競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》1頭目!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 をお届けします!

 

まず1頭目は・・・

 

 

1月27日 (土)

中京10R   はこべら賞

3歳500万   馬齢   ダート1400m   登録22頭f:id:TAKOICHI:20190122163444j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《狙い馬》  レッドルゼル

通算  1-0-1-0  北村友一  騎乗予定

 

前走 2018年11月17日 京都 (ダ)1400m 1.25.0 1着
2歳未勝利 未勝利 良 ・ M ①①-①
2走前 2018年9月17日 阪神 (芝)1400m 1.22.4 3着
2歳新馬 新馬 良 ・ H ②②-③

 

 

2戦1勝の ロードカナロア 産駒の3歳牡馬です。

 

ココからの始動となりましたね。

前走 未勝利戦 の破格の時計での勝ちっぷりから、1番人気は本馬で間違いないでしょう。

オッズ的妙味はまったくありませんが、それに見合う確率で本馬の勝利は確定的だと思われます。

 

その前走の京都1400m ダートという条件で行われた 未勝利戦 ですが、2着に大差を付けての勝利となりましたね。

基本的にメンバーレベルの強弱の差が激しい 未勝利戦 の着差はあまり参考にはなりませんが、勝ちタイムの1分25秒0は、この時期の2歳の 未勝利戦 のタイムとしては破格のタイムと言って良いでしょう。

このタイムを、終始追われる事が無く、まったくの馬なりの持ったままでマークしてしまいました。

キッチリと追われていれば、24秒台前半もしくは23秒台もあったかもしれません。

2週前に同コース同距離で行われた なでしこ賞 (500) を4馬身差で圧勝した オルトグラフ の勝ちタイムが、まったく同じ1分25秒0だった事を考えると、すでに3歳500万特別を圧勝する能力を持っている事は間違いないと思われます。

 

今回、500万への昇級戦となりますが、上記した様にココは通過点という認識で良いでしょう。

前走がハナに立っての圧勝なので、揉まれ込んだ際の心配は残りますが、それでもココは楽に突破しないといけない程の能力と考えます。

来月に行われるオープン条件の ヒヤシンスS (OP) あたりでも、即勝ち負けの器ではないでしょうか。

 

前走はスピードの違いでハナに立ちましたが、今回先行有利な中京コースという事を考えると、再度本馬のハナが濃厚ですね。

前走の様に、追走する他馬が厳しくなる様な、かなり速めのペースで強気の先行策となりそうです。

イメージ的には先週の 東海S (GⅡ) を快勝した インティ の様なイメージでしょうか。

 

前走から2ヶ月と間隔は開きましたが、中間時計の方も、

栗東坂路  4F  51秒8-37秒9-24秒6-12秒1  馬なり

と、一杯に追われる古馬を子供扱いする抜群の動きを見せています。

騎手が跨がっていたとは言え、馬なりでこのタイムをマークするのですから、本馬の高い能力は疑いようのないところですね。

 

前走の好タイムでの勝ちっぷり・先行有利の中京コース・抜群の調整過程と、負ける要素は見当たりません。

本馬の1着固定で良いと考えます。

 

また、芝の初戦では ニホンピロヘンソン の3着と敗れましたが、芝にも適性がないとは思えません。

ロードカナロア 産駒という事で、芝のクラシックへの可能性を残しつつの状況であれば、選択肢の広がる2勝目をココで確実に取っておきたいところですね。

 

しかし、問題が1つあります。

このレースは16頭の出走可能頭数に対し、22頭の登録があります。

現状では抽選により6頭が除外対象となってしまう事になります。

これだけ条件が揃っている事を考えると、この抽選は是非クリアしたいですね。

 

能力は間違いなく抜けていると思われますので、敵は除外のみでしょう。

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 でした!

 

では次回は、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。