競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の勝負レース】上総S!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【今週の勝負レース】土曜日版 をお届けします!

 

 

 

 

3月 2日 (土)   中山10R   上総ステークス

4歳上1600万   ハンデ   ダート1800m   出走14頭

ペース予想 : M~Hペース

  レッドオルバース 牡7 56 内田博幸
 ② ベルウッドテラス セ9 53 松岡正海
 ③ ピアシングステア 牡7 53 木幡巧也
 ④ エイシンセラード 牝4 53 大野拓弥
 ⑤ ベディヴィア 牡5 55 戸崎圭太
 ⑥ ルフォール 牝6 53 M.デムーロ
 ⑦ セイカエドミザカ 牡6 52 石川裕紀人
 ⑧ メイショウエイコウ 牡5 55 蛯名正義
 ⑨ ツクバクロオー 牡4 53 野中悠太
 ⑩ エネスク 牡6 55 柴田大知
 ⑪ サイドチェンジ 牡5 55 F.ミナリク
 ⑫ ショーム 牡4 55 津村明秀
 ⑬ スウィフトレイド セ6 56 C.ルメール
 ⑭ バイタルフォース セ7 56 三浦皇成

 

 

 


f:id:TAKOICHI:20190301074016j:image

引用 : JBISサーチ(JBIS-Search):国内最大級の競馬情報データベース

 

◎は・・・⑫ショーム です。

エスポワールシチー 産駒の4歳牡馬です。

 

今回、昇級戦で初の 1600万戦 となりますが、ちょっとメンバーに恵まれた感じですね。

ハンデの55kg も、前走からの増減なしであれば、本馬の能力を考えれば妥当な斥量ではないでしょうか。

休養明けの1戦だった前走を快勝し、強力なメンバーが見当たらないココは、ほぼ勝ち負けになると考えます。

 

その前走東京ダート1600m の 1000万戦 は、2着馬とハナ差の辛勝となりましたが、2走前の 茨城新聞杯 (1000) で現在オープンの アナザートゥルース の2着、3走前の 瀬波温泉特別 (1000) でコチラもオープンの タイキフェルヴール の2着という成績を考えれば、順当勝ちでしょう。

4ヶ月半の休養明けも、プラス22kg の馬体重も、直線内で包まれて追い出しが遅れた事も、関係ありませんでしたね。

見た目以上に強い内容での勝利だったと思われます。

 

今回、舞台は中山ダート1800m となりますが、同コース同距離の2走前 茨城新聞杯 の内容を考えれば、昇級戦のココでも勝ち負けは必至でしょう。

当コースの持ち時計も1分50秒7 (稍重) と、出走メンバー中2位の時計を持っており、1位 の⑩エネスク・3位の③ピアシングステア・4位の⑦セイカエドミザカ が、不良馬場で記録した時計という事を考えると、アタマ1つ抜けた持ち時計となっています。

実際この舞台は [0-2-0-0] と得意にしており、敗れた相手も前述した アナザートゥールースタイキフェルヴール という強敵という事を考えれば、今回の出走メンバーでは最上位の能力である事は間違いないでしょう。

 

追い切りの方も、4ヶ月半の休養明けでプラス22kg の馬体増の前走を叩かれた効果がハッキリと窺え、20日の1週前追い切りでは、前走の1週前追い切りのタイムを上回る時計を馬なりで叩き出しました。

状態はグンと上向いていますね。

 

このコース・このメンバー・このデキで、本馬を知り尽くした主戦の津村騎手が騎乗ならば、まず落とせない1戦でしょう。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190301074709j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

〇は・・・⑧メイショウエイコウ です。

サマーバード 産駒の5歳牡馬です。

 

前走の 北山S (1600) は、初の 1600万戦 となりましたが、出走メンバー最速の末脚で2着と、昇級初戦でこのクラスでも通用する事を証明しましたね。

これでダート通算 [4-10-3-4] となり、複勝率77%の抜群の安定感を誇っています。

 

馬券圏外の4戦も、

  1. 8ヶ月の休養明けだった10走前の1000万戦
  2. 出遅れて後方からとなった8走前の 與杼特別 (1000)
  3. 出遅れて後方からとなった4走前の 報知杯大雪H (1000)
  4. 5ヶ月の休養明けだった3走前の1000万戦

と、明確な敗因があり、上記の休養明け2戦以外の19戦全てで、出走メンバー3位以内の上がりをマークしている様に、常に全力を出し切るポカの可能性の少ないタイプです。

 

今回、前走から中2週で出走という事を考えれば、出走メンバー3位以内の上がりを使う可能性はかなり高いですね。

馬券圏外に沈む可能性があるならば、データ上は出遅れた場合のみという事になります。

逆に言えば、出遅れなければほぼ複勝圏に入って来ると考えると、馬券の軸に最適なのは本馬かも知れませんね。

 

その本馬が27日の栗東坂路での追い切りで、

栗東坂路  4F  52秒8-38秒4-25秒1-12秒6  末強目

と、余力残しで自己ベストを更新して来ました。

今年に入って今回で4戦目と、ちょっと疲れの方が心配でしたが、この動きであれば心配は無用ですね。

 

また差し馬という事で、脚抜きの良い馬場がどうかと思われますが、キャリアを見る限りは不得意にしているイメージはありません。

良馬場に越した事はありませんが、ペースが速くなる分、差しも利きやすいという事でしょう。

 

本馬を熟知した主戦の蛯名騎手に戻り、今回も複勝圏の可能性はかなり高いと予想します。

 

 

以上の2頭の勝負と考えました!

 

道悪馬場が濃厚という事で、いつもより前目のポジションから、直線入口で馬なりで先頭に並び掛け抜け出す⑫ショーム に、直後でコレをマークし直線末脚を伸ばす⑧メイショウエイコウ の戦いと想定しました。

 

⑨ツクバクロオー⑪サイドチェンジ と行きたい馬がおり、最内の①レッドオルバース も前に付けたい馬という事を考えると、流れは遅くはならないでしょう。

脚抜きの良い馬場ながら、厳しい流れの持続力勝負になると想定します。

 

 

馬券の方は、

 

本命の⑫ショーム が1着濃厚で、対抗の⑧メイショウエイコウ が複勝圏内確実と予想するならば、買い目はワイドという事になってしまいますね (笑)

両外国人ジョッキー騎乗の有力馬⑥ルフォール⑬スウィフトレイド の存在を考えると、なかなかイイ選択ではないでしょうか。

 

という事で⑧-⑫のワイド1点で勝負します!

 

 

 

【買い目】
馬単 ⑧-⑫ 5000円
 
合計 5000円

 

 

(買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります。

 

 

【土曜日 その他の気になる馬】

 

f:id:TAKOICHI:20190302080419j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

中山11R   オーシャンS   GⅢ   別定   芝1200m   出走16頭

⑫ナックビーナス

ダイワメジャー 産駒の6歳牝馬です。

前走の カーバンクルS (OP) では、58kg の酷量を背負って53kg の勝馬⑭モズスーパーフレア から0.2秒差2着と好走しました。

今回、この2頭が同じ54kg の負担重量となります。

計算上は逆転が濃厚ですね。

追い切りの動きも追われる毎に良化し、前走以上の状態は間違いないでしょう。

週中の雨の影響で、パンパンの高速馬場にならなさそうな事も本馬に有利な条件ではないでしょうか。

4走前の キーランドC (GⅢ) で、スプリント界の新星 ダノンスマッシュ を完封した走りで、今回も勝ち負け必至と予想します。

⑤ダイメイプリンセス⑭モズスーパーフレア との馬連がオススメです。

 

 

 

以上、タコイチの【今週の勝負レース】土曜日版 でした!

 

では次回は、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。