競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 をお届けします!

 

 

 

 

東京11R   NHKマイルカップ   GⅠ

5月 5日 (日)

3歳オープン  定量  芝1600m  出走18頭

馬場予想 : 良馬場   ペース予想 : Mペース

馬番 馬名 馬齢 重量 騎手
クリノガウディー 牡3 57 藤岡佑介
プールヴィル 牝3 55 秋山真一
ダノンチェイサー 牡3 57 川田将雅
イベリス 牝3 55 浜中俊
マイネルフラップ 牡3 57 松岡正海
グルーヴィット 牡3 57 D.レーン
グランアレグリア 牝3 55 C.ルメール
ヴァルディセール 牡3 57 北村友一
ミッキーブラック 牡3 57 岩田康誠
10 カテドラル 牡3 57 B.アヴドゥラ
11 ロードグラディオ 牡3 57 大野拓弥
12 ワイドファラオ 牡3 57 内田博幸
13 ファンタジスト 牡3 57 武豊
14 ハッピーアワー 牡3 57 吉田隼人
15 ヴィッテルスバッハ 牡3 57 戸崎圭太
16 トオヤリトセイト 牡3 57 福永祐一
17 アドマイヤマーズ 牡3 57 M.デムーロ
18 ケイデンスコール 牡3 57 石橋脩

 

 

昨日10R以降のレースを開催不能にし、一時は馬場を重馬場まで悪化させた荒天で、俄然混線ムードとなりましたね。

現在は良馬場まで回復していますが、4コーナー付近のキックバックの多さ、直線内が伸びない傾向を加味すれば、スピードのみで押し切れるパンパンの良馬場ではない事は確かでしょう。

④イベリス が逃げるであろうペースも緩くはなく、パワーを必要とする馬場状況を踏まえると、Mペースからの底力勝負が濃厚と考えました。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190505005926j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

◎は・・・⑰アドマイヤマーズ です。

ダイワメジャー 産駒の3歳牡馬です。

朝日杯FS (GⅠ) の勝馬です。

 

 

底力というポイントでは本馬が頭1つ抜けていると考えます。

キレの求められた 共同通信杯 (GⅢ) では、勝馬の ダノンキングリー の末脚には屈しましたが、自身3F33秒5の末脚で1分47秒0と好タイムで3着以下を突き放し、距離不安の囁かれた 皐月賞 (GⅠ) では、上位3頭には離された形となりましたが、速い流れからの持続力勝負で1分58秒5という好タイムで4着と、適性外のマイル以上の距離でも一線級の活躍を見せています。

総合力の高さでは、このメンバーでも最上位は間違いないでしょう。

 

その本馬がベストの距離であるマイルに参戦となると、上位はまず疑いのないところですね。

荒れ馬場に滅法強い ダイワメジャー 産駒であれば、パワーを必要とする馬場も望むところでしょう。

また、④イベリス が逃げるであろう緩くはないペースも、キレ味勝負よりも持続力勝負を得意としている本馬にとっては絶好の展開になりそうです。

 

追い切りの方も、

4/25  栗東坂路  良  助手

52秒0-38秒4-25秒2-12秒5  馬なり

と、1週間前に馬なりで自己ベストを叩き出し、仕上がりに関しては万全と思われます。
 

直線早目に抜け出しを計るであろう⑦グランアレグリア に、馬体を併せられる様なシーンがあれば、底力に勝る本馬の勝ちパターンになると考えます。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190505010336j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

〇は・・・③ダノンチェイサー です。

ディープインパクト 産駒の3歳牡馬です。

きさらぎ賞 (GⅢ) の勝馬です。

 

 

ディープインパクト 産駒ながら、母方の Rock of Gibraltar の血が強く出ているのでしょうか。

コチラも持続力勝負には滅法強いですね。

 

前走の きさらぎ賞 は、雨が降る馬場の中やや速めのペースで逃げる 毎日杯 (GⅢ) 勝馬の ランスオブプラーナ を直線並ぶ間もなく交わし、1頭次元の違う強さを見せましたね。

同じく急流だった3走前の きんもくせい特別 (500) の1分46秒2の破格のタイムが示す様に、速い流れからの持続力勝負ではかなり高いパフォーマンスを見せています。

 

今回、内の③番枠という事で、行きたい馬を行かせての先行策となるでしょうか。

⑦グランアレグリア の直後ぐらいのポジションで、外からの⑰アドマイヤマーズ の仕掛けを待つ形になると思われます。

速い流れの中、直線早目に抜け出しを計る⑦グランアレグリア に、競り掛ける⑰アドマイヤマーズ の形であれば、長い直線の東京コースという事を踏まえると、展開はその直後の本馬に向くでしょう。

漁夫の利があるかもしれませんね。

 

追い切りの方も、

5/2  栗東CW  重  川田将雅

53秒4-38秒5-11秒6  馬なり伸びる

ヴェルテアシャフト (1000) 一杯の内0.4秒追走0.2秒先着

と、一杯に追われる古馬相手に馬なりで先着を果たしています。

3ヶ月の休養明けも問題なさそうですね。

 

C.ルメール騎手とM.デムーロ騎手の心理戦の直後で、その様子を伺いながらの今季好調の川田騎手であれば、まとめての可能性もあるかもしれません。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190505010529j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

▲は・・・⑩カテドラル です。

ハーツクライ 産駒の3歳牡馬です。

野路菊S (OP) の勝馬です。

 

 

結構流れそうなペース、スピードだけでは苦しい馬場となると、穴には本馬が面白そうですね。

前走の アーリントンC (GⅢ) では、直線ほぼ最後方のポジションから、残り1Fだけで2着まで飛んで来ました。

スタートで出遅れた事で、キャリアで初めて後方からのレースとなりましたが、出走メンバー最速の3F33秒3の鋭い末脚を披露しました。

直線スムーズに追い出されていたのなら、楽勝もあったかもしれません。

2戦目の 野路菊S で 皐月賞 2着の ヴェロックス を破った能力は、伊達ではなかったですね。

 

今回、前走の末脚を活かす為に中団・後方からのレースとなりそうですが、やや速めの流れ中、早目に抜け出して一人旅に持ち込みたい⑦グランアレグリア 、ソレに早目に並び掛けたい⑰アドマイヤマーズ の形であれば、中団・後方の本馬にも展開も向くでしょう。

 

重馬場の 新馬戦 で③ダノンチェイサー を完封した様に、パワーを必要とする馬場もむしろ得意なタイプです。

道中、中団・後方の外目追走から、直線スムーズに追い出しが可能であれば、上位への喰い込みの可能性も低くはないと考えます。

 

 

この3頭の勝負と考えました!

 

生粋のスタートセンスと、外枠を活かした先行で、⑦グランアレグリア を早目に捉えに行く総合力No1の⑰アドマイヤマーズ と、ソレを見る形で得意の持続力勝負で一発を狙う③ダノンチェイサー 、速い流れ想定で中団・後方から伸びて来る⑩カテドラル の戦いと想定しました。

 

 

馬券の方は、

 

⑦グランアレグリア のアッサリも考え、⑰アドマイヤマーズ から③ダノンチェイサー⑩カテドラル へのワイド2点を本線に、血統的には距離不安はなくパワー・持続力勝負が向いていると思われる⑭ハッピーアワー 、コチラもパワー・持続力勝負向きで追い切りで自己ベストを叩き出して来た④イベリス 、この馬場この展開だと舐めてかかると怖い⑤マイネルフラップ へのワイド3点を加えた、計ワイド5点で勝負したいと思います!

チョット時計の掛かる馬場で、やや速めの流れから持続力勝負になれば、この馬券で大丈夫だと思います!

 

 

 

【買い目】
     ワイド           3-17           2500円     
ワイド      10-17      1000円
ワイド      4-17      500円
ワイド      5-17      500円
ワイド      14-17      500円
合計金額      5000円

 

 

(買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります)

 

 

以上、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 でした!

 

では次回は、タコイチの【今週の勝負レース】月曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。