競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の勝負レース】JDD!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【今週の勝負レース】水曜日版 をお届けします!

 

 

 

 

大井11R   ジャパンダートダービー   JpnⅠ

7月10日 (水)

3歳オープン  定量  ダート2000m  出走14頭

馬場予想 : 良~稍重馬場   ペース予想 : M~Hペース

馬番 馬名 馬齢 重量 騎手
グリードパルフェ 牡3 56 笹川翼
ヒカリオーソ 牡3 56 山崎誠士
ロードグラディオ 牡3 56 M.デムーロ
ミューチャリー 牡3 56 御神本訓史
デルマルーヴル 牡3 56 戸崎圭太
トイガー 牡3 56 宮崎北斗
ホワイトヘッド 牡3 56 本橋孝太
サクセッサー 牡3 56 石崎駿
メスキータ 牡3 56 松山弘平
10 デアフルーグ 牡3 56 津村明秀
11 ドウドウキリシマ 牡3 56 真島大輔
12 クリソベリル 牡3 56 川田将雅
13 ウィンターフェル 牡3 56 森泰斗
14 ナンヨーオボロヅキ 牝3 54 赤岡修次

 

 

 


f:id:TAKOICHI:20190709200213j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

◎は・・・⑫クリソベリル です。

ゴールドアリュール 産駒の3歳牡馬です。

兵庫CS (JpnⅡ) の勝馬です。

 

 

ココは本馬で決まりでしょう。

血統・能力・実績ともにココでは最上位の存在ですね。

3戦全勝という戦績もさる事ながら、そのすべてが圧勝で前走の 兵庫CS にいたってはコースタイレコードで勝利と、非の打ち所がありません。

 

また、ダート種牡馬の中ではスピード寄りの産駒が多い ゴールドアリュール の産駒で、脚抜きの良い馬場では更に信頼性が高くなりますね。

脚質も先行・差し自在で、2000m という距離も兄弟の実績から考えるとドンピシャの条件でしょう。

騎乗も2戦2勝の好相性の川田騎手であれば、何ら不安はありません。

 

負ける可能性があるならば、内で揉まれ行き場を失った場合かと考えていましたが、外枠の⑫番枠とその心配の無いイイ枠も引きました。

多少の距離ロスがあろうと、能力で捩じ伏せると予想します。

 

追い切りの方も、

7/6  栗東坂路  重  助手

52秒3-37秒7-24秒6-12秒1  一杯 

レッドラウダ (3勝) 馬なりを0.2秒追走アタマ先着

と、手応えでは僚馬に見劣りましたが、この全体タイムでラスト1F12秒1であれば、問題ありませんね。

能力通りの走りを見せてくれるでしょう。

 

4戦全勝で3歳ダート王が濃厚と考えます。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190709200601j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

〇は・・・⑩デアフルーグ です。

ベーカバド 産駒の3歳牡馬です。

 

 

自身の好走条件とは真逆の条件となった前走の ユニコーンS (GⅢ) をノーカウントの1戦とするならば、好転条件の多いココは確実に巻き返さなくてはいけない1戦ですね。

 

その前走の ユニコーンS は重馬場からのHペースの流れと、中距離パワータイプの本馬には厳しい条件となり、1番人気7着と期待を裏切ってしまいましたが、今回舞台は大井の2000m と、中距離パワータイプの本馬にピッタリの条件となりますね。

地方の重い砂質への適性は未経験なので何とも言えませんが、パワーを要す中山コースで3戦3勝であれば、不得意という事はないでしょう。

 

今回この枠であれば、外から先行するであろう⑫クリソベリル を射程圏に捉えてのポジションでしょうか。

4角先頭が必勝パターンの⑫クリソベリル が早めに前を潰しに行くなら、展開はソレより後ろの馬に向くでしょう。

逆に、長い直線を踏まえワンテンポ遅らせての直線からの仕掛けなら、前の馬にもチャンスが出て来ますが、脚抜きの良い馬場という事を考えれば、前者の確率の方が高そうですね。

展開は本馬に向くと考えます。

 

追い切りの方も、

7/3  美浦南P  良  津村明秀

67秒4-52秒6-38秒7-11秒8  馬なり

ネオファルコン (1勝) 馬なりの内1.4秒追走同入

と、抜群という感じではありませんが、順調さを窺える内容ですね。

 

前走の敗戦でかなり評価を落としていますが、得意の条件である中距離のパワー勝負であれば、圧倒的人気の⑫クリソベリル 相手でも、イイ勝負になるかもしれません。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190709200945j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

▲は・・・④ミューチャリー です。

パイロ 産駒の3歳牡馬です。

 

 

一発の魅力なら本馬でしょうか。

 

前走の 東京ダービー (重賞) では、ココにも出走する勝馬の②ヒカリオーソ から2馬身差の2着と敗れてしまいましたが、14秒台近くのラップが2F連続で計測される様な超Sペースな流れを、後方10番手からの競馬ではさすがに厳しかったですね。

展開のアヤで敗れましたが、決して力負けではないでしょう。

 

また、パイロ 産駒という事で、2000m の距離が心配されていますが、大井1800m の前々走の 羽田盃 (重賞) で、上がり3F36秒9の驚愕の末脚で後続を5馬身ちぎった内容は、距離がギリギリの馬では到底不可能なレース内容ですね。

1分53秒5の破格のタイムが示す様に、母方の ブライアンズタイム から良質のスタミナを受け継いでいると考えます。

この距離でも何ら問題無く、要は展開ひとつと思われます。

逆に有力とされるJRA勢が、大井の馬場で3歳のこの時期に1分53秒5というタイムを軽々とマーク出来るのかと考えると、ペース次第によっては⑫クリソベリル に迫るシーンもあるかもしれませんね。

 

タイプ的にはHペースの差し馬という事で、JRA勢が引っ張る今回の速くなりそうな流れは大歓迎でしょう。

内枠④番からのレースとなりますが、圧勝した5走前の 鎌倉記念 (重賞) 、2走前の 羽田盃 は、道中内ラチ沿いで脚を溜め、直線で外に出しての末脚爆発というレースでした。

ココも同様に内ラチぴったりで脚を溜め、直線でその末脚に賭ける作戦になると思われます。

 

中団から末脚を伸ばすタイプという事で、脚抜きの良い馬場は決してプラスとは思えませんが、それを補って余りある末脚を持っている事は間違い無いでしょう。

ペース次第によってはかなり面白い存在だと考えます。

 

 

この3頭の勝負と考えました!

 

圧倒的な人気に支持されている様に、無敗の⑫クリソベリル が3歳ダート王に1番近い事は間違いないでしょう。

先行策からの横綱相撲で他馬を捩じ伏せると予想します。

相手には、ソレより後方で虎視眈々の逆転を狙う⑩デアフルーグ と、内で脚を溜めて直線に賭ける④ミューチャリー の2頭と考えました。

厳しい展開でも能力を見せ付ける⑫クリソベリル に、展開利でコレを追う⑩デアフルーグ④ミューチャリー の戦いと想定します。

 

 

馬券の方は、

 

本命⑫クリソベリル から、⑩デアフルーグ④ミューチャリー への馬単2点で勝負したいと思います!

 

ブログ開設から1勝13敗と、まったく勝負になっていない地方競馬ですが、唯一の1勝が去年の当レースなんですよね。

苦手な地方競馬の相性の良い JDD と、イイか悪いか良く分かりませんが、とりあえずはこの馬単2点で勝負したいと思います!

 

 

 

【買い目】
     馬単           12→10           3500円     
馬単      12→4      1500円
合計金額      5000円

 

 

(買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります)

 

 

以上、タコイチの【今週の勝負レース】水曜日版 でした!

 

では次回は、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。