競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》2頭目!

タコイチの《今週の狙い馬》2頭目!

 

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けします!

 

では2頭目は・・・

 

 

2月17日 (日)

東京 9R   ヒヤシンスステークス

3歳オープン   別定   ダート1600m   登録12頭f:id:TAKOICHI:20190214232141j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《今週の狙い馬》  デルマルーヴル

通算  3-1-0-1  C.ルメール  騎乗予定

 

前走 2018年12月19日 川崎 (ダ)1600m 1.42.8 2着
全日本2歳優駿 JpnⅠ 重 ・ M ⑦⑦⑥⑤-②
2走前 2018年11月28日 園田 (ダ)1400m 1.28.6 1着
兵庫ジュニアGP JpnⅡ 良 ・ H ⑧⑧⑤④-①
3走前 2018年11月10日 東京 (ダ)1400m 1.24.4 1着
オキザリス賞 500万 稍重 ・ M ⑪⑨-①
4走前 2018年9月22日 中山 (ダ)1800m 1.53.3 1着
2歳未勝利 未勝利 重 ・ H ③③③②-①
5走前 2018年8月25日 札幌 (ダ)1700m 1.46.0 4着
2歳新馬 新馬 不良 ・ M ⑧⑦④④-④

 

 

5戦3勝の パイロ 産駒の3歳牡馬です。

兵庫ジュニアGP (JpnⅡ) の勝馬です。

 

前走の 全日本2歳優駿 (JpnⅠ) こそ勝馬の ノーヴァレンダ に僅かアタマ差及びませんでしたが、現在の3歳ダート路線を引っ張る存在である事はまず間違いないでしょう。

 

その前走の 全日本2歳優駿 ですが、重馬場という事で出来る限り前目のポジションを取りたいところでしたが、内の⑤番枠からのゴチャついたスタートで、思う様な位置取りが出来ませんでしたね。

道中は中団7番手の内という、地方の小回りコースでしかも重馬場の馬場状態では、決して有利とは言えないポジショニングとなってしまいました。

レースが動き始めた向こう正面から徐々に仕掛け、3コーナーでは6番手、4コーナーでは5番手までポジションを上げましたが、脚抜きの良い馬場で前が止まらない展開では、厳しい事に変わりはありませんでしたね。

直線大外から出走メンバー最速の3F39秒4の末脚で追い上げるも、終始楽に先行した勝馬 ノーヴァレンダ をアタマ差捉える事が出来ませんでした。

 

この2着で 未勝利戦 から続いていた連勝は3でストップしましたが、条件的に不利が重なりながらも2着まで追い上げた勝ちに等しい内容と、それまでの3連勝の勝ちっぷりを踏まえると、現時点での3歳ダート路線No.1は本馬という事でほぼ間違いないと思われます。

 

本馬の魅力は何といってもその強靭な末脚ですね。

馬場・ペースを問わずほぼ確実に飛んで来ます。

デビュー戦こそ不発に終わりましたが、それ以降4戦すべて出走メンバーぶっちぎり最速の末脚をマークしています。

 

今回、中央のオープン特別への出走となりますが、広くて直線の長い東京コースでパサパサの良馬場が濃厚となると、落とす訳にはいきませんね。

アメリカ3冠レースにも登録をしているという事なので、その出走査定ポイントの対象レースであるココは是が非でも勝ちたいところでしょう。

 

追い切りの方もポリトラック主体ですが、

2/13  美浦P  5F  68秒2-52秒2-38秒6-11秒9  馬なり

ミモザイエロー (500) 馬なりの内1.0秒追走同入

と、前走時の追い切りとさほど変わらない動きを見せています。

この動きなら大丈夫でしょう。

 

登録頭数12頭と少頭数のレースになりそうですが、逃げ馬・先行馬もほど良く揃いそうな感じで、流れは底力勝負のMペースでしょうか。

展開面でも不足は無いでしょう。

3戦3圧勝と相性の良い主戦C.ルメール騎手に戻り、次のステップへと向かう危なげない勝利を期待します。

 

 

相手候補としては、

f:id:TAKOICHI:20190214233223j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《相手候補》  メイクハッピー

通算  2-0-0-1  M.デムーロ  騎乗予定

 

3戦2勝の Square Eddie 産駒の3歳牝馬です。

カトレア賞 (500) の勝馬です。

 

本命馬がC.ルメールと来るならば、相手はM.デムーロで、というのが今の競馬のセオリーですね (笑)

牡馬相手に500万特別を楽勝する能力もさる事ながら、その東京ダート1600m への適性を考えると、本馬も軽く扱う訳にはいきません。

 

前走の 全日本2歳優駿 は、大きなストライドの本馬に地方の小回りコースの内枠は厳しかったでしょうか。

窮屈な競馬となり、まったくイイところが見られませんでした。

追走を急かされる道悪馬場のレースも合わなかったかもしれませんね。

 

今回、広くて直線の長い東京コースで、しかもパサパサの良馬場でのレースが濃厚と、条件は大幅に好転します。

緩急の少ないMペース想定の流れも、ドッシリ構えたい本馬に向く流れとなるでしょう。

 

追い切りの方は、あまり目立った動きは見せていませんが、連勝中もこんな感じだったので心配の必要は無いでしょう。

実戦でこそのタイプだと思われます。

 

大きなストライドで、あまり器用なタイプには思えない事、連勝中は外枠からの競馬で、強い姿を見せている事を踏まえると、その能力を発揮する為にはココは是非外枠が欲しいですね。

2走前・3走前の様に、外枠からスムーズなレースが可能なら、デルマルーヴル をも脅かす存在になるかもしれません。

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 でした!

 

では次回は、【今週の勝負レース】土曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。