競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の勝負レース】フリージア賞!

タコイチの【今週の勝負レース】フリージア賞!

 

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【今週の勝負レース】土曜日版 をお届けします!

 

 

 

2月16日 (土)

東京 9R   フリージア賞

3歳500万   馬齢   芝2000m   出走 8頭

ペース予想 : Sペース

  アトミックフォース 牡3 56 田辺裕信
 ② マイネルエキサイト 牡3 56 柴田大知
 ③ シャドウディーヴァ 牝3 54 岩田康誠
 ④ ホウオウサーベル 牡3 56 蛯名正義
 ⑤ エデリー 牡3 56 杉原誠人
 ⑥ パトリック 牡3 56 浜中俊
 ⑦ アップライトスピン 牝3 54 大野拓弥
 ⑧ シフルマン 牡3 56 石橋脩

 

 

 


f:id:TAKOICHI:20190216083340j:image

引用 : JBISサーチ(JBIS-Search):国内最大級の競馬情報データベース

 

◎は・・・③シャドウディーヴァ です。

ハーツクライ 産駒の3歳牝馬です。

 

少頭数8頭のレースになりましたね。

内から②マイネルエキサイト がハナに立つと予想されるも、Sペースが濃厚のメンバー構成となりました。

しかもかなりの緩流になりそうですね。

この流れなら、キャリア3戦すべてで3F33秒台をマークしている本馬の出番でしょう。

 

良馬場の初戦が3F33秒0で2着、稍重馬場の2戦目が3F33秒8で2着、稍重馬場の3戦目が3F33秒4で1着という事を踏まえると、良馬場の今回は成長分も含めると、3F33秒を切って来るかもしれませんね。

この末脚なら中団からでも十分勝負になるでしょう。

 

今回3ヶ月半の休養明けの1戦となりますが、軽快な動きを見せている追い切りの内容からも、久々を割引く必要は無いでしょう。

逆に、成長力豊富な ハーツクライ 産駒という事で、休養を挟んだ事で更にレベルアップしているかもしれませんね。

キャリア3戦すべて東京コースの2000m と、一貫して使われているこの条件なら、ほぼ勝ち負けでしょう。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190216083401j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

〇は・・・④ホウオウサーベル です。

ハーツクライ 産駒の3歳牡馬です。

 

コチラが1番人気でしょうか。

前走の 東京スポーツ2歳S (GⅢ) は、ゴール直前で交わした7着の クリノガウディー が、続く 朝日杯FS (GⅠ) で2着と好走した様に、かなり質の高い1戦だった事は間違いありません。

その1戦で出遅れて大外からの6着であれば、本馬も自己条件のココでは、アタマ1つ抜けた存在かもしれませんね。

 

本馬も今回3ヶ月の休養明けの1戦となりますが、一杯に追われた先週、馬なりで追い切られた今週と、かなり鋭い動きを見せている様に、コチラも久々を割引く必要は無いと考えます。

 

前走で出遅れてしまった事と、キレ味では③シャドウディーヴァ に劣ると考え、対抗の評価としましたが、まともなレースなら本馬も勝ち負けでしょう。

 

 

以上の2頭の勝負と考えました!

 

キレ味に勝る③シャドウディーヴァ と実績で上回る④ホウオウサーベル の一騎討ちと想定します。

 

東京2000m のキレ味勝負という事で、ディープインパクト 産駒2頭が不気味ですが、

⑤エデリー は、W.ビュイック→C.ルメール→杉原誠人と、大幅な騎乗ダウンですね。

今季まだ未勝利の騎乗では、手が伸びません。

⑦アップライトスピン は、Sペースの初戦で3F34秒4では厳しいですね。

母方からの強いダート色を考えれば、持続力で勝負するタイプだと思われます。

という事で、ディープインパクト 産駒2頭は今回見送りとしました。

 

 

馬券の方は、

 

本命③シャドウディーヴァ と対抗④ホウオウサーベル の馬単裏表の2点で勝負したいと思います!

少頭数8頭のレースでこの2頭であれば、結構確率の高い馬券ではないでしょうか。

 

 

 

【買い目】
馬単 ③→④ 3000円
馬単 ④→③ 2000円
 
合計 5000円

 

 

(買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります。

 

 

【土曜日 その他の気になる馬】

 

京都 9R   つばき賞

⑤サトノウィザード

 

ロードカナロア 産駒の3歳牡馬です。

前走の 若駒S (OP) は、勝馬の ヴェロックス に軽くあしらわれてしまいましたが、3ヶ月の休養明けで3着以下に2馬身の差を付けた事を考えると、自己条件のココは確勝でしょうか。

追い切りの動きも、栗東坂路で馬なりで自己ベスト更新なら、まず大崩れは無さそうですね。

Sペース濃厚の少頭数8頭で、直線の長い外回りコースの条件であれば、初戦の様なキレキレの末脚で1着濃厚と考えます。

初戦が着差以上に楽勝だった⑥ユニコーンライオン との馬連がオススメです。

 

 

 

以上、タコイチの【今週の勝負レース】土曜日版 でした!

 

では次回は、タコイチの【勝負レース回顧】土曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。