競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》1頭目!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 をお届けします!

 

まず1頭目は・・・

 

 

2月 9日 (土)

東京11R   クイーンカップ   GⅢ

3歳オープン   別定   牝馬   芝1600m   登録11頭f:id:TAKOICHI:20190205095528j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《狙い馬》  マドラスチェック

通算  1-1-0-0  大野拓弥  騎乗予定

 

前走 2018年11月18日 東京 (芝)1600m 1.34.3 2着
赤松賞 500万 良 ・ S ②③-②
2走前 2018年11月4日 東京 (芝)1600m 1.37.2 1着
2歳新馬 新馬 良 ・ S ①①-①

 

2戦1勝の Malibu Moon 産駒の3歳牝馬です。

赤松賞 (500) の2着馬です。

 

Malibu Moon 産駒は、頭数自体が少ないのでイマイチ特徴が掴めませんが、代表産駒の オーブルチェフ が全日本2歳優駿 (JpnⅠ) を勝っている様に、基本的にはダート向きという認識で良いでしょうか。

かといって、芝がまったくダメな訳でもなく、日本では大レースの勝ち鞍こそありませんが、出走回数少なさの割にはマイル以下のレースでソコソコの成績を挙げています。

 

本馬も、当初ダートでのデビューを予定していましたが、除外となりスライド出走した芝のデビュー戦で初勝利を挙げました。

その芝のデビュー勝ちの優秀な内容から、再度芝の 赤松賞 への出走となりましたが、なかなか味のある内容での2着と好走しました。

 

その前走ですが、非常に惜しい内容でしたね。

好スタートから二の脚を効かせてハナを奪う勢いでしたが、外の ジョディー が主張した為に、控えて先行3番手からのレースとなりました。

道中はその逃げた ジョディー の2馬身後方の内ラチ沿いを手応え良く追走し、直線入口ではスッと抜け出した ジョディ と2番手追走の レディマクベス に離されはしましたが、直線中程でエンジンが掛かり始めると、出走メンバー最速タイの上がり3F33秒8の末脚で、2番手で苦しむ レディマクベス を並ぶ間もなく交わし、勝ちパターンに入っていた ジョディー をゴール前急追しました。 

 

僅かハナ差、マイペースで逃げた ジョディー には届かない惜しい結果となりましたが、キャリア2戦目で逃げ切ったデビュー戦は異なる、控えてのレースで結果を残せた事は非常に大きな収穫でしょう。

Sペースながら、1分34秒3の走破タイムも優秀な部類だと思われます。

何より3番手追走から3F33秒8という末脚が使えた事が大きいですね。

 

今回、重賞への格上挑戦となりますが、登録馬11頭と少頭数のレースになる事は必至でしょう。

またハナ候補も前走で後塵を拝した ジョディー のみと、再度のSペースからの直線キレ味勝負になる可能性が高いと考えます。

スタートセンスが良く二の脚が速いので、今回も前走同様に逃げ馬直後のポジショニングとなるでしょう。

マイル戦という事で、中距離戦の様な超Sペースからの究極のキレ味勝負になる可能性は低いと考えると、ある程度前目のポジションでレースが可能で、かつ速い上がりを使える本馬の様なタイプの馬に展開は向くと考えました。

馬場状態も開幕3週目でまだまだ軽くてキレる絶好の状態は続いており、コレも追い風となるでしょう。

前走は直線での反応の鈍さから、チョット脚を余す感じとなりましたが、今回で3戦連続となる大野騎手騎乗なら、4コーナーからふかし気味に直線へ向かい、早めの仕掛けで末脚全開と考えます。

今回は逃げる ジョディー を捉えるでしょう。

 

また、今回2ヶ月半の休養明けとなりますが、先週の1月30日には、

美浦南W  4F  51秒9-38秒0-12秒7  直線一杯

と、鋭い動きを見せています。

余裕残しのデビュー戦快勝からも、久々を割り引く必要は無さそうですね。

 

クラシックへの前哨戦という事で、前走阪神JF (GⅠ) 2着の クロノジェネシス 、同3着の ビーチサンバ 、末脚自慢の ディープインパクト 産駒 レッドベルディエスマジックリアリズムミディオーサ 、C.ルメール騎手騎乗予定の ミリオンドリームズ と、少頭数ながらかなりハイレベルなメンバーとなりそうですが、前走の様にSペースを早め先行で、かつ33秒台の上がりを使える様なら、好勝負必至ではないかと考えます。

 

また、もう1つ本馬を推すポイントとして、週末のお天気が挙げられます。

週末の関東地方は流動的で、気温が下がり降雪の可能性も少なからずある様です。

雪が積もる様なベタベタの馬場になると、500kg を超える本来ダート向き血統の本馬の出番でしょう。

状況が悪化し、芝コース閉鎖でダート戦への変更ともなると、本馬の独壇場になるかもしれませんね。

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 でした!

 

では次回は、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。