競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【勝負レース回顧】弥生賞!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【勝負レース回顧】日曜日版 をお届けします!

 

 

 

 

3月 3日 (日)   中山11R   報知杯弥生賞   GⅡ

3歳オープン   馬齢   芝2000m   出走10頭   馬場 : 重f:id:TAKOICHI:20190304003439j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

【レース結果】

1着  ⑩ メイショウテンゲン 池添謙一 2.03.3
2着  ⑤ シュヴァルツリーゼ 石橋脩 1 1/2
3着  ⑧ ブレイキングドーン 福永祐一 3/4
4着  ② ニシノデイジー 勝浦正樹 アタマ
5着  ③ カントル M.デムーロ ハナ

【レース動画】

【タコイチ予想】

 

本命  ①ラストドラフト     結果  : 7着!

 

らしさが見られませんでしたね。

やはりココまでの道悪馬場になってしまうと厳しいでしょうか。

欧州血統で自身道悪競馬で圧勝実績のある ノヴェリスト 産駒という事で、その道悪適性に期待しましたが、どうやら的外れだった様ですね。

直線へ向いて早々に勝負から脱落してしまいました。

考えて見れば、デビュー戦で3F33秒1の末脚をマークした時点で、父の ノヴェリスト よりも 桜花賞 (GⅠ) をほぼ最後方から自慢の末脚で差し切った母 マルセリーナ の血が色濃く出でいる事に気付くべきでした。

見当違いの予想をしてしまいました。

反省です。

 

一方、相手とみた⑤シュヴァルツリーゼ は、惜しいレースでしたね。

道中は後方追走となってしまいましたが、直線大外から出走メンバー最速の末脚で、勝馬の⑩メイショウテンゲン から1 1/2馬身差の2着まで差し込んで来ました。

スタートで挟まれ後方からとなってしまった事、3コーナーで寄られてかなり走を回ってしまった事、と決してスムーズとはいえないレースで、この2着は立派の一言でしょう。

スムーズであれば、もっと際どい勝負になっていたかもしれません。

ましてキャリア2戦目での重賞挑戦でこの内容ですから、まだまだ良化の余地を残す本馬にはイイ意味での試金石の1戦だったと思われます。

 

敗れはしましたが、重賞2着の賞金加算と 皐月賞 (GⅠ) への優先出走権をゲットしました。

これで先々のレースプランがかなり楽になりますね。

晩成型の多い ハーツクライ 産駒で、皐月賞 出走がベストの選択とは思えませんが、例年稀にみる混戦模様の牡馬クラシック戦線という事を考えると、本馬の能力ならひょっとしたらアルかもしれませんね (笑)

 

 

馬券の結果は、

 

本来勝負予定だった阪神8Rの アルメリア賞 (500) で、《今週の狙い馬》2頭目の ランスオブプラーナ が強い勝ち方をした時点で、その アルメリア賞 から急遽変更して【今週の勝負レース】とした当レースのハズレは確定的だったのかもしれませんね (笑)

 

未経験ではありますが、ノヴェリスト 産駒という事で道悪適性の高そうな①ラストドラフト に期待しましたが、レース前のテレビ中継で、本馬はその末脚から母 マルセリーナ が色濃く出でいるので、道悪はダメかもしれないという解説者のコメントがあった時、ヤってしまった!と思いました。

馬券を購入した後だったので、時すでに遅しでしたが、レースもそのコメント通りの結果となってしまいました (涙)

 

密かに期待していた6番人気の⑤シュヴァルツリーゼ が2着と頑張っただけに、悔しい結果となってしまいました・・・。

 

 

 

【買い目】
単勝 3500円 ハズレ
ワイド ①-⑤ 1500円 ハズレ
 
回収 0円 -5000円

 

以上、タコイチの【勝負レース回顧】日曜日版 でした!

 

3月度 勝負成績
勝負レース成績 0勝2敗
本命馬成績 0-0-1-1
投資金額 10000円
回収金額 0円
収支 -10000円
回収率 0.0%

 

2019年度 勝負成績
勝負レース成績  6勝14敗
本命馬成績 5-5-4-6
投資金額 110000円
回収金額 81000円
収支 -29000円
回収率 73.6%

 

では次回は、タコイチの『勝負レース成績』をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。