競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の勝負レース】檜山特別!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 をお届けします!

 

 

 

 

函館10R   檜山特別

6月30日 (日)

3歳上2勝クラス  ハンデ  ダート1700m  出走14頭

馬場予想 : 稍重~重馬場   ペース予想 : M~Hペース

馬番 馬名 馬齢 重量 騎手
サンローレンス 牝4 51 古川吉洋
プリエンプト 牝5 51 菅原明良
パイロキネシスト 牡7 55 藤岡佑介
カレンジラソーレ 牡6 54 富田暁
メイクハッピー 牝3 51 大野拓弥
セイリスペクト 牡4 54 国分恭介
マーガレットスカイ 牝4 52 横山武史
キングラディウス 牡6 51 原田和真
メイショウイッポン 牡5 54 柴山雄一
10 トニーファイブ セ4 53 岩田康誠
11 クーリュ 牝5 52 横山和生
12 リヴァイバル 牝6 51 菱田裕二
13 フクノグリュック 牡7 51 丹内祐次
14 メイショウテンシャ 牡5 55 池添謙一

 

 

 


f:id:TAKOICHI:20190630101507j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

◎は・・・⑤メイクハッピー です。

Square Eddie 産駒の3歳牝馬です。

 

 

単勝2.0倍を切るか切らないか微妙な感じですね (笑)

まぁ、それだけ競馬ファンに支持されているという事ですから、馬券の中心は本馬で間違い無さそうですね。

ココは本馬の単勝で勝負したいと思います。

 

この枠なら外の⑥セイリスペクト を行かせての2番手先行でしょうか。

小回りで直線の短い函館コースで、更に脚抜きの良い馬場という事を考えると、あまり後ろには下げれないでしょう。

前走の 青竜S (OP) の800通過 47秒9の速い流れでも楽々と先行可能なスピードと、最軽量の51kg の重量を踏まえれば、そのポジショニングも難しくはないでしょう。

 

タイム的にも机上の計算にはなりますが、前走の走破タイムの1分37秒1のタイムから考えると、少なくとも1分44秒台で走る事は可能でしょう。

直線平坦な馬場、51kg の軽量、脚抜きの良い馬場への条件替わりを考えると、43秒台を切って来るかもしれませんね。

2勝クラスでこのタイムなら、後続はちぎれるでしょう。

本馬の勝利はほぼ間違いないとがます。

 

追い切りの方も、

6/16  美浦南W  不  助手

68秒8-52秒7-38秒5-12秒4  馬なり 

と、順調な動きを見せていますね。

3ヶ月の休養明けを叩かれた上積みは確実でしょう。

 

初の長距離輸送と右回りに戸惑う事が無ければ、前走好騎乗の大野騎手の継続騎乗で、ココは通過点と考えます。

 

 

馬券の方は、

 

本命⑤メイクハッピー の単勝1本で勝負したいと思います!

前日土曜日の【今週の勝負レース】を落としてしまったので、ココは確実に取りに行きましょう!

 

ココ勝負と見て、通常の倍額で勝負です!

 

 

 

【買い目】
     単勝             5             10000円     
合計金額      10000円

 

 

(買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります)

 

 

【日曜日 その他の気になる馬】


f:id:TAKOICHI:20190630102202j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

福島11R   ラジオNIKKEI賞   GⅢ

②マイネルサーパス

アイルハヴアナザー 産駒の3歳牡馬です。

 

 

確かに展開は向いたものの、大外から追い出しを待つ余裕すらあったレコード勝ちの きんもくせい特別 (500) に魅了され、幾度と無く当コラムで取り上げている本馬ですが、悪天候の為に順延となった プリンシパルS (OP)・距離が明らかに長かった 東京優駿 (GⅠ) 、どちらのレースも軽い馬場からの高速決着と、まるで出番の無い条件だった事を踏まえると、不良馬場からの速いペースでズブズブの持続力勝負となりそうなココが狙い目でしょう。

芝・ダート兼用でパワー豊富な アイルハヴアナザー 産駒で、稍重の中山コースでも好走実績がある様に、こんな馬場も得意とは言えないまでも苦手ではないと思われます。

他馬が馬場を気にして伸び悩む様であれば、本馬にとってプラスとなりますね。

 

また、距離もベストと思われる1800m に戻る事も間違いなくプラスでしょう。

余裕綽々で勝った きんもくせい特別 では、ココにも出走する③ダディーズマインド⑤ディキシーナイト をまったく問題にせず、きさらぎ賞 (GⅢ) 勝ちで NHKマイルC (GⅠ) 4着の ダノンチェイサー も破っています。

54kg のハンデはかなり恵まれましたね。

 

今回もその きんもくせい特別 同様に、道中は後方追走から、直線大外ブン回しの荒々しい競馬になると思われますが、不良馬場でのズブズブの持続力勝負が濃厚で、且つハンデ戦で何が来るか分からないココは、中途半端よりも一か八かのスタイルの方が良さそうですね。

 

叩き3走目で得意と思われる距離と条件、恵まれた54kg のハンデなら、潜在能力を考えれば一発の可能性は十分にあります。

本馬から幅広い馬連流しがオススメです。

 

 

 

以上、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 でした!

 

では次回は、タコイチの【勝負レース回顧】をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。