競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【勝負レース回顧】東海S!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【勝負レース回顧】日曜日版 をお届けします!

 

 

 

1月20日 (日)

中京11R   東海ステークス   GⅡ

4歳上オープン   別定   ダート1800m   出走13頭   馬場 : 良f:id:TAKOICHI:20190120164207j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

1着  ④ インティ 武豊 1.49.8
2着  ③ チュウワウィザード 川田将雅 2
3着  ⑤ スマハマ 藤岡佑介 7
4着  ⑩ コスモカナディアン 丸山元気 1 1/4
5着  ② アスカノロマン 太宰啓介 1 3/4

 

予想はコチラ

 

本命  ④インティ     結果  : 1着!

 

まったく止まりませんでしたね。

2着の③チュウワウィザード との着差は2馬身と、考えていたより僅かな着差となりましたが、完璧に立ち回って必死に追った③チュウワウィザード に対し、本馬は残り200m 付近で気合い付けのムチを一発だけと、まだまだ余力を残しての勝利なので、着差以上の圧勝という認識で良いでしょう。

 

しかし、かなり楽に行かせて貰えましたね。

雨の影響は少なかったとはいえ、このクラスで1000m 通過61秒5であれば、速めのSペース・遅めのMペースという感じでしょうか。

このペースで楽に行かせて貰えれば、止まる事は考えにくいでしょう。

直線は出走メンバー2位の上がり3F35秒9でまとめ、6連勝を初重賞制覇で飾りました。

 

この勝利で フェブラリーS (GⅠ) への優先出走権を獲得しましたが、果たして出走するのでしょうか。

今秋に同舞台で行われる チャンピオンズC (GⅠ) への試走という意味合いが強いと思われ、短距離馬が混じりHペース必至の フェブラリーS への出走は微妙な感じではないでしょうか。

 

一方、2着の③チュウワウィザード は完璧な競馬でしたね。

先行有利の中京コースという事で、予想通り内ラチ沿いの先行4番手に付け、直線だけ外に出すというコースロスの少なく、自在性の高い競馬を見せました。

勝馬の④インティ には及びませんでしたが、3着の⑤スマハマ には7馬身の決定的な差を付けましたね。

もうコレは本格化と言って良いでしょう。

勝馬の④インティ ともども、楽しみな馬の出現となった東海S でした。

 

 

馬券の結果は、

 

チョット心配な点はありましたが、強気の馬単勝負で正解でしたね。

④インティ が直線入口で抜け出し、③チュウワウィザード が迫って来た直線半ばでは、久々に余裕を持って見ていられる競馬中継でした。

 

欲を言えば⑦アンジュデジール への馬単は必要無かった感じですね。

もっと③チュウワウィザード を信じ、④インティ③チュウワウィザード の馬単1点で勝負出来ていれば、もう少し収支は増えたのですが (笑)

 

まあ、勝ちは勝ちですので、贅沢は言わないでおきましょう。

昨日のハズレで100%を切った回収率も、この勝利で再びプラス領域となりました。

一進一退が続いていますが、1月最終週の来週を勝ち越し、月間の勝ち越しを決めたいところです。

 

 

 

【買い目】
馬単 ④→③ 3000円 的中!
馬単 ④→⑦ 2000円 ハズレ
 
回収 12000円 +7000円

 

 

 

【日曜日 その他の気になる馬 結果】

 

中山11R   AJCC   GⅡ

①ジェネラーレウーノ     結果  : 4着!

しかし田辺裕信という騎手はアホなんですかね (笑)

十分にハナに立てるスタートだったのに、⑦ステイインシアトル にハナを譲ってしまいましたね。

案の定Sペースの展開となり、差し脚自慢の餌食となってしまいました。

本馬のベストパフォーマンスは、Hペースの持続力勝負で3着に粘り切った 皐月賞 (GⅠ) で、Sペースからの決め脚勝負では分が悪いという事がまだ理解出来ていない様な下手な騎乗でした。

前走の 菊花賞 (GⅠ) の結果を考えれば、ある程度の競馬知識がある人間であれば、簡単に理解出来るような事ですが・・・。

①番枠という絶好の条件をまったく活かせませんでした。

次走期待と行きたいところですが、同じ事を繰り返すこの騎手が主戦ではチョット厳しいかもしれません。

乗り替わりであれば、中山・阪神で狙ってみたいですね。

 

京都10R   舞鶴S

⑤デザートスネーク     結果  : 3着!

4着以下は離しましたが、上位2頭にはアッサリと交わされてしまいました。

特に勝馬の②タイキフェルヴール には、能力差を見せ付けられましたね。

2着の⑧シロニイ にビッシリと来られ、3コーナー手前で捲って来た⑨ソリティール の影響で、ペースを上げざるを得ないシーンも見られましたが、流れ的には逃げた本馬向きの展開だった事を考えると、力負けという認識で良いでしょう。

パワータイプだけに、稍重馬場の京都コースでのスピード勝負はちょっと厳しかったですね。

次走、中山・阪神・中京コースであれば、見直したいと1頭だと思います。

 

京都 2R   3歳未勝利

⑨モンオール     結果  : 2着!

惜しいレースでしたね。

騎乗のM.デムーロ騎手も、4コーナー早目先頭の強気のレースを見せましたが、稍重馬場でペースが速くなった事を考えると、ちょっと強引に行き過ぎたかもしれませんね。

直線では外から追い上げる3着馬③ヒッチコック の追撃を封じ込めましたが、空いた内からコレも初ダートの勝馬④メイショウオオタカ に、一気に差し切られてしまいました。

もうチョット大事に乗られていたら、結果は違っていたでしょう。

ダート2戦目の次走は確勝レベルと考えます。

 

 

 

以上、タコイチの【勝負レース回顧】日曜日版 でした!

 

1月度 勝負成績
勝負レース成績 3勝4敗
本命馬成績 3-2-0-2
投資金額 35000円
回収金額 41750円
収支 +6750円
回収率 119.2%

 

2019年度 勝負成績
勝負レース成績 3勝4敗
本命馬成績 3-2-0-2
投資金額 35000円
回収金額 41750円
収支 +6750円
回収率 119.2%

 

では次回は、タコイチの『勝負レース成績』をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。