オッズが下がり過ぎる様であれば、他の馬との馬単勝負という事にしましょう。

相手候補は、その時までにジックリと考えておきます (笑)

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 でした!

 

では次回は、【今週の勝負レース】土曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。