競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の勝負レース】土曜日版!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【今週の勝負レース】土曜日版 をお届けします!

 

 

 

 

阪神11R   アーリントンカップ   GⅢ

4月13日 (土)

3歳オープン  馬齢  芝1600m  出走18頭

馬場予想 : 良馬場   ペース予想 : Mペース

馬番 馬名 馬齢 重量 騎手
ミッキースピリット 牡3 56 松山弘平
ロードグラディオ 牡3 56 藤岡佑介
ヴァルディゼール 牡3 56 北村友一
アズマヘリテージ 牝3 54 岡田祥嗣
サンノゼテソーロ 牡3 56 津村明秀
ニシノカツナリ 牡3 56 武藤雅
ジゴロ 牡3 56 幸英明
オーパキャマラード 牝3 54 松若風馬
イベリス 牝3 54 浜中俊
10 カテドラル 牡3 56 A.シュタルケ
11 トオヤリセイト 牡3 56 福永祐一 
12 ヴァンドギャルド 牡3 56 M.デムーロ 
13 ラブミーファイン 牝3 54 藤岡康太
14 フォッサマグナ 牡3 56 C.ルメール
15 ユニコーンライオン 牡3 56 岩田康誠
16 ヤマニンマヒア 牡3 56 武豊
17 ミッキーブリランテ 牡3 56 坂井瑠星
18 ジャミールフエルテ 牡3 56 池添謙一

 

 

 


f:id:TAKOICHI:20190412232955j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

◎は・・・⑭フォッサマグナ です。

War Front 産駒の3歳牡馬です。

 

 

ココは本馬の軸で磐石ではないでしょうか。

距離短縮となった自己条件の前走を1分34秒5という好タイムで完勝し、改めてマイル以下の距離での適性の高さを示しましたね。

デビュー戦楽勝の1400m であれば、更に信頼度は高くなると思われますが、前走の余裕綽々の勝ちっぷりを見れば、この距離でも大丈夫でしょう。

前走の中山1600m よりゆったり構えられる阪神外回りに替わり、その末脚に更に磨きが掛かると考えます。

 

今回、⑨イベリス がハナに立ち先行馬数頭がソレに続く、阪神外回りとしてはソコソコ流れるであろうペースも、中団からのポジショニングを考えれば、最適のペースになる可能性が高いですね。

道中は中団追走から、4コーナー外をグルっと回って、抜群の手応えで直線に向かうモノと予想します。

 

追い切りの方も、

4/10  美浦南W  稍重  五十嵐雄祐

68秒6-53秒0-39秒6-12秒7  馬なり 

ラボーナ (500) 馬なりの内0.8秒追走同入

と、前走時の追い切りより素軽い動きを見せていますね。

重賞初制覇に向けて、仕上がりは万全ではないでしょうか。

 

広い阪神コースの直線の長い外回りで、主戦のC.ルメール騎手が継続騎乗なら、勝ち負けは必至と考えます。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190412233543j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

〇は・・・⑫ヴァンドギャルド です。

ディープインパクト 産駒の3歳牡馬です。

 

 

実績的には最上位の存在ですね。

近走は思う様な成績が挙げられていませんが、直線詰まりに詰まった ホープフルS (GⅠ) で6着、良馬場発表ながら雨中のレースで馬場に気を取られ伸び切れなかった きさらぎ賞 (GⅢ) で4着、Sペースからのキレ味勝負で前々の決着となってしまった 毎日杯 (GⅢ) で3着と、それぞれに明確な敗因がある事を踏まえれば、この成績も上々の成績と言えるのではないでしょうか。

メンバーレベル・レースの質ともに高かった 東京スポーツ杯2歳S (GⅢ) で僅差3着がある様に、条件さえ揃えば重賞を勝てる能力は十分にあります。

 

今回、その条件が結構揃いそうですね。

阪神の広いコース・快晴の下でのパンパンの良馬場・短距離から参戦の⑨イベリス がハナに立ち、先行馬数頭がソレに続く流れと、惜敗続きの近走から条件はかなり好転します。

加えて今回で2度目となるM.デムーロ騎手の騎乗と、もうココしかないという感じにもなって来ました。

 

本馬は未だ1勝馬という事で、ココで賞金を加算出来なければ、次のステージには進めません。

ココに賭ける執念はどの陣営よりも強いでしょう。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190412235019j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

▲は・・・③ヴァルディゼール です。

ロードカナロア 産駒の3歳牡馬です。

 

 

先行3番手から一気に突き放したデビュー戦、中団追走から内を突いて マイネルウィルトス の猛追を封じた シンザン記念 (GⅢ) と、ともに高い素質がアリアリと見られたレースでしたね。

素質的にはココでも十分勝ち負けのレベルでしょう。

 

今回、その シンザン記念 から3ヶ月の休養明けという事で、NHKマイルC (GⅠ) に向けての前哨戦仕様の仕上げだろうと考えていましたが、思いの外追い切りの動きがイイですね。

4/10  栗東坂路  重  北村友一

54秒0-38秒8-25秒1-12秒6  馬なり

と、重い馬場で各馬伸び悩む中、馬なりで好タイムを叩き出しました。

1週前もCWでビッシリと追われラスト1F11秒9と、結構仕上げて来てますね。

この動きなら持てる素質を十分に活かせると考えました。

 

今回、内の③番枠という事で前走の シンザン記念 の様なレースとなるでしょう。

淡々と流れると思われるペースの中、内ラチ沿いでしっかり脚を溜め、直線ソレを一気に放出すると思われます。

 

目標はもう1つ先でも、見苦しいレースにはならないでしょう。

 

 

この3頭の勝負と考えました!

 

淡々と流れるペースを、抜群の手応えで中団外から一気に差し切りにかかる⑭フォッサマグナ に、その後方でソレを目標に鋭い末脚で逆転を狙う⑫ヴァンドギャルド 、内枠でキッチリ脚を溜め馬群を割って伸びる③ヴァルディゼール の戦いと想定します。

 

 

馬券の方は、

 

本命⑭フォッサマグナ から、⑫ヴァンドギャルド③ヴァルディゼール の馬連を本線に、中京1400m のデビュー戦を上がり最速の末脚で楽勝した⑤サンノゼテソーロ 、中間の動きが抜群で距離短縮に望みを賭ける⑩カテドラル への馬連2点を加えた、計馬連4点で勝負したいと思います!

 

 

 

【買い目】
     馬連           12-14           2000円     
馬連      3-14           2000円
馬連      5-14      500円
馬連      10-14      500円
合計金額      5000円

 

 

(買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります)

 

 

以上、タコイチの【今週の勝負レース】土曜日版 でした!

 

では次回は、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。