競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の勝負レース】セントポーリア賞!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 をお届けします!

 

 

 

1月27日 (日)

東京 9R   セントポーリア賞

3歳500万   馬齢   芝1800m   出走 8頭

ペース予想 : Sペース

 ① マイネルエキサイト 牡3 56 柴田大知
 ② ゴーアブロード 牡3 56 岩部純二
 ③ カントル 牡3 56 戸崎圭太
 ④ トーセンカンビーナ 牡3 56 O.マーフィー
 ⑤ メリーメーキング 牡3 56 武豊
 ⑥ インテンスライト 牡3 56 菊沢一樹
 ⑦ ミヤケ 牡3 56 森泰斗
 ⑧ アドマイヤスコール 牡3 56 C.ルメール

 

 

 


f:id:TAKOICHI:20190127024608j:image

引用 : JBISサーチ(JBIS-Search):国内最大級の競馬情報データベース

 

◎は・・・⑧アドマイヤスコール です。

ディープブリランテ 産駒の3歳牡馬です。

 

前目のポジションからキレる脚を使う事が出来る。

コレが本馬の武器ですね。

出走メンバーの中で、先行5番手以内から33秒台の末脚をマークした実績があるのは、本馬と④トーセンカンビーナ の2頭のみです。

少頭数8頭のSペース濃厚のココでは、コレが勝敗を分ける大きなポイントになると考えます。

 

前走の 東京スポーツ2歳S (GⅢ) は、度重なる不利で消化不良の1戦となりましたが、当レースと同コース・同距離の2走前の 未勝利戦 では、後続を離しての評判馬 ソルドラード との一騎討ちを、上がり3F33秒5の末脚で制しています。

同じ舞台でのキレ味勝負は望むところでしょう。

 

また、今回の騎乗がその ソルドラード に騎乗していたC.ルメール騎手というのも、なにかの縁でしょうか。

前目のポジションから速い脚を使う本馬の強さを、身をもって感じた1人です。

2走前と同様のレースに持ち込む可能性が高いと考えます。

 

追い切りの方も、古馬1600万の スウィングビート と併せられ、強目に追われる相手に馬なりの手応えで互角以上の動きを見せています。

2ヶ月半の休養明けも問題なさそうですね。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190127024724j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

〇は・・・③カントル です。

ディープインパクト 産駒の3歳牡馬です。

 

本馬の末脚にキレを感じるかとなると、?という感じになってしまいますが、キレキレの末脚を使う ワグネリアン の全弟という事を考えると、軽視は禁物でしょう。

 

実際キャリア3戦ともに、例年よりタフで時計の掛かる京都・阪神コースのレースのみで、キレ味勝負のレースの舞台となりやすい、東京・新潟コースに出走の経験はありません。

末脚自慢の ディープインパクト 産駒という事を考えると、ココで一気にパフォーマンスを跳ね上げる可能性もありますね。

前走・2走前とその一端を見せる様に、後方からメンバー最速の末脚で好走しています。

 

戸崎騎手騎乗という事で、おそらく先行馬をマークする様なポジションでのレースになると思われますが、まだ見せていないもう1つ上のギアで、末脚一閃という可能性もあるかもしれません。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190127131200j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

▲は・・・④トーセンカンビーナ です。

https://www.keibasalaryman.com/entry/2018/09/28/%E3%82%BF%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%81%E3%81%AE%EF%BC%BB%E5%85%88%E9%80%B1%E3%81%AE%E6%B3%A8%E7%9B%AE%E9%A6%AC%EF%BC%BD%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%8Ahttps://www.keibasalaryman.com/entry/2018/10/21/%E3%82%BF%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%81%E3%81%AE%E3%80%90%E5%8B%9D%E8%B2%A0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9%E5%9B%9E%E9%A1%A7%E3%80%91%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%93%E3%83%BC%EF%BC%B3%EF%BC%81https://www.keibasalaryman.com/entry/2018/12/31/%E3%82%BF%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%81%E3%81%AE%E3%80%90%E5%8B%9D%E8%B2%A0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9%E5%9B%9E%E9%A1%A7%E3%80%91%EF%BC%92%E6%AD%B3%EF%BC%95%EF%BC%90%EF%BC%90%E4%B8%87%EF%BC%81

ディープインパクト 産駒の3歳牡馬です。

 

わからないのがこの馬です。

強いのか弱いのか私中でもまだ結論に至っていません。

 

未勝利戦 圧勝の内容から、確勝レベルと思われた前走の 500万戦 も、7着大敗と期待を大きく裏切られました。

騎乗の浜中騎手のリードも?な内容だったので、余計にわからなくなってしまいました。

 

今回、アイビーS (OP) 5着の東京コースに替わり、騎乗もO.マーフィー騎手に替わります。

その アイビーS も1番人気に推されながらの5着なので、あまり強くは推せませんが、勝馬が 阪神JF (GⅡ) 2着の クロノジェネシス 、2着が続く 黄菊賞 (500) を勝ち、ホープフルS (GⅠ) 4着の コスモカレンドゥラ 、3着の エメラルファイト 4着の トーラスジェミニ も、即500万を勝ち上がった事を考えると、かなりメンバーの揃っていた1戦とも考えられますね。

 

そのメンバーの揃っていたレースで、上がり3F33秒2の末脚をマークしての5着ですから、自己条件の500万特別では勝ち負けになってもおかしくはないハズです。

出遅れ・テンションの高さなと、クリアしないといけない課題は多々抱えていますが、前走の不可解な大敗をノーカウントとするならば、まだまだ可能性はありそうですね。

 

積極的なO.マーフィー騎手騎乗であれば、スタートが決まればおのずと前目のポジションとなるでしょう。

テンションを考えるとハナもあるかもしれません。

ディープインパクト 産駒という事で、キレ味は秘めているハズですから、軽視するのは怖い存在ですね。

 

 

以上の3頭の勝負と考えました!

 

未完成の馬達を上位の評価としましたが、その中でも前目のポジションからのキレ味勝負に実績のある⑧アドマイヤスコール を本命としました。

 

相手の方も、東京コースでキレるかもしれない③カントル と、O.マーフィー騎手で新たな面が見られるかもしれない④トーセンカンビーナ の、かもしれない ディープインパクト 産駒2頭と考えました。

 

C.ルメール騎手騎乗の⑧アドマイヤスコール の軸は堅いと思われますので、相手のかもしれない2頭の頑張り次第というところでしょう。

他の出走馬は素質的にも実績的にも1枚落ちると考えます。

 

 

馬券の方は、

 

当初は馬連勝負を予定していましたが、オッズ的な事を考えるとやはり馬単勝負になってしまいますね。

⑧アドマイヤスコール から相手2頭への馬単で勝負したいと思います!

今日は昨日の教訓を踏まえ、元返しの裏目もしっかり押さえておきます (笑)

 

ココ勝負と見て、いつもの倍額で勝負です!

 

 

 

【買い目】
馬単 ⑧→③ 4000円
馬単 ③→⑧ 3000円
馬連 ⑧→④ 2000円
馬単 ④→⑧ 1000円
 
合計 10000円

 

 

(買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります。

 

 

以上、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 でした!

 

では次回は、タコイチの【勝負レース回顧】日曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。