競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》1頭目!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 をお届けします!

 

まず1頭目は・・・

 

 

 

阪神11R    天保山ステークス

6月 8日 (土)

3歳上オープン  別定  ダート1400m  登録19頭f:id:TAKOICHI:20190604204501j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《今週の狙い馬》  ヴェンジェンス

通算  5-6-3-7  幸英明  騎乗予定    栗東 : 大根田厩舎

 

 

21戦5勝の カジノドライヴ 産駒の6歳牡馬です。

 

前走 ポラリスS (OP) で待望のオープン初勝利となった本馬ですが、好走条件が割りとハッキリしているタイプですね。

今回、その条件にピッタリ当てはまる可能性があります。

確率の問題になりますが、もしその条件に当てはまるなら、是非狙ってみたい1頭です。

 

その条件とは・・・、

 

   ①阪神コースである事。

基本が差し・追い込みの脚質という事で、やはり直線の坂で先行勢が止まりやすい阪神コースを得意としています。

キャリア21戦 [5-6-3-7] に対し、阪神コースは [4-2-0-3] と、4着以下だった3戦のうち2戦も、1年7ヶ月の休養明けの1戦だった 500万戦 と、包まれて動くに動けなかった 妙見山特別 (1000) と、明確な敗因があります。

前走の ポラリスS 勝利から1開催待ってのココへの出走には納得ですね。

 

   ②中~外枠である事。

元々安定感のあるタイプですが、1~3枠からの出走だと [0-3-2-4] に対し、4~8枠からでは [5-3-1-3] と、好走率が格段にUPしますね。

中団からのレースになる事が大半ですが、3コーナー手前からの捲り気味の進出を勝ちパターンとしている馬なので、道中自由に動ける中~外枠が向いているという事でしょう。

外枠なら更に良しです。

 

この2つの条件が重なった場合は [4-1-0-1] となり、4着以下の1戦も上記した 妙見山特別 ですから、ほぼパーフェクトの成績と言えるでしょう。

 

今週末はあいにくの雨模様の予報ですが、稍重以上の道悪のレースでも [3-2-1-3] の安定感を誇り、6走前の 大阪スポーツ杯 (1000) では、圧倒的人気の コパノキッキング を外から捩じ伏せ、1分21秒6の好時計で快勝した実績もあります。

割引くどころかむしろプラスになるかもしれませんね。

 

あとは枠順次第となりますが、中~外枠なら勝負、内枠なら見送りという感じでイイんじゃないでしょうか。

 

 

対する相手候補は、


f:id:TAKOICHI:20190604205421j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《相手候補》  ファッショニスタ

通算  5-6-1-2  川田将雅  騎乗予定    栗東 : 安田厩舎

 

 

14戦5勝の ストリートセンス 産駒の5歳牝馬です。

 

コチラも安定感抜群ですね。

前走の 播磨S (1600) で、クラス安定勢力の シヴァージ 相手に3馬身差快勝を見る限りは、やはり走り慣れた1400m の方が良さそうですね。

2~4走前と距離延長で1800m に挑戦となりましたが、[5-5-0-1] の成績で4着以下も出遅れた 栗東S (1600) のみの抜群の安定感を誇る1400m こそベストでしょう。

 

まだオープンでの勝利がないという事で、ヴェンジェンス を上と評価しましたが、能力的には互角、安定感を考えればそれ以上かもしれませんね。

 

コチラはどんな条件でも力を発揮するタイプなので、ヴェンジェンス が内枠になってしまった場合は、コチラを軸にして勝負する方がイイかもしれません。

 

 

こんな感じでしょうか。

 

道悪濃厚のダート短距離という事で、荒れる要素も多々ありますが、普通に考えれば安定感抜群のこの2頭でしょう。

得意の条件であれば、手応え以上の走りを見せる ヴェンジェンス と、ベストのこの距離でポカの可能性が限りなく小さい ファッショニスタ の戦いと想定します。

共に道悪・久々も苦にしないタイプなので、能力通りならこの2頭の勝負になると思われます。

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 でした!

 

では次回は、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。