競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》1頭目!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 をお届けします!

 

まず1頭目は・・・

 

 

 

阪神11R   アーリントンカップ   GⅢ

4月13日 (土)

3歳オープン  馬齢  芝1600m  登録20頭f:id:TAKOICHI:20190409115425j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《今週の狙い馬》  フォッサマグナ

通算  2-0-0-1  C.ルメール  騎乗予定    美浦 : 藤沢厩舎

 

 

 

 

3戦2勝の War Front 産駒の3歳牡馬です。

 

期待された2走前の 共同通信杯 (GⅢ) で4着と敗れ、クラシック路線から脱落となってしまいましたが、折り返しの自己条件の 500万戦 をキッチリ勝って来ましたね。

中山1600m の⑭番枠という事で、前半から吹かし気味の先行3番手というポジショニングとなりましたが、直線半ばで先頭に立つと出走メンバー2位の3F35秒1の末脚で後続を突き放しました。

本来の中団差しのスタイルを崩してまで、確実に2勝目を取りに行ったレースで、まだまだ余裕の感じられる強い勝ち方でしたね。

やはり War Front 産駒とあって適性距離はマイル以下と思われます。

ココから NHKマイルC へ向かう路線で正解でしょう。

 

今回、前走に続いてのマイル戦となりますが、直線の長い阪神外回りという事で、前走よりはゆったり構える事が出来るでしょう。

本来のスタイルと思われる中団差しの戦法で、直線鋭い末脚を繰り出し実力発揮と考えます。

 

新馬戦 で 毎日杯 (GⅢ) を制した ランスオブプラーナ を軽く捻り、2走目の 共同通信杯 では 皐月賞 (GⅠ) でも有力視される強豪相手に、直線半ばで脚が上がりながらも1分47秒7の好タイムで4着した素質馬です。

実績的にはココをアッサリ勝っても何ら不思議ではありません。

本馬の癖を知り尽くしたC.ルメール騎手の継続騎乗なら、その確率もかなり高いと考えます。

 

 

対する相手候補は、


f:id:TAKOICHI:20190409124812j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《相手候補》  ヴァンドギャルド

通算  1-0-2-2  M.デムーロ  騎乗予定    栗東 : 藤原厩舎

 

 

5戦1勝の ディープインパクト 産駒の3歳牡馬です。

東京スポーツ2歳S (GⅢ)・毎日杯 (GⅢ) の3着馬です。

 

順当なら実績最上位の本馬が相手候補筆頭ですね。

デビュー戦勝利以降は重賞ばかりを使われ3着⇒6着⇒4着⇒3着と、唯一の掲示板外の ホープフルS (GⅠ) も、良い手応えて4コーナーを回りながら、直線前が詰まりに詰まっての6着と、まともなら3着はあったでしょうか。

前走の 毎日杯 にしても、直線上がり最速の末脚で上位を追い詰めながらも、Sペースで逃げた ランスオブプラーナ を捉える事が出来ませんでした。

 

やはり後方から末脚で勝負するタイプとあってペースや展開に泣かされますね。

より流れるペースを求めて、今回距離短縮でココに挑みますが、条件さえフィットすればアッサリ勝っても不思議ない能力の持ち主ですが、絶対的な存在ではないでしょう。

自分でレースを作れないタイプという事で、展開・ペース待ちの1頭という事になると考えます。

 

軸馬にするにはチョット危険なタイプですね。

高い能力は認めるも、相手候補の評価が妥当ではないでしょうか。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190409214622j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《相手候補》  カテドラル

通算  2-0-0-2  A.シュタルケ  騎乗予定    栗東 : 池添厩舎

 

 

4戦2勝の ハーツクライ 産駒の3歳牡馬です。

野路菊S (OP) の勝馬です。

 

追い切りの動きなら本馬でしょうか。

不気味なくらい中間の動きが素晴らしいですね。

4/3  栗東CW  良  A.シュタルケ

78秒9-63秒5-49秒3-36秒3-11秒9  馬なり

バティスティーニ (1600) 一杯の内1.9秒追走0.1秒先着

と、騎手騎乗ながら馬なりで80秒を切って来ました。

一杯に追われていたらどんな時計になったんでしょうね (笑)

デビュー以来1番のデキかもしれません。

 

デビュー戦で きさらぎ賞 (GⅢ) 勝ちの ダノンチェイサー を完封し、続く 野路菊S (OP) では 若駒S (OP)・若葉S (OP) と連勝中の ヴェロックス に競り勝った本馬ですが、続く 東京スポーツ2歳S・京成杯 (GⅢ) と共に11着大敗と、評価を落としていますね。

 

どちらのレースも直線での手応えの割りには、早々に馬群に沈んでいる事を考えると、適性が短距離寄りに移行して来たかもしれませんね。

今回の距離短縮で答えが出るのどうか分かりませんが、新たなパートナーを迎えての仕切り直しの1戦でこの動きなら、人気を落としている今こそ狙い目かもしれません。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190409125554j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《相手候補》  ミッキーブリランテ

通算  2-1-1-0  坂井瑠星  騎乗予定    栗東 : 矢作厩舎

 

 

4戦2勝の ディープブリランテ 産駒の3歳牡馬です。

シンザン記念 (GⅢ) の3着馬です。

 

コチラも調教の動きがイイですね。

3/29  栗東坂路  良  坂井瑠星

52秒6-38秒5-25秒2-12秒5  馬なり

4/4 栗東坂路  良  坂井瑠星

52秒6-38秒3-25秒1-12秒5  強目

ドリームライクエマ (未勝利) 末強目を1.1秒追走0.2秒先着

と、騎手騎乗ながら4F52秒台ラスト1F12秒台を連発しています。

2ヶ月振りの前走を快勝し、状態は益々上向きという感じでしょうか。

 

通算 [2-1-1-0] と安定した成績を残しており、破れた2戦も、先に抜け出した 毎日杯 2着の ウーリリ をクビ差捉えきれなかったデビュー戦の2着、出脚が鈍く得意ではないと思われる中団からの差し脚勝負となった シンザン記念 の3着と、明確な敗因がありますね。

溜めてもキレない ディープブリランテ 産駒という事で、やはり前々で粘り込むスタイルがベストでしょう。

早目の進出から持続力勝負に持ち込みたいですね。

 

また当該の阪神コース2戦2勝という事も見逃せませんね。

重賞を制覇し、勢いに乗る坂井騎手ならば、一発もあるかもしれません。

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 でした!

 

では次回は、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。