競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》1頭目!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 をお届けします!

 

まず1頭目は・・・

 

 

 

東京10R   府中ステークス

4月20日 (土)

4歳上1600万  定量  芝2000m  登録11頭f:id:TAKOICHI:20190416182412j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《今週の狙い馬》  ダノンキングタム

通算  4-4-1-8  川田将雅  騎乗予定    栗東 : 安田厩舎

 

 

17戦4勝の ステイゴールド 産駒の5歳牡馬です。

 

ココは本馬から狙ってみましょう。

前開催からの流れならば、開幕週の東京芝コースは軽くて速い馬場が濃厚ですね。

その馬場で、登録11頭の少頭数濃厚のレースとくれば、前に行ってナンボのレースになると考えました。

 

前走の アメジストS (1600) こそ、素質馬の ロシュフォール に差し切られてしまいましたが、得意にしている東京コースで2着と、昇級2戦目で早くも答えを出しましたね。

走破タイムも1分58秒5とかなり速く、1番人気でコチラも素質馬の ブレステイキング をクビ差抑えました。

逃げる様になった4走前から成績が安定して来ましたが、特に東京コースとの相性がイイですね。

全東京コース成績 [2-4-1-2] と相性抜群で、更にハナに立った場合は [1-2-0-0] と連対率100%の成績を残しています。

 

今回、ケンホファヴァルト という同型が出走を予定していますが、テンの速さでは本馬の方が上なので、前走同様に逃げの作戦で間違いないでしょう。

直後にその ケンホファヴァルト 、その後ろに ジナンボースパイラルダイブ の強力2頭が続くと思われますが、晴天の下で開催される開幕週のパンパン馬場なら前に行ったモン勝ちでしょう。

展開は本馬有利に傾くと考えます。

 

ハナに立ってしまえば、前走の アメジストS の様なやや速めのSペースであれば34秒台前半、4走前の 精進湖特別 (1000) の様なゆったりしたSペースであれば33秒台前半の末脚を繰り出す事が可能です。

少頭数が濃厚な今回は、ケンホフヴァルト とのハナ争いが早々に決着する様なら、後者の流れでしょうか。

逃げた馬にコレだけの脚を使われると、後続も厳しいですね。

 

さらに現在連対率が45.7%と、今季最も信頼の置ける絶好調の川田騎手の騎乗なら、上位はほぼ間違いないと考えます。

 

 

対する相手候補は、


f:id:TAKOICHI:20190416183250j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《相手候補》  ジナンボー

通算  3-0-0-1  M.デムーロ  騎乗予定    美浦 : 堀厩舎

 

 

4戦3勝の ディープインパクト 産駒の4歳牡馬です。

 

ココは相手候補も強力ですね。

その筆頭と言えるのが本馬でしょうか。

ディープインパクトアパパネ の、夢の3冠配合の12冠ベイビーですね。

セリに出ていたらとんでもない価格になったであろう超良血です。

デビュー戦を快勝後、故障の影響が長引き期待されたほど活躍出来ていないのが現状ですが、まだ4戦3勝とまだまだ可能性は十分にありますね。

 

前走の 宮里特別 (1000) もその素質の一端を見せたレースとなりました。

800m 通過48秒6のSペースを道中は先行3番手の追走から、4コーナーで仕掛けられると、一気に先頭を捉え並ぶ間もなく突き放しました。

先頭に立ってから騎乗が抑えた事で、2着の トータルソッカー に詰め寄られはしましたが、内容的には楽勝という事で良いでしょう。

掛かりまくりでコントロール不能となった2走前の 南武特別 (1000) から、一気の600m 距離短縮で答えが出ましたね。

結果的に見ると、絶対的な能力で幅広い距離のG1を勝ちまくった父母を持つ本馬ですが、気性的な部分を踏まえるとマイラー色が強いんじゃないでしょうか。

1600~1800m あたりがベストの距離ではないかと考えます。

 

今回、前走より200m の距離延長と、少頭数が濃厚でかなりのSペースが必至という事で相手評価としましたが、課題の折り合いがスムーズならアッサリ勝ってしまうかもしれませんね。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190416183647j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《相手候補》  スパイラルダイブ

通算  3-4-0-2  C.ルメール  騎乗予定    美浦 : 古賀厩舎

 

 

9戦3勝の マンハッタンカフェ 産駒の5歳牡馬です。

 

コチラもこのクラスでは上位の1頭でしょう。

2~3歳時は成績が安定しませんでしたが、園田に移籍し勝ち味を覚えてからは、6戦5勝2着1回と快進撃を続けています。

 

特に前走の 1000万戦 は強かったですね。

800m 通過48秒6のSペースを道中は先行3番手の追走から、直線では出走メンバー最速の上がり3F33秒5で、先に抜け出した ゴージャスランチ を捩じ伏せました。

勝ちタイムも1分46秒8と好時計で、ココに来て益々強くなっている感じですね。

 

今回、2000m の距離で1600万への昇級戦となりますが、距離的には [1-1-0-0] と問題はないでしょう。

前走の様に前目のポジショニングで出走メンバー最速の末脚を繰り出す強い内容からも、クラス慣れが必要という事もないでしょう。

 

本格化すら思わせる現在の好調っぷりなら、一気の相手強化のココでも好勝負必至と考えます。

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 でした!

 

では次回は、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。