競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》1頭目!

タコイチの《今週の狙い馬》1頭目!

 

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 をお届けします!

 

まず1頭目は・・・

 

 

2月16日 (土)

東京 9R   フリージア賞

3歳500万   馬齢   芝2000m   登録12頭f:id:TAKOICHI:20190214162659j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《今週の狙い馬》  シャドウディーヴァ

通算  1-2-0-0  岩田康誠  騎乗予定

 

前走 2018年11月10日 東京 (芝)2000m 2.01.1 1着
2歳未勝利 未勝利 稍重 ・ S ④⑤⑤-①
2走前 2018年10月27日 東京 (芝)2000m 2.00.9 2着
2歳未勝利 未勝利 稍重 ・ S ⑤⑤⑤-②
3走前 2018年10月7日 東京 (芝)2000m 2.03.6 2着
2歳未勝利 未勝利 良 ・ S ⑫⑪⑨-②

 

 

3戦1勝の ハーツクライ 産駒の3歳牝馬です。

 

ハーツクライダイヤモンドディーヴァ の、シャドウ軍団の真打ちの登場です。

前走の東京2000m で行われた 未勝利戦 の勝ちっぷりは、牡馬相手のココでもと思わせるぐらいインパクトの強いモノでした。

 

稍重馬場で行われたその 未勝利戦 ですが、道中は中団5番手の追走から、直線出走メンバー最速の末脚で2着馬を4馬身突き放しました。

その直線も、ココからというタイミングで外から2着馬に進路を絞られ、決してスムーズと言えるモノではありませんでしたが、狭くなったその間を割って伸びて来ましたね。

稍重馬場で上がり3F33秒4の末脚を繰り出し、アッという間に勝負を決めてしまいました。

勝ちタイムの方も、標準より約1.0秒程度速い時計の出る馬場ではありましたが、それを差し引いても稍重馬場で2分01秒01の時計は、かなり優秀な部類に入ると思われます。

 

3戦目の前走でようやく初勝利となりましたが、ハーツクライ 産駒らしく1戦ごとに強くなって来ている印象です。

Dansili 産駒の母 ダイヤモンドディーヴァ は、英米でG1勝ちこそありませんが、重賞2勝を含む18戦6勝2着6回3着3回と、上位のクラスで安定した成績を残した牝馬でした。

この母に、父が中距離以上のレースで無類の強さを誇る ハーツクライ であれば、オークス (GⅠ) がこの春の最大目標でしょう。

その目標に出走する為にも、是非ココで2勝目と行きたいところではないでしょうか。

 

今回3ヶ月の休養明けとなりますが、

2/6  美浦南W  4F50秒9-37秒0-12秒8  G前仕掛け

コパノマリーン (1600) 馬なりの内 1.1秒追走0.2秒先着 

2/13  美浦坂路  4F  53秒3-39秒3-25秒3-12秒4  馬なり

アグレアーヴル (1000) 強目に0.5秒先行同入

と、先週・今週と古馬相手の併せ馬でかなり軽快な動きを見せています。

この動きなら久々を割り引く必要は無さそうですね。

 

まだまだ成長段階にあると思われる本馬ですが、デビューから一貫して使われている慣れた東京2000m であれば、牡馬相手のココでも素質で圧倒するシーンがあるかもしれません。

 

 

相手候補としては、

f:id:TAKOICHI:20190214234142j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《相手候補》  ホウオウサーベル

通算  1-0-0-1  蛯名正義  騎乗予定

 

2戦1勝の ハーツクライ 産駒の3歳牡馬です。

 

まあ実績的に考えると、相手は本馬になるでしょう。

前走、かなり駒の揃った 東京スポーツ2歳S (GⅢ) で6着であれば、ココでは最上位の実績となりますね。

しかもスタートで立ち遅れ、道中は馬群の外々を回り、直線は内を突いた馬が上位を独占するレースで、大外から脚を伸ばしての6着であれば、着順以上の評価が必要かもしれません。

 

同じ様に外から脚を伸ばし、4着となった ヴェロックス が、続く 若駒S (OP) をアッサリ快勝した事を考えると、本馬も自己条件のココでアッサリがあっても、何ら不思議ではないですね。

 

今回、その 東京スポーツ2歳S から3ヶ月の休養明けの1戦となりますが、

2/6  美浦南W  5F  66秒4-51秒4-36秒7-12秒5  直一杯

クリスタルバローズ (500) 強目の内1.6秒追走0.8秒先着

2/13  美浦南W  5F  68秒6-53秒4-39秒5-12秒7  馬なり

ペレ (500) 馬なりの外0.6秒先行同入

と、共に3歳馬相手の併せ馬ですが、時計的にもかなり動いていますね。

デビュー戦を強い内容で勝った馬という事で、久々を割り引く必要も無いでしょう。

 

前走の様に出遅れてしまうと、Sペースが濃厚という事で厳しい展開になるかもしれませんが、即リカバリー可能な程度なら、自己条件のココは勝ち負け必至と予想します。

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 でした!

 

では次回は、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。