競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の勝負レース】東海S!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 をお届けします!

 

 

 

1月20日 (日)

中京11R   東海ステークス   GⅡ

4歳上オープン   別定   ダート1800m   出走13頭

ペース予想 : Mペース

  グレンツェント 牡6 56 F.ミナリク
 ② アスカノロマン 牡8 56 太宰啓介
 ③ チュウワウィザード 牡4 56 川田将雅
 ④ インティ 牡5 56 武豊
 ⑤ スマハマ 牡4 55 藤岡佑介
 ⑥ アングライフェン 牡7 56 鮫島克駿
 ⑦ アンジュデジール 牝5 55 横山典弘
 ⑧ モルトベーネ 牡7 56 藤岡康太
 ⑨ シャイニービーム 牡7 56 藤懸貴志
 ⑩ コスモカナディアン 牡6 56 丸山元気
 ⑪ マイナルバサラ 牡6 56 吉田隼人
 ⑫ メイショウスミトモ 牡8 56 古川吉洋
 ⑬ カゼノコ 牡8 57 小崎綾也


 

圧倒的1番人気の④インティ ですが、唯一の不安点と思われる手前を替えない走りがチョット心配ですね。

左手前が得意なのか、左手前でしか走れないのか、どちらかわかりませんが、左回りの中京コースでは不利となる事には違いはありません。

 

その辺でこの馬の扱いをどうするかと考えていたところへ、雨がパラついて来ましたね。

コレなら話が変わってきますね。

先行有利の中京コースで、脚抜きの良い馬場となれば、圧倒的に先行馬有利は明白です。

スピードタイプの本馬には、鬼に金棒という事になるでしょう。

 

競走馬は掻き込む前脚が疲れた時に手前を替えるので、脚に負担の少ない脚抜きの良い馬場を、持ち前のスピードで一気に抜け出してしまえば、手前うんぬんの問題もあまり関係無くなると考えました。

勝ち負けは必至と考えます。

 



f:id:TAKOICHI:20190120065819j:image

引用 : JBISサーチ(JBIS-Search):国内最大級の競馬情報データベース

 

◎は・・・④インティ です。

ケイムホーム 産駒の5歳牡馬です。

 

前述した手前の問題がチョット心配でしたが、雨がパラつき始め脚抜きの良い馬場になりそうな条件との相殺で、プラスマイナスゼロと考えました。

実際、道悪競馬もかなり得意としており、4走前の重馬場の小倉500戦は好時計で圧勝し、前走の稍重馬場の 観月橋S (1600) では、昨年の京都ダート1800m 年間最速時計で圧勝しました。

今回の雨は本馬にとって恵みの雨となるでしょう。

 

ただでさえ先行有利の中京コースに、スピードタイプの本馬という事で、かなり条件的に有利と考えていましたが、この雨の恩恵は大きいですね。

ペースが速くなる恐れはありますが、土台となるスピードの基本値が他馬とは違います。

本馬に競り掛ける馬の方が厳しくなるでしょう。

 

追い切りの方も、

栗東坂路  4F  51秒9-37秒8-24秒6-12秒3  強目

と、余力残しにも関わらず自己ベストを1秒3も更新して来ました。

コース併用で乗り込み量も十分とくれば、状態面にも不安はありません。

 

2ヶ月半の休養明けとなりますが、もともと休み休みに使われつつ圧勝を続けて来た馬で、11ヶ月の長期の休養明けでも結果を残しています。

問題はないと考えるのが妥当でしょう。

 

何より、レースでまだ本気でビシッと追われた事がありません。

ほぼ馬なりで圧勝続きの5連勝ですから、初の重賞挑戦でもココは通過点と考えます。

6連勝で フェブラリーS (GⅠ) 参戦が濃厚と考えました。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190120065951j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

〇は・・・③チュウワウィザード です。

キングカメハメハ 産駒の4歳牡馬です。

名古屋GP (JpnⅡ) の勝馬です。

 

この③番という枠、雨の降り始めた馬場を考えると、前走同様に先行の手に出る可能性が高いですね。

700m の一気の距離短縮という事で、ペースの違いに戸惑う可能性もありますが、先団直後の内ラチ沿いをキープという感じでしょうか。

 

先行有利の中京コースという事で、道中外に出してしまっては、直線で膨れてしまい間に合わないでしょう。

道中は内で脚を溜め、直線のみ外に出すという競馬なら、④インティ に迫るシーンもあるかもしれませんね。

 

追い切りの方は、いまいちピリッとしない感じで、良くても好調持続という程度でしょうか。

通算 [5-1-2-0] と抜群の安定感を誇り、前走で地方重賞を制覇と本格化を窺わせますが、④インティ には敵わない〇対抗と考えました。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190120070044j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

▲は・・・⑦アンジュデジール です。

ディープインパクト 産駒の5歳牝馬です。

JBCレディスクラシック (JpnⅠ) の勝馬です。

 

前走の チャンピオンズC (GⅠ) は、JBCレディースクラシック 制覇の勢いで果敢に牡馬陣に挑み、9番人気ながら4着と上々の走りを見せましたね。

勝馬の ルヴァンスレーヴ には離されましたが、2・3着とは僅差の結果となりました。

先行有利の中京コースで、Sペースで楽に逃げれた事が好走の要因に間違いありませんが、一線級の牡馬相手でも通用する事を証明しました。

 

今回再び牡馬が相手となりますが、ココでも実績的には最上位の存在でしょう。

JBCレディースクラシック の勝ち時計も速く、また先行脚質という事で先行有利の中京コースに適正がある事は前走の好走が証明しています。

特に左回りは [4-2-0-1] と抜群の安定感を誇り、馬券圏外の1回も前走 チャンピオンズC の4着のみとなります。

 

④インティ との兼ね合いがポイントとなりそうですが、今の勢いと得意の左回りであれば、崩れる事は考えにくいですね。

 

 

以上の3頭の勝負と考えました!

 

コース設定・馬場状況・仕上がり状態に何ら不安のない④インティ の1着濃厚と考えました。

それも競っての1着ではなく、次の フェブラリーS (GⅠ) でも上位人気が確実になる位の楽勝と考えます。

他馬とのスピードの違いを見せてくれるでしょう。

 

相手の方は、安定感抜群で本格化の兆しをみせる③チュウワウィザード に、得意の左回りで牡馬相手でも通用するであろう⑦アンジュデジール としました。

 

スタートでハナに立ち、直線突き放す④インティ に必死に追いすがる⑦アンジュデジール 、内枠から差し込む③チュウワウィザード と考えました。

 

 

馬券の方は、

 

④インティ から、③チュウワウィザード⑦アンジュデジール への馬単2点で勝負したいと思います!

 

何のひねりもない上位人気馬だけの予想ですが、ココはかなり堅いと考えます。

ビシッと決めたいですね。

 

 

 

【買い目】
馬単 ④→③ 3000円
馬単 ④→⑦ 2000円
 
合計 5000円

 

 

(買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります。

 

 

【日曜日 その他の気になる馬】

 

中山11R   AJCC   GⅡ

①ジェネラーレウーノ

現在2番人気ですね。

前走の 菊花賞 (GⅠ) は、Sペースの展開となり、本馬の持ち味が活かされませんでしたね。

3000m の距離も少し長かった様に思います。

 

今回も最内①番枠とあり、ハナは本馬で間違いないでしょう。

[3-0-1-0] の中山コースがベストで、距離もこのぐらいが丁度良いでしょう。

鉄砲成績も [2-0-1-0] と得意にしており、追い切りも迫力満点の動きを見せています。

持ち前の持続力を活かす為に、速いペースでの思い切った逃げに期待します。

 

京都10R   舞鶴S

⑤デザートスネーク

コチラも現在2番人気です。

ダート通算 [4-1-2-0] と崩れを見せていません。

中山コースを得意としており、どちらかと言うとパワータイプですが、ココは展開利が大きいですね。

本馬の単騎での楽逃げが濃厚です。

 

前走の 立志S (1600) は、スタートで出遅れ、道中落鉄する不利がありながらも、後方から差し込み3着と格好はつけました。

通用の力は十二分にあります。

ココでの人気上位馬は、力があるがムラのある馬が多いので、本馬の単勝もアリだと考えます。

 

京都 2R   3歳未勝利

⑨モンオール

現在1番人気です。

ゴールドドリーム の半弟になります。

デビューから芝3戦を試されましたが、4着→3着→9着とイマイチな結果が続いています。

やはりこの血統はダートでこそでしょう。

パワー豊富な オルフェーヴル 産駒であれば、ダートも問題なくこなすと考えます。

 

今回ダートへの路線変更となりますが、まだオッズがつくであろう初戦こそ狙い目でしょう。

 

 

 

以上、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 でした!

 

では次回は、タコイチの【勝負レース回顧】日曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。