競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の勝負レース】3歳500万!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 をお届けします!

 

 

 

 

2月24日 (日)   中山 6R   3歳500万

3歳500万   牝馬   馬齢   芝1800m   出走12頭

ペース予想 : S~Mペース

  シンモエ 牝3 54 武士沢友治
 ② フラテルニテ 牝3 54 丸山元気
 ③ ヒマワリオジョウ 牝3 51 木幡育也
 ④ エアジーン 牝3 54 M.デムーロ
 ⑤ ウィクトーリア 牝3 54 C.ルメール
 ⑥ クイーンユニバンス 牝3 54 田辺裕信
 ⑦ ペレ 牝3 54 大野拓弥
 ⑧ キタノキセキ 牝3 52 菊沢一樹
 ⑨ アトミックスワップ 牝3 52 野中悠太
 ⑩ エトワール 牝3 54 戸崎圭太
 ⑪ ヴィジョニア 牝3 53 木幡巧也
 ⑫ ドナリエラ 牝3 51 山田敬士

 

本来であれば、《今週の狙い馬》で エポカドーロ を選んだ時点で、メインの 中山記念 (GⅡ) で勝負すべきところでしたが、考えれば考えるほど分からなくなって来ました。

いくら考えても答えが出そうにないので、思い切ってチョット妙味がありそうな当レースに【今週の勝負レース】を変更したいと思います!

 

 


f:id:TAKOICHI:20190224085454j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

◎は・・・⑤ウィクトーリア です。

https://www.keibasalaryman.com/entry/2018/07/27/%E3%82%BF%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%81%E3%81%AE%EF%BC%BB%E5%85%88%E9%80%B1%E3%81%AE%E6%B3%A8%E7%9B%AE%E9%A6%AC%EF%BC%BD%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%A2%EF%BC%81

ヴィクトワールピサ 産駒の3歳牝馬です。

 

ココ2走、札幌2歳S (GⅡ) 1.3秒差7着 → 赤松賞 (500) 0.7秒差5着と、アタマ打ちな感じの本馬にC.ルメール騎手が騎乗するという事は、今回ハナに立ちペースを握るのは本馬という事で間違いないでしょう。

クラシックシーズンが迫り、喉から手が出るほど欲しい2勝目を、なりふり構わず取りに来たと予想します。

 

デビュー戦の函館1800m で、マイペースの逃げで後続を突き放し2歳レコードを更新した様に、ハナに立ってこその馬だと思われます。

溜めてもキレない ヴィクトワールピサ の産駒という事を考えてもこの戦法しかないでしょう。

今回、ハナを主張する可能性があるのは、本馬と前走ダートの 未勝利戦 を勝ち上がった②フラテルニテ の2頭と思われますが、本馬が何が何でもの姿勢を見せ、ハナに立つと考えます。

 

2走前の 札幌2歳S は出遅れて流れに乗れず、前走の 赤松賞 はマイルのスピードに付いて行けませんでした。

今回、1800m の距離に戻り、Sペース濃厚の出走メンバーで、上がりも速くならない中山コースと、条件的には圧勝したデビュー戦にかなり近付きます。

 

追い切りの方も、雨の影響で重い美浦坂路で4F52秒台ラスト1F12秒台を馬なりで連発と、デビュー以来1番のデキかもしれません。

3ヶ月の休養明けとなりますが、初戦のレコード圧勝の実績と、前述の仕上がりの良さであれば、むしろ狙い目はココでしょう。

 

スタートがチョットもっさりな感じなので、多少強引な逃げになるかもしれませんが、C.ルメール騎手を背にココは確勝レベルと考えます。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190224090800j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

〇は・・・⑩エトワール です。

ハービンジャー 産駒 の3歳牝馬です。

 

Sペースが濃厚という事で、相手は有力馬の中でも前に行けそうな本馬としました。

 

デビュー戦こそ10着と大敗しましたが、道中で不利のあった3走前・2走前の 未勝利戦 でもキッチリ2着を死守し、前走では2着馬に一旦前に出られましたが、ゴール前で差し返し初勝利を挙げました。

どんな状況にも怯まない勝負根性の持ち主ですね。

 

今回Sペース濃厚という事で、前走の様に先行2~3番手でしょうか。

逃げる⑤ウィクトーリア を射程圏に入れての追走になると思われます。

開幕週の絶好馬場という事を加味すると、2頭の行った行ったの可能性もあるかもしれませんね。

 

また、本馬も ハービンジャー 産駒という事を考えると、経験こそありませんが中山コースへの適性は高いでしょう。

⑤ウィクトーリア 同様に、あまり速い上がりを使えそうにない本馬にとっても、ベストの舞台かもしれませんね。

 

4ヶ月の休養明けになりますが、前回の3ヶ月の休養明けでもキッチリ答えを出しているので、特に割り引く必要はないでしょう。

追い切りの方も、美浦南Wで古馬相手に馬なりで好タイムを叩き出している様に、仕上がりには不安はありません。

 

勝ち負けのポジションを取る戸崎騎手なら好勝負必至でしょう。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190224091148j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

▲は・・・④エアジーン です。

ハービンジャー 産駒 の3歳牝馬です。

 

本馬も ハービンジャー 産駒です (笑)

コチラは前2頭よりチョット後ろのポジショニングとなりそうですが、中山1800m のデビュー戦で一瞬で前を飲み込んだ末脚が魅力ですね。

重馬場の中山コースと、ハービンジャー 産駒にはお誂え向きの条件のレースだった事は確かですが、能力無しでは出来ない芸当でしょう。

 

今回、5ヶ月の休養明けの1戦という事と、Sペース濃厚という事で3番手の評価としましたが、M.デムーロ騎手騎乗であれば、上位に持って来るかもしれません。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190224091335j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

注は・・・⑦ペレ です。

ハーツクライ 産駒 の3歳牝馬です。

 

現役最強の1勝馬 エタリオウ の半弟になります。

前走の 未勝利戦 の勝利で、兄の勝ち鞍に並んでしまいました (笑)

 

初戦で、無敗の アドマイヤマーズ を破って 共同通信杯 (GⅢ) を勝った ダノンキングリー の3着であれば、ココでも能力上位は間違いないでしょう。

続く東京の 未勝利戦 では、後方から大外一気を決め、兄同様の鋭い末脚を披露しました。

 

今回、Sペース濃厚という事と、直線の短い中山コースという事で4番手の評価としましたが、ハーツクライ 産駒という事であれば、中山コースにも対応可能かもしれませんね。

 

本馬も3ヶ月の休養明けとなりますが、タイム的には前走の追い切りと同様の動きを見せています。

動ける態勢にはあると考えます。

 

前がチョット忙しくなる様であれば、飛んで来る可能性はありますね。

 

 

この4頭の勝負と考えました!

 

というか、この4頭しかいないでしょう。

初戦同様のマイペースの逃げで直線突き放しに掛かる⑤ウィクトーリア に、先行2~3番手から追いすがる⑩エトワール 、外に回して末脚勝負に賭ける④エアジーン⑦ペレ の勝負と考えました。

 

 

馬券の方は、

 

予想通りの戦法と走りであれば、本命⑤ウィクトーリア の1着は濃厚と考え、本馬から⑩エトワール④エアジーン⑦ペレ への馬単3点で勝したいと思います!

もういい加減ビシッと決めたいです!

 

 

 

【買い目】
馬単 ⑤→⑩ 2000円
馬単 ⑤→④ 2000円
馬単 ⑤→⑦ 1000円
 
合計 5000円

   

 

(買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります。)

 

 

以上、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 でした!

 

では次回は、タコイチの【勝負レース回顧】土曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。