競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の勝負レース】箱根特別!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【今週の勝負レース】土曜日版 をお届けします!

 

 

 

2月 2日 (土)

東京10R   箱根特別

4歳上1000万   ハンデ   芝2400m   出走10頭

ペース予想 : Sペース

  マスラオ セ5 55 F.ブロンデル
 ② スプマンテ 牡5 56 田辺裕信
 ③ ピッツバーグ セ6 53 坂井瑠星
 ④ ヒメタチバナ 牝6 51 武藤雅
 ⑤ ルヴォワール 牝5 54 C.ルメール
 ⑥ ナムラドノヴァン 牡4 55 内田博幸
 ⑦ サンデームーティエ 牡5 55 柴田大知
 ⑧ サトノオンリーワン 牡4 55 石橋脩
 ⑨ プレシャスブルー 牡5 54 石川裕紀人
 ⑩ パルクデラモール 牝4 53 戸崎圭太

 

 

 


f:id:TAKOICHI:20190202014750j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

◎は・・・⑩パルクデラモール です。

ディープインパクト 産駒の4歳牝馬です。

 

大外枠となってしまいましたが、少頭数10頭のレースなので割り引く必要はないでしょう。

出来れば前目のポジションでレースしたい馬なので、スタート時の不利を受けにくく、内の逃げ馬を見ながらポジショニング出来る枠と考えれば、逆にプラスになるかもしれませんね。

 

この枠なら、内から③ピッツバーグ⑦サンデームーティエ らを行かせての3番手でしょうか。

前者は衰えが目立ち、後者は休養明けの前走を大敗し、今回も格下相手の追い切りで遅れを取っており、まだまだ本調子ではないと思われます。

いつでも交わせる2頭を前に置いてのSペース濃厚のレースであれば、本馬の展開的有利は間違いないでしょう。

自身より後ろのポジションから伸びて来るであろう⑤ルヴォワール の動きに合わせ、仕掛けを待てるぐらいの余裕があれば、ほぼ勝ち負けになると考えます。

能力ではその⑤ルヴォワール には敵いませんが、位置的有利をフルに活かして粘り込みを計れば、レースは本馬と⑤ルヴォワール の一騎討ちの様相となるでしょう。

 

今回、2ヶ月の休養明けの1戦となりますが、追い切りの方も、

美浦南W  5F  67秒5-52秒0-38秒5-13秒7  馬なり

と、ラスト1Fのタイムは要しましたが、全体の時計では前走時の追い切りタイムを2秒2上回るタイムをマークしています。

調整は順調という認識で良いでしょう。

 

460kg 台の小柄な ディープインパクト 産駒なので、週中の積雪の影響がチョット心配ですが、金曜日・土曜日と晴天が続けば、レースの時間帯には良馬場が見込まれるでしょう。

前目のポジションニング可能な機動力も持ち合わせている事を加味すれば、大崩れの可能性は少ないと予想します。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190202014738j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

〇は・・・⑤ルヴォワール です。

ハーツクライ 産駒の5歳牝馬です。

 

昨年の菊花賞 (GⅠ) を勝った フィエールマン の半姉で、本馬もミモザ賞 (500) を楽勝した時点ではクラシック候補と噂されていました。

 

素直に考えれば、本馬がココでは最有力候補である事は間違いないでしょう。

この辺りで足踏みしてはいけない能力の持ち主だと考えています。

500kg を軽く超えるパワー豊富な ハーツクライ 産駒で、4走前に中山の ミモザ賞 を持ったままで楽勝し、2走前に稍重の札幌で 500万戦 を快勝した事を考えると、週中の積雪でパンパンの良馬場にはならない事も、本馬に味方するであろうと思われます。

 

順当であれば、本馬の1着という予想が妥当ですが、超巨漢馬の休養明けという事と、本質はパワータイプの持続力勝負型で、勝負どころで結構ズブい本馬には、Sペースのキレ味勝負には一抹の不安があると考え、◎本命⑩パルクデラモール に譲り、本馬を〇対抗の評価としました。

 

ミモザ賞 を馬なりで楽勝した様に、本質はパワーにモノを言わせる持続力勝負タイプではないでしょうか。

その能力の高さで、東京コースのキレ味勝負にも対応していますが、本来得意な条件とは言えないと考えます。

勝負どころでのズブさが目立ち、急なギアチェンジが出来ない事も、当コースにあまり向いているとは言えませんね。

 

今回、その得意とは言えないSペースからのキレ味勝負となりますが、出走メンバーを見渡す限り本馬と対等に戦える馬は見当たらず、この条件でも十分に勝ち負けになりそうですね。

菊花賞馬の姉であれば、初めての2400m も特に問題はないでしょう。

追い切りもその フィエールマン と併せられ、互角の動きを見せています。

一応の態勢は整ったと思われます。

 

 

この2頭の勝負と考えました!

 

少頭数でSペース濃厚の流れに乗じて、直線入口で馬なりで先頭に立ち仕掛けを待つ⑩パルクデラモール に、中団からその⑩パルクデラモール を目掛けて脚を伸ばす⑤ルヴォワール の勝負と考えました。

展開面・能力面で考えると、この2頭の一騎討ちではないでしょうか。

 

 

馬券の方は、

 

◎本命⑩パルクデラモール から〇対抗⑤ルヴォワール への馬単で勝負したいと思います!

今回も保険として裏目はキッチリ押さえとおきます (笑)

 

 

 

【買い目】
馬単 ⑩→⑤ 2500円
馬単 ⑤→⑩ 2500円
 
合計 5000円

 

 

(買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります。)

 

 

【土曜日 その他の気になる馬】

 

東京 4R   3歳500万

⑥ボストンテソーロ

美浦坂路で抜群の動きを見せていますね。

馬なりで4F52秒台ラスト1F12秒台を連発しています。

休養明けの前走を快勝し、状態は更に上向いていると思われます。

その前走もプラス18kg の馬体増での勝利であった事を踏まえると、今回は思惑通りの上積みが見込まれるでしょう。

前々のポジションでの本馬にとって、脚抜きの良い馬場でのレースが濃厚な事も追い風となるでしょう。

当レースには、先週の はこべら賞 (500) を楽勝した ケイタイターコイズ と、デビュー戦で僅差の勝負をした ①デュープロセス という1頭抜けた馬がいますが、今の状態であれば好勝負に持ち込めると考えます。

 

東京12R   4歳上1000万

③ショーム

https://www.keibasalaryman.com/entry/2018/08/25/%E3%82%BF%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%81%E3%81%AE%E3%80%90%E5%8B%9D%E8%B2%A0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9%E5%9B%9E%E9%A1%A7%E3%80%91%E7%80%AC%E6%B3%A2%E6%B8%A9%E6%B3%89%E7%89%B9%E5%88%A5%EF%BC%81https://www.keibasalaryman.com/entry/2018/09/22/%E3%82%BF%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%81%E3%81%AE%E3%80%90%E5%8B%9D%E8%B2%A0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9%E5%9B%9E%E9%A1%A7%E3%80%91%E8%8C%A8%E5%9F%8E%E6%96%B0%E8%81%9E%E6%9D%AF%EF%BC%81

1000万の平場であれば、確勝レベルでしょう。

1800m では、4コーナーの手応えの割りに直線伸び切れない感じが続いているので、未勝利戦 を好タイムで圧勝した1600m への短縮も大きくプラスになると思われます。

元々、休養明けは走る傾向ですが、今回調教の方も絶好調を思わせる圧巻の動きを見せています。

相手の予想が難しいので、《今週の狙い馬》を見送りましたが、私が大金持ちであれば本馬の単勝に100万円です (笑)

 

 

 

以上、タコイチの【今週の勝負レース】土曜日版 でした!

 

では次回は、タコイチの【勝負レース回顧】土曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。