競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》2頭目!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けします!

 

では2頭目は・・・

 

 

 

東京 6R   3歳500万

5月26日 (日)

3歳500万  馬齢  芝1400m  出走16頭f:id:TAKOICHI:20190521234408j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《今週の狙い馬》  ブーザー

通算  1-1-1-0  D.レーン  騎乗予定    美浦 : 堀厩舎

 

 

3戦1勝の マンハッタンカフェ 産駒の3歳牡馬です。

 

5ヶ月半の休養から復帰したココ2戦は、上位人気に支持されながらもその人気を下回る着順と、期待に答えられない結果が続いていますが、2走前の勝馬は続く スイートピーS (OP) で圧倒的1番人気に支持された セリユーズ 、前走の勝馬は続く プリンシパルS (OP) でも見せ場タップリの インテンスライト という事を考えると、万全ではない状態での相手としては、チョット骨っぽかったかもしれませんね。

 

今回 新馬戦 勝利以来の東京コースへの出走となります。

鋭い差し脚で勝負するタイプなので、追走に急かされる前2走の中山コースより、道中ゆったり構えられる当コースの方が適性は高いでしょう。

スッとエンジンが掛かるタイプではないので、長い直線も間違いなくプラスになりますね。

稍重馬場の前走で、その差し脚が鈍った事を考えると、パンパンの良馬場での開催が濃厚なお天気の方も味方になってくれそうです。

 

度重なる不利を跳ね返し、デビュー戦をキッチリ差し切ったノーザンファーム生産の金子HD所有の素質馬です。

叩き3走目で騎乗も追えるD.レーン騎手に乗り替わりと、前走からかなりの条件の好転が見込まれるココは、勝ち負け必至と考えます。

 

 

対する相手候補は、


f:id:TAKOICHI:20190524122849j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《相手候補》  スマイルスター

通算  1-3-0-2  武豊  騎乗予定    美浦 : 大竹厩舎

 

 

6戦1勝の ゼンノロブロイ 産駒の3歳牝馬です。

 

今週から東京コースはCコース替わりとなりますね。

ヴィクトリアM (GⅠ) ⇒ 優駿牝馬 (GⅠ) と連続でレコードがマークされたBコースから、更に内ラチが3m 外ラチ側へ移動します。

ただでさえレコードが続出する程速い馬場なのに、更にコース替わりで内ラチ沿いが絶好となると、先行馬を押さえない訳にはいかないでしょう。

 

前走の 500万戦 は、ただただ相手が悪かったという事でしょう。

勝馬の スイープセレリタス は こうやまき賞 (500) で、ダノンチェイサー と接戦を繰り広げた馬で、元々500万のレベルの馬ではありませんでした。

その強敵相手に、800m 通過45秒5のHペースを2番手先行から2着に粘り切った本馬も、もう順番でしょう。

2走前にはコチラもHペースの アネモネS (OP) で4着と、平場の 500万戦 であれば、実績もアタマ一つ抜けていますね。

 

今回、前走と同じ東京1400m となります。

16頭と頭数は揃いましたが、確固たる逃げ馬もなく、前走ほど速くならなさそうなメンバー構成もプラスになりそうですね。

本馬のハナという可能性も少なくないと考えます。

武騎手の逃げ・先行であれば、東京の長い直線を加味すると、周りの騎手もプレッシャーを掛けにくいでしょう (笑)

現在の芝の状態を加味すれば、展開の恩恵を最も受けるのは本馬かもしれません。

人気は ブーザー に偏ると思われますが、本馬アタマの可能性も考えておいた方がイイかもしれませんね。

 

 

こんな感じでしょうか。

 

能力的には ブーザー で断然しょう。

叩き3走目でこの条件であれば、もう落とせません。

相手候補は、Cコース替わりの先週以上の絶好馬場で、2着と敗れた前走より緩いペースで先行が濃厚な スマイルスター と考えました。

コチラは現在のトラックバイアスを考えると、非常に怖い1頭でしょう。

 

16頭の多頭数のレースとなりますが、スムーズな展開ならこの2頭の決着ではないでしょうか。

この2頭の馬連・ワイドを軸に考えています。

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 でした!

 

では次回は、【今週の勝負レース】土曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。