競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の勝負レース】大寒桜賞!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 をお届けします!

 

 

 

 

3月24日 (日)   中京 9R   大寒桜賞

3歳500万   馬齢   芝2200m   出走10頭

ペース予想 : Sペース

 ① テイエムバリバリ 牡3 56 丸田恭介
 ② クールウォーター 牝3 54 藤岡康太
 ③ アイスブラスト 牡3 56 福永祐一
 ④ パトリック 牡3 56 武豊
 ⑤ ユーフォニー 牝3 54 岩田康誠
 ⑥ リオンリオン 牡3 56 横山典弘
 ⑦ ダノンバリアント 牡3 56 川田将雅
 ⑧ ヒルノダカール 牡3 56 松田大作
 ⑨ サトノソロモン 牡3 56 M.デムーロ
 ⑩ ルヴォルグ 牡3 56 C.ルメール

 

 

高松宮記念 (GⅠ) 開催日の500万特別という事で、トップジョッキーを求めてなかなかの素質馬が揃いましたね。

下手をすれば、先週のスプリングS (GⅡ) より出走メンバーの質は高いんじゃないでしょうか。

ココからオークス (GⅠ)・ダービー (GⅠ) の有力候補が生まれるかもしれませんね。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190323221521j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

◎は・・・②クールウォーター です。

ディープインパクト 産駒 の3歳牝馬です。

 

  • 4R      3歳未勝利  2000m  2分02秒2  Sペース
  • 5R      3歳未勝利  1200m  1分08秒6  Mペース
  • 6R      3歳未勝利  1600m  1分33秒7  Hペース
  • 8R      4歳上500万  2200m  2分11秒2  Mペース
  • 10R  刈谷特別 (500)  1600m  1分33秒8  Sペース
  • 12R  熊野特別 (1000)  2200m  2分12秒7  Sペース

 

前日土曜日に中京コースで行われた芝の6レースの、勝ちタイムとペースをまとめてみましたが、タフな馬場の予想に反してなかなかの速い時計がマークされていますね。

Bコース替わりの影響もあると思われますが、現状ではスピードとパワーの両方が求められる馬場状態と考えてイイんじゃないでしょうか。

という事で、キレる ディープインパクト 産駒の中でも、ある程度のパワーも有すると思われる本馬を本命としました。

 

前走の中京2000m でのデビュー戦は、1000m 通過1分02秒9のSペースという事で、タイム的には目立った数字になってはいませんが、そのレース内容が素晴らしかったですね。

道中6番手追走からジワッと押し上げて、直線入口では抜群の手応えで3番手ポジショニングのレースセンス、そこから馬なりで先頭に並び掛ける能力の高さ、騎乗の仕掛けに瞬時にギアを上げて後続を突き放した反応の速さ、どれもがさすが良血馬と思わせるモノでした。

11秒9→11秒8→11秒3と、加速するレースラップを一気に抜け出した瞬発力もかなりのモノでしょう。

完成度はかなり高いと思われます。

 

今回、再度の中京コースとなりますが、確固たる逃げ馬不在の10頭立てのレースという事で、Sペースはほぼ間違いないでしょう。

②番枠という好枠を引いた本馬は、前走同様に先行2~3番手のポジショニングになると思われます。

直線ではSペースからのキレ味勝負が濃厚ですが、ココで本馬のギアチェンジの速さと、前走で見せた瞬発力がモノを言うでしょう。

瞬時に後続を引き離し、そのままの勢いでゴールまで粘り込むと想定します。

 

最終追い切りでは、未勝利馬に遅れを取りましたが、タイム的には前走時の追い切りより動いているので、特に問題はないでしょう。

有力と目される馬の中で、唯一中京コースを経験している事も大きいですね。

2戦目の慣れも見込めば、高い確率で勝ち負けになると考えました。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190323221621j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

〇は・・・⑩ルヴォルグ です。

ディープインパクト 産駒の3歳牡馬です。

 

素質という点では本馬も見劣りしませんね。

デビュー戦を楽勝し、続く 東京スポーツ2歳S (GⅢ) では1番人気に支持された素質馬です。

 

その前走の 東京スポーツ2歳S は、スタートで出遅れ不完全燃焼の1戦となってしまいましたが、道中最後方追走から大外を回しての1分47秒3のタイムは、ココでも最上位の能力でしょう。

能力的には十分勝ち負けになると思われます。

 

問題は4ヶ月の休養明けという事ですが、初戦を楽勝している事を考えると、あまり気にする必要は無いかもしれませんね。

最終追い切りも、

3/20  美浦南W  69秒5-53秒7-39秒6-12秒9  馬なり

キングドラゴン (障未) 馬なりの内0.8秒追走同入

と、ラスト1F12秒台なら大丈夫でしょう。

動ける態勢にあると考えます。

 

強かった初戦のC.ルメール騎手が騎乗で、ド派手な出遅れさえ無ければ、休養明けの1戦という事を加味しても、上位は必至ではないかと考えます。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190323221748j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

▲は・・・⑦ダノンバリアント です。

ディープインパクト 産駒の3歳牡馬です。

 

末脚のキレという点では、本馬も有力候補でしょう。

前走小倉の2000m のデビュー戦で見せた末脚のキレは、なかなかのモノでしたね。

かなり軟らかいセッティングの馬場で、時計こそ平凡ですが、直線残り150m からエンジンの掛かった末脚は、秋華賞 (GⅠ) 2着の姉 ミッキーチャーム に勝るとも劣らない能力を感じさせました。

 

今回、通常のスタートを切りながら前に行けなかった前走を考えると、上記2頭を見る形のポジショニングになるでしょうか。

タフな馬場を、息の長い良質の末脚を使って勝利した事を考えると、上記2頭に迫るシーンもあるかもしれませんね。

 

追い切りの方は、コチラも未勝利馬相手に遅れてしまいましたが、時計的には前走時と同じ様な時計をマークしているので心配は不要でしょう。

 

今季好調の川田騎手騎乗で、この血統であれば、一発の魅力はありますね。

 

 

この3頭の勝負と考えました!

 

Sペースの流れを先行2~3番手追走から、直線馬なりで先頭に並び掛け抜け出しを図る②クールウォーター に、スタートさえまともなら直後のポジショニングから差し切りを狙う⑩ルヴォルグ 、中団追走からまとめて大外一気を狙う⑦ダノンバリアント の戦いと想定しました。

 

 

馬券の方は

 

本命②クールウォーター から、⑩ルヴォルグ⑦ダノンバリアント の馬連を本線に、前走だけでは強いか弱いか判断しかねる⑨サトノソロモン への馬連を含めた、馬連3点で勝負したいと思います!

 

前日の ミモザ賞 (500) に続き、連勝と行きましょう!

 

 

 

【買い目】
馬連 ②-⑩ 1500円
馬連 ②-⑦ 1000円
馬連 ②-⑨ 2500円
 
合計 5000円

※ 13:50  馬体発表により、金額変更しました。

 

(買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります。)

 

 

以上、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 でした!

 

では次回は、タコイチの【勝負レース回顧】土曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。