競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の勝負レース】渡島特別!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 をお届けします!

 

 

 

 

函館12R   渡島特別

7月14日 (日)

3歳上2勝クラス  定量  ダート1700m  出走12頭

馬場予想 : 良~稍重馬場   ペース予想 : Mペース

馬番 馬名 馬齢 重量 騎手
ダンケシェーン 牡4 57 横山和生
タイキダイヤモンド 牡5 57 菅原明良
セイリスペクト 牡4 57 国分恭介
キタサンタイドー 牡4 57 吉田隼人
メイショウイッポン 牡5 57 柴山雄一
テイエムグッドマン 牡5 57 四位洋文
レンブランサ 牝4 55 勝浦正樹
リワードアンヴァル 牡3 54 武豊
プティットクール 牝5 55 古川吉洋
10 レコンキスタ 牡5 57 斎藤新
11 フォルツァエフ 牡4 57 荻野極
12 キングラディウス 牡6 57 丹内祐次

 

 

 


f:id:TAKOICHI:20190713161216j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

◎は・・・⑧リワードアンヴァル です。

スマートファルコン 産駒の3歳牡馬です。

 

 

うまナビ!イレブンで日刊競馬の中西解説者が勝負レースGPで本馬を指名していましたね (笑)

まぁかなり高い確率で的中すると思われますが、圧倒的な人気が予想されるので、単勝・複勝では旨味が少ないでしょう (笑)

最終的には単勝1.1~1.3倍、複勝は1.1倍ぐらいでしょうか。

私がお金持ちであれば、迷わず本馬の単勝にドンッと勝負ですが・・・(笑)

 

チョット話がそれてしまいましたが、ココは本馬の軸で間違いないでしょう。

前走の 木古内特別 (1勝) の勝ちタイム1分44秒0は、重馬場の記録としてはそれほど特筆すべきモノではありませんが、上がり3F35秒8は桁違いに速いですね。

好スタートから終始抜群の手応えでレースを引っ張り、直線馬なりの手応えでこの上がりを繰り出されては後続もお手上げだったでしょう。

その圧倒的なレース内容は条件クラスのモノではなく、まだまだ上のクラスを目指せる素材だと思われます。

ココもまず通過点でしょう。

 

今回、⑧番枠とチョット外目の枠となりましたが、キャリア9戦のほとんどでトップスタートを切っている様に、そのスタートセンスは抜群ですね。

二の脚もソコソコ速く、自身より内にハナに固執する馬がいないココは、アッサリとハナの手になるでしょう。

先々の事を考えると、控えてのレースになる可能性も否めませんが、騎乗にダートの逃げ・先行では圧倒的な巧さを誇る武騎手を迎えた事で、どの様なポジショニングであろうと、その力の違いを見せ付けると考えます。

 

追い切りの方も、

7/11  函館W  良  的場勇人

67秒5-52秒7-38秒9-13秒3  馬なり

と、前走の追い切りタイムを5Fで2.0秒縮めて来ましたね。

大トビで豪快な伸び脚を見せ、状態はすこぶる順調の様です。

この仕上がりであれば、まず負ける事は無いでしょう。

 

脚抜きの良い馬場の可能性も残る事も加味すれば、圧倒的人気になろうと本馬からの勝負が賢明ですね。

かなり高い確率で1着濃厚と考えます。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190713161400j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

〇は・・・⑥テイエムグッドマン です。

アグネスデジタル 産駒の5歳牡馬です。

 

 

このレースの焦点は⑧リワードアンヴァル の相手にどの馬を持って来るかですね。

武騎手騎乗で、おそらく速いペースの逃げに持ち込むであろう⑧リワードアンヴァル の相手は、前からのポジションの馬では苦しいでしょう。

展開的に考えても、中団からの競馬で堅実な成績を残している本馬を相手筆頭と考えました。

 

前走の 津軽海峡特別 (2勝) は、終始外々を回るロスがありながら、直線では上位との差を詰めての3着と、このクラスでも勝ち負け可能な能力を示しましたね。

中団からのレースが濃厚な本馬にとって、好枠と言える⑥番枠を引いた今回は、前走3着より前進は必至でしょう。

 

また、武騎手騎乗の⑧リワードアンヴァル が強気で引っ張るであろうチョット速めのペースも、1400m で好走を繰り返して来た本馬には苦しいペースではないでしょう。

1700でも勝ち負けになる持続力、1400m でも好走可能なスピードを合わせ持つ本馬向きの展開になると予想します。

 

追い切りの方も、

7/10  函館W  良  助手

68秒4-54秒2-40秒1-13秒2  一杯

と、躍動感溢れる力強い動きを見せています。

元々が叩き良化型で2ヶ月振りの前走を叩かれた効果は大きいでしょう。

 

ココ通過点と思われる⑧リワードアンヴァル を負かすとなるとチョット厳しい感じですが、従来の様に中団から末脚を伸ばすスタイルであれば、上位争いは必至と考えます。

 

 

この2頭が中心と考えました!

 

現在単勝1.3倍の⑧リワードアンヴァル は、余程の事がない限りココは通過点でしょう。

武騎手を配して来た事に、陣営サイドの意気込みも感じられますね。

相手には、距離・ペース・展開が向くであろう⑥テイエムグッドマン と考えました。

強気に⑧リワードアンヴァル を潰しに行く様なレースだと、チョット危ないかもしれませんが、着を拾いに行く競馬であれば、追える四位騎手を背に2着の最有力候補でしょう。

本馬の好走に期待します。

 

 

馬券の方は、

 

本命⑧リワードアンヴァル から、⑥テイエムグッドマン への馬単1点で勝負したいと思います!

水曜日の ジャパンDダービー (JpnⅠ) を落としてしまった事で、ココは負けられない1戦となりました。

キッチリ仕留めましょう!

 

 

 

【買い目】
     馬単          8→6           5000円     
合計金額      5000円

 

 

(買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります)

 

 

【日曜日 その他の気になる馬】


f:id:TAKOICHI:20190714011941j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

中京11R   名鉄杯   L

④マイネルクラース

ステイゴールド 産駒の5歳牡馬です。

 

 

前走の 灘S (3勝) がやたら強かったですね。

稍重馬場の先行策で止まらない馬場が味方した事も確かですが、3ヶ月半の休養明けで苦手と思われていたスピード決着の中、2着の ストーミーバローズ に6馬身差の圧勝は、ココに来て一皮剥けた印象でしょうか。

今回、中京にコース替わりとなりますが、3勝の左回りにかなり脚抜きの良い馬場と、前走の強さが本物ならもう一丁の可能性が高い条件となります。

 

また、2400m の距離でも後方からの差し切り実績がある様に、スタミナに裏付けされた息の長い良質な末脚の持ち主です。

厳しいペースになったとしても、そう簡単には崩れないタイプでしょう。

前走の圧勝で自分のスタイルを見つけた感のあるココは、狙う価値十分じゃないでしょうか。

 

追い切りの方も、

7/3  美浦坂路  稍重  助手

54秒9-39秒4-25秒4-12秒4  一杯

と、今週の時計の掛かるコンディションの美浦坂路で、この時計であれば上等でしょう。

力強いフットワークで迫力満点と、久々の前走を叩かれた上積みも見込めるハズです。

 

おそらく実績上位の①スマハマ が1番人気になりそうですが、順調度・勢いでは本馬が上回るでしょう。

重量も前走より1.0kg 軽くなる事を加味すれば、内枠から前走同様のレースが可能なら、ココも勝ち負けになっても不思議ではないハズです。

本馬の単勝がオススメです。

 

 

 

以上、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 でした!

 

では次回は、タコイチの【勝負レース回顧】をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。