競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の勝負レース】クイーンC!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【今週の勝負レース】月曜日版 をお届けします!

 

 

 

2月11日 (月)

東京11R   クイーンカップ   GⅢ

3歳オープン   別定   牝馬   芝1600m   出走 9頭

ペース予想 : Sペース

  マドラスチェック 牝3 54 大野拓弥
 ② レッドベルディエス 牝3 54 F.ブロンデル
 ③ ミリオンドリームズ 牝3 54 C.ルメール
 ④ ジョディー 牝3 54 武藤雅
 ⑤ アークヴィグラス 牝3 55 瀧川寿希也
 ⑥ ビーチサンバ 牝3 54 福永祐一
 ⑦ カレンブーケドール 牝3 54 戸崎圭太
 ⑧ マジックリアリズム 牝3 54 F.ミナリク
 ⑨ クロノジェネシス 牝3 55 北村友一

 

 

雪の影響で9日 (土) から、本日11日 (月) への順延となりましたね。

この2日間という時間が、出走馬に及ぼす影響が心配されますが、それは出走馬すべて同じ条件ですので、予想のファクターには入れない様にしました。

9日 (土) に続き心配されたお天気の方も、どうやら大丈夫の様ですね。

天気予報では、くもりの予報で降水確率は30%となっています。

良馬場での開催が濃厚ではないでしょうか。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190208073656j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

◎は・・・①マドラスチェック です。

Malibu Moon 産駒の3歳牝馬です。

 

『 早め先行で速い上がりで後続を突き放す』コレが本馬の持ち味ですが、そのスタイルがフルに活かされそうなレースになりそうですね。

 

①番枠という事で先行策は間違いないでしょう。

外からどうしてもハナに立ちたい④ジョディー を行かせての先行2番手という線が濃厚ですね。

前走の 赤松賞 (500) の再現となりますが、内ラチぴったりの追走で、前に逃げる④ジョディー を壁にして、しっかりと脚を溜めれる展開になりそうです。

 

少頭数の9頭のレースという事に、ハナに立つ④ジョディー が溜めれるだけ溜めたいタイプという事を加味すると、道中はかなりのSペースの流れになるでしょう。

前走は直線での反応が鈍く、スピードが乗り切ったところが丁度ゴールという、チョット脚を余した感じがありました。

今回はその轍を踏み、4コーナーからチョット早めの仕掛けになるかもしれませんね。

直線入口で抜け出しを計る④ジョディー の外に持ち出し、33秒台中盤の末脚を繰り出すと想定します。

その④ジョディー の逃げた場合の渋太さは、前走でしっかりと把握出来たので、今回はコレを負かす事を目標に直線追われるでしょう。

Sペースからの直線キレ味勝負で、マイペースで逃げた④ジョディー を交わせば、勝ち負けは必至と思われます。

 

今回3ヶ月の休養明けの1戦となりますが、3着を3馬身以上突き放して勝利した初戦の内容からも、特に割り引く必要は無いでしょう。

追い切りの方も、

美浦坂路  4F  53秒8-38秒9-24秒8-12秒2  馬なり

と、騎手騎乗ではありますが、稍重の走り辛い馬場で前走の追い切り時計より速いタイムをマークしています。

中間には、

美浦南W  4F  51秒9-38秒0-12秒7  直線一杯

と、速いタイムを叩き出している事から、デキはかなり高い状態にあると思われます。

 

内ラチぴったりの経済コースから、直線のみ外に出すロスの少ない競馬で、尚且つSペースからの直線キレ味勝負とくれば、勝ち負けになる確率はかなり高いと予想します。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190208185911j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

〇は・・・⑥ビーチサンバ です。

クロフネ 産駒の3歳牝馬です。

アルテミスS (GⅢ) 2着・阪神JF (GⅠ) 3着馬です。

 

今回、阪神JF 2着馬の⑨クロノジェネシス も参戦していますが、今回はコチラの方が上位に来る確率が高いのではないかと予想します。

 

稍重馬場で3F33秒8の末脚をマークし快勝した阪神のデビュー戦、出遅れながらも直線では早い仕掛けで一旦完全に先頭に立った2戦目の アルテミスS 、逆にチョット仕掛けを待ち過ぎた感のある3戦目の 阪神JF と、3戦ともにココでは上位の能力を感じさせる内容となっていますね。

2・3戦目の仕掛けのタイミング次第では、もう1つ上の着順もあったかもしれません。

 

今回、阪神JF から2ヶ月の休養明けの1戦となりますが、追い切りの方も、

栗東坂路  4F  56秒1-40秒4-25秒9-12秒2  馬なり

と、上がり重点ではありますが、走り辛い馬場の中、同じく上がり重点の追い切りだった前走とほぼ同タイムをマークしています。

力を出せる仕上がりではないでしょうか。

 

クロフネ 産駒の特に牝馬は、ホエールキャプチャアエロリット の様に、東京芝1600m の重賞での好成績が目立ちます。 

稍重馬場の阪神の初戦で見せた3F33秒4の末脚と、本来もう少し前のポジションでもレース可能な競馬センス、それに父 クロフネ の血の後押しがあれば、上位の確率は高いのではないでしょうか。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190211101155j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

▲は・・・⑦カレンブーケドール です。

ディープインパクト 産駒の3歳牝馬です。

 

一発があるとするなら、本馬かもしれません。

デビュー戦で僅差の戦いとなった ダノンキングリー が、昨日の 共同通信杯 (GⅢ) で2歳王者 アドマイヤマーズ を破った事で、評価が一気に跳ね上がりました。

 

本馬の魅力は何と言ってもその末脚でしょう。

前述したデビュー戦で、3F33秒0の末脚で ダノンキングリー を追い詰めた様に、ディープインパクト 産駒らしいキレキレの脚を使います。

続く 未勝利戦 では、直線前が開かずに消化不良の1戦となりましたが、3戦目の前走は本来得意ではないと思われる中山コースのMペースからの持続力勝負にも対応し、無難に初勝利を挙げました。

 

今回、まだ勝ち星のない東京コースに3度目の挑戦となりますが、脚質的にはこのコースでこそでしょう。

Sペースからのキレ味勝負濃厚な展開も、本馬が最も力を発揮する舞台だと思われます。

 

ソラリア は、チリでG1クラス3勝を含む11戦7勝という成績の瞬発力に優れた名牝でした。

その母に ディープインパクト を交配し、瞬発力 × 瞬発力の様な末脚重視の血統となっています。

ココで弾けても何ら不思議はないでしょう。

 

追い切りの方も、未勝利戦を勝った前走同様に、素軽いフットワークで軽快な動きが目立つとの事なので、前走の良い状態はキープされていると思われます。

昨日の 共同通信杯 を勝ち、勢いに乗る戸崎騎手騎乗なら、一発があっても驚けません。

 

 

この3頭の勝負と考えました!

展開的には前有利は間違いないでしょう。

前走先行3番手から脚を余した感のある①マドラスチェック を本命としました。

相手には仕上がり上々で、他の有力馬より一例前のポジショニングが可能な⑥ビーチサンバ と、ココでも末脚の威力は1番かもしれない⑦カレンブーケドール としました。

 

1番人気濃厚の⑨クロノジェネシス は仕上がり具合が???ですね。

前走の出遅れも気になります。

Sペース濃厚のレースで、どうしても外を回らざるを得ない大外枠も有利とは言えないでしょう。

今回は見送りとしました。 

 

 

馬券の方は、

 

本命①マドラスチェック から、⑥ビーチサンバ⑦カレンブーケドール の2頭へのワイド2点で仕留めたいと思います!

経済コースを活かして、①マドラスチェック には是が非でも3着以内に残って欲しいところです。

 

 

 

【買い目】
ワイド ①-⑥ 3500円
ワイド ①-⑦ 1500円
 
合計 5000円

   

 

(買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります。)

 

 

【月曜日 その他の気になる馬】

 

東京 9R   テレビ山梨杯

⑩レッドラフェスタ

オルフェーヴル 産駒の4歳牝馬です。

相当なキレ者ですね。

1000万の特別戦とは思えないくらい素質馬が集まりましたが、その中でも本馬の末脚は頭2つぐらい飛び抜けています。

良馬場の東京コースであれば、3F33秒台前半は確実、2走前の様に32秒台の末脚で飛んで来る可能性も低くはありません。

結構なメンバーとなりましたが、展開不問の本馬の直線一気に期待しましょう。

馬連・ワイドの軸にお薦めです。

 

 

 

以上、タコイチの【今週の勝負レース】月曜日版 でした!

 

では次回は、タコイチの【勝負レース回顧】月曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。